3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

おフランスのスペシャリティざます 

なんやかんやで8日ぶりの更新。でも、ネタ&時間がないのは相変わらず…


マッチボックス ルノー17
マッチボックス ルノー17TL 1/54~57 イギリス製


ヤフオクだと、TLV以外の中古3吋はパケなしで入手することが多い。
ところが、これは珍しくパケ入りで、しかもマッチボックスと来たもんだ。
マッチ箱は他に2台持ってるが(セリカXX、オペルディプロマート)、その中で唯一のパケ入り。

ルノー17はR12ベースのスペシャリティーカーで、兄弟車のR15とともに1971年デビュー。
ルノー12
ルノー12
ルノー12
R15 reims av
ルノー15
Renault R17 TS
ルノー17(15と17の画像はWikipediaより)

なんともスペシャリティ感が薄い15に比べ、Cピラーの処理や丸4灯ライトに主張を感じる。
じゃあ、カッコいいかと聞かれると、う~ん、なんというか、そのぉ、もっさりした味があるよね!
も、もちろんホメ言葉だよ! たぶん…


そんなR17(15も)は日本には正式導入されなかったようで、知名度はかなり低いはず。
一方、海外ではメジャーなのか、3吋でもシュコーやマジョ、ジルメックスetc.が存在する。
ところ変われば、カッコよさの基準も変わるのかしらん?
スポンサーサイト
[ 2014/03/31 19:30 ] マッチボックス | TB(0) | CM(0)

どこを目指すのか? 

マッチボックス セリカXX
マッチボックス トヨタセリカXX 1/61

1978年4月に追加された初代セリカXX

初代以来、4気筒エンジンを採用してきたセリカだが、XXには6気筒エンジンが用意された。
そのため、セリカLBのボディをベースに、全長が210mm、ホイールベースも130mm延長されている。
豊かになったボディサイズと6気筒エンジンは、最大のマーケットである北米を意識したもの。


ある年代以上なら結構知っているであろう初代セリカXXだが、意外とモデル化は少ない。
豪華なGTカーとはいえ、いかにもセリカLBの鼻先を伸ばしただけのスタイルが理由だろうか?
そのため、当時物はグンゼの1/20、LSの1/24、その他1/32スケールのプラモデルがあった程度。
その他に、数年前にルミノブランドから1/43がリリースされている。

さて、今回取り上げるのはマッチボックスのXXのジャンク品。
もとは1981年販売で、ジャパンマッチボックスが日本で設計したものらしい。
その後、90年代後半に専門店などで再生産品?が出回っていた。
[ 2012/08/19 06:00 ] マッチボックス | TB(0) | CM(2)