3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

白黒だZ 

タカラトミー モデルカーズ フェアレディZシリーズ
タカラトミー モデル・カーズ フェアレディZシリーズ


前回取り上げたタカラトミーのフェアレディZシリーズだが、上のようなパッケージに入っていた。
1/64ミニカー用のパッケージとしては大きめで、店頭で見かけた人も多いのではないだろうか?
ブラインド方式なので、何が出るかは開けてみるまでわからない。

で、開けてみると
タカラトミー モデルカーズ フェアレディZシリーズ
このようにミニカーと台座がセットされている。
プラスチックの透明ブリパがいいか、紙箱がいいかはお好み次第。

今回はこの中に入っていたミニカーをご紹介
タカラトミー フェアレディ240ZG パトカー
タカラトミー フェアレディ240ZGパトカー 1/64

240ZGパトカーの3吋ミニカーはトミカがメジャーだが、こちらはABS樹脂で1/64スケール。
パトランプは少々オーバースケールか。
スポンサーサイト
[ 2013/07/10 06:30 ] タカラトミー | TB(0) | CM(0)

チャレンジするZ 

2013年11月26日 画像追加
初代フェアレディZ


前回に続き、フェアレディZ432の3吋ミニカーを取り上げてみよう。
3吋~1/64のS30Zとくれば、国内外を問わず、色々なメーカーからモデル化されている。
国内だけでもトミカ、京商、京商ダイドー、コナミ、TLVNなど。

その中で少し異色なのが、06年にタカラトミーがリリースしたフェアレディZ。
スカイラインGT-Rのストラクチャーモデルが第1弾でリリースされ、フェアレディZは2弾目。
しかし、GT-Rとは違い、こちらはモデルカーズとのタイアップになっている。

さらにタイヤ以外はすべてABS樹脂製のため、かなり軽くなっている。
ところが、それが賛否両論を呼び、0.5Kという価格を高く感じた人もいたようだ。
いたようだ、と伝聞みたく書いたが、高く感じた中に管理人が含まれるのは言うまでもない。
そういう反応が多数だったのか、店頭の長期在庫も多く、やがて100円ショップへ流出…
当然ながら第3弾は登場せず、今ではすっかり忘れ去られた存在に。

しかし、ABS樹脂製のボディはかなりシャープな出来で、忘れてしまうには惜しいものがある。
そこで、今回はタカラトミー&モデルカーズのフェアレディZ432をご紹介。

タカラトミー フェアレディZ432
タカラトミー フェアレディZ432 1/64
[ 2013/07/09 06:00 ] タカラトミー | TB(0) | CM(4)