3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

流面形、再発見さる 

石原さとみ


バタバタしているうちに、前回の更新から2週間が経っちゃってるじゃないの~!
おまけにもう11月じゃん!2016年もあと2ヶ月を切ったのねえ…
でも、管理人はまだ石原さとみとの結婚を諦めてないのよ!意地でも電撃入籍するもんね!
嗚呼、一体どこに行ったらさとみと出会えるのかしら…

さてさて、管理人の恋バナは置いといて、流面形セリカのプチ祭をきっちり〆とかないと。
これまで1/64、1/58、1/43ミニカーを紹介&比較してきたけど、今回はプラモデル。

流面形セリカのプラモデルでメジャーなのはなんといってもタミヤの1/24でしょ。
タミヤ セリカ 2000GT-R
タミヤ セリカ 2000GT-R
これは高校3年の頃に作ったもの。当時はよくできた!と満足だったが、今見ると汚い…
ちなみに田宮模型の作例は
タミヤモデラーズギャラリー2015
ホイールの塗装こそ省略されているけど、きれいに仕上がってるよね。

タミヤの流面形セリカは実車のデビューから4か月+αの早さで発売された記憶がある。
というのも86年の正月、家族で熊本旅行に行った際、おもちゃ屋の店頭で見かけ、一目ボレ。
そこでは買わなかったが、旅行コースの神社でタミヤのセリカが買えますように!と祈願。
その甲斐あってか、すぐに買って組み立てたのよねん。

で、もう一つ祈願したのは「斉藤由貴と結婚できますように!」
あの頃、斉藤由貴が好きでさ~。小坊なのに部屋に貰ったポスターを貼ってたりして。
嗚呼、成長するって一体どういうことなの?ねえ神様、おせーておせーて!

おっと、タミヤ以外にもプラモがあったよね?えっ?アオシマ-BEEMAX?
ノンノン、ロードゴーイングVer.のあれですよ…
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
早速、セリカに乗って探索へGO!
スポンサーサイト
[ 2016/11/08 09:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)

熱烈再販希望 その3 

バイオレットオープンバック 1600SGX-E


前回CM'sのバイオレットセダンを取り上げたので、今回もその流れに乗ってみよう。
現役時代はわりと見かけた2代目バイオレット/初代オースターだが、旧車人気はどうにも薄い。
たしかに年式も中途半端だし、ライバルのカリーナみたくDOHCもないけど、少々不憫な気が。

しかし、バイオレット/オースターにあって、カリーナにないものがある!
どちらもダイヤペット1/40はあるが、カリーナには1/24がない!(はず)
そう、バイオレット/オースターはプラモデル化されているんですよ!

久々の熱烈再販希望シリーズにふさわしい題材とくれば…
[ 2015/03/14 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)

ハイソとスポーツ 

2015年10月13日 画像追加
スカイラインGTパサージュツインカム24V
スカイラインGTSツインカム24Vターボ


ダラダラと続けてきたプチハイソカー祭りもようやく大団円というか、今回で終了の予定。
でもって、〆はもちろん前回に引き続き、フジミの7thスカイライン4ドアですよ。

管理人が前期型派なのはこれまでにも何度か書いてきたとおり。
しかし、前期型が手に入らないならば、手に入る後期型を作るしかない!
フジミ 7thスカイライン4ドアHT GT
フジミ 7thスカイライン4ドアHT GT
フジミ 7thスカイライン4ドアHT GT
というわけで、今から20年近く前に作ったのが上の後期型4ドア。
ボディカラーをガンメタにしたのは「もっとあぶない刑事」の覆面パトカーを意識したから。

そのまま組むと内装がボディに干渉するので、インパネ~内張り~Rシートの下を数ミリカット。
おかげで、ボディの下からはみ出ていたシャーシも見えなくなり、少しはマシになった…はず。
でも、インストの内装色は前期型のままで、後期GTSのシートカラーとは違うというエラーも。
もっとも、今ではこのレベルですら組めないかなあ…

もっとあぶない刑事に登場したR31スカイラインの覆面パトカー
もっとあぶない刑事
もっとあぶない刑事

おっと、これだけでは祭の〆として不足なので、今回もフジミ1/24の前期/後期の比較を…
[ 2014/12/03 02:10 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)

熱烈再販希望 その3 

スカイラインGTパサージュツインカム24V


終わってるんだか続いているんだか、全くわからないプチハイソカー祭りだが、まだ続けたい。
前回と前々回、7thスカイラインのアイテムを取り上げたが、まだ有名なのがあるでしょ。
今でも入手可能だけど、管理人のような前期型派にはなんとかしてほしいあれですよ!
[ 2014/11/30 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)

ハイソの影 その2 

レパードTR-X


今回もプチハイソカー祭・初代レパード編をつらつらと。

レパードのプラモデルといえば、今ではアオシマの2代目前/後期が一番メジャーだと思う。
だが、後期型は90年頃にひっそりリリースされ、前期型は2009年にようやく発売されている。
2代目ソアラが現役時代にタミヤとフジミから出たのに対し、この不遇ぶりは…・゚・(つД`)・゚・
もっとも、今ではどちらも人気キットになっており、ソアラを追い抜いた感もなきにしも。

では初代はというと、1/20がグンゼとLS、1/24はタミヤとニットー、1/32もグンゼから出ている。
現在では2代目の陰に隠れてしまった初代も、現役時代のリリース数では勝っていたのねん。
「あぶない刑事」の本放送当時、タミヤのレパードをゴールドに塗ろうかと考えた記憶がある。
塗ってもスタイルがまるで違うのに、レパードだからっていう発想がいかにも小坊だよねえ。
ところで、1/24の初代レパードといえば、もうひとつありましたよね?
[ 2014/11/06 02:10 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)