3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

セダンのひろがり、クーペの躍動感 

2016年3月9日 画像一部更新
クラウン スプリンターLB
クラウンモデル スプリンターリフトバック 1/24

モデムが復活したので、2日ぶりの更新。
まだまだ続く30/40/50/60カローラ・スプリンターネタ。

30カローラ/40スプリンターは登場当初、カローラにHT、スプリンターにクーペが用意された。
カローラHTはセダンとフロントが共通だったが、スプリンタークーペはオリジナルボディ。
さらに、37レビンは単一グレードだったが、47トレノには豪華装備のGTも設定されていた。
しかし、排ガス規制のため75年11月にはレビン、トレノともに廃止となってしまう。

それと入れ替わるかのように、76年1月に登場したのがカローラ/スプリンターLB。
セダンの居住性とクーペのスタイリッシュさを兼ね備えた多目的・多用途さを売りにしていた。
77年1月にはカローラにクーペ、スプリンターにHTが追加され、レビン/トレノもクーペで復活。
あわせて、LBにもレビン/トレノと同じ2T-GEUが搭載された。


当時、ミニカーの世界では30/50カローラばかりがモデル化されたが、模型は真逆。
スポーティなフロントマスクのトレノ/スプリンターLBがプラモデルの題材になっている。
ニチモやクラウンから1/28でトレノが、同じクラウンから1/24でLBがモデル化された。
スポンサーサイト