3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハイソになれない理由 

西部警察パートⅢ


いっこうに終わる気配のないプチハイソカー祭だけど、もちろん今日も開催中。

ハイソカーブームの中心になったのがトヨタとマークⅡBrosというのは誰しも認めるところ。
今は71マークⅡばかり取り上げられるが、礎を固めたのは一世代前のX60系3兄弟のはず。

1980年4月デビューの初代クレスタ
クレスタスーパーツーリング
スーパールーセントはなぜか女子大生に人気があったらしい(画像はスーパーツーリング)

半年後の80年10月に登場した60系マークⅡはミニクラウンの趣
マークⅡグランデ
マークⅡグランデ

82年8月のMCでは1G-GEUが追加されて、パワーの面でも魅力UP
マークⅡグランデ ツインカム24
グランデツインカム24。80年代のトヨタ車になくてはならないのがツインカム24のネーミング

当然ながら、トヨタ以外のメーカーもブームに乗るための車種やグレードをリリース。
マークⅡのライバルはもちろんローレル!と言いたいが、トヨタ的にはそうでもないはず。
そう、ライバルは昔からスカイラインと相場が決まっており、こちらも高級グレードが用意される。

R30スカイライン  動力性能の面はFJ20搭載のRSがトップ
スカイラインRS
上級グレードはハコスカ以来のXグレード(ジャパンからGT-EX)だけど
スカイラインGT-EX
その上にGT-EXエクストラがあった。
スカイラインGT-EXエクストラ
メッキのフロントグリルやフェンダーミラーで、キラキラ感で高級感をアピール。
それでも勝てないと見るや否や
スカイラインGTパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
グランデの向こうを張って、パサージュを追加してきた。

しかし、シンプルなスタイルでは高級感が足りないと判断したのか
83年8月のMC後のGT-EX
スカイラインGT-EX
GT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
バンパーを大型化したり、グリルを変更したり、ワインレッドの内装色を採用したり…
と、わかりやすい高級感を目指したんだけど、結局はマークⅡの方が日本人好みでしたとさ。

なぜこんなに画像を貼ったのかというと、今回取り上げるのはR30セダンのミニカーだから。
それも子供向けのトイミニカーとくれば、やっぱり…
スポンサーサイト
[ 2014/11/21 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(2)

うねりのフォルム、ふたたび 

ギャランVR-4
ギャランVR-4
ギャランVR-4


何度か書いたとおり、我が家の愛車歴の中にE30系ギャランが存在する。
89年4月に追加された1.8Viento(E35A)がそれで、同年6月に新車で納車された。
長い付き合いのディーラーだったため、登場直後なのにそこそこ値引きしてもらったような?
とはいえ、とんこつラーメン県限定お買い得仕様だったし、すぐにMCで旧型になっちゃって…

管理人(中学2年)はOPのフルオートエアコンの装着を強硬に提案し、見事に採用となった。
前車のトレディアはマニュアルACだったし、温度設定ができるなんて夢みたいだったわ~
また、父はAT車を運転したことがなかったので、納車前にAT車の練習に行っていた。

そんな1.8Vientoも、99年に24Viento(EA3A)の下取りとして引き取られていった(らしい)。
ということで、管理人にとってE30系ギャランは思い出深い1台なのでR
そして久々にそのミニチュアを手に入れてしまった。それが
トロフュー ギャラン
トロフュー ギャラン (TAXI) 1/43

実車の人気や個性的なスタイルの割に、モデル化に恵まれなかったのがE30ギャラン。
最近でこそTLVNやixoの1/43があるが、当時物はこのトロフューが一番メジャーだった。
他の当時物はハセガワの1/24やダイヤペットの1/40(販促品)、ミツワのミッドレーサーetc.

なので、存在自体はず~っと前から知ってたし、専門店etc.でも何度か遭遇している。
にもかかわらず、この期に及んでようやくの入手とはギャラン者にあるまじき失態である!
だってさあ、なんとなく高かった気がするし~(私感)、1/43は馴染みが薄いんだよね~
と、「てめぇら人間じゃねえ!叩っ斬る!」と破れ傘の先生に悪人狩りされそうな言い訳でも…
[ 2014/05/23 00:25 ] 1/43 | TB(0) | CM(0)

スリーダイヤは再び輝けるか? 

ビテス ギャランフォルティス
ビテス ギャランフォルティス 1/43


先月末、ランサーエボリューション生産終了の報道が流れた。

2014年3月28日

三菱自動車は28日、世界のラリー競技で活躍したスポーツセダン「ランサーエボリューション」の生産を現行モデル限りで終了する方針を明らかにした。
自動車ファンに「ランエボ」の愛称で親しまれたが、近年は販売が落ち込んでいた。

ランエボは1992年に初代が発売され、現在は10代目。
高性能エンジンによる高い加速性能などが持ち味で、同社の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産。
国内や欧米など世界で累計15万4千台を売った。

しかし、13年の国内販売はピーク時の15分の1にも満たない621台まで減少。
経営再建を進める同社は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など
環境対応車に経営資源を集中する方針で、ランエボの生産継続は困難と判断した。
終了時期は数年以内となる見通しだ。

三菱自は「ランエボを三菱自の象徴に育ててくれた熱心なユーザーに感謝する」と話している。

(共同通信)


というわけで今すぐに廃止ってわけじゃないが、やっぱり寂しいよねえ。
たしかにランエボXからほとんど進化してないし、売れ行きがこれでは仕方ないとも思うけど…
なんというか、従来の三菱らしさは薄れてしまうのは間違いないはず。
そして、ランエボファンはこれからどうすればいいのさ?となるわけで。

そんな湿っぽい話題に連なってくるのがギャランフォルティスの去就。
なんたってランエボXのベースであり、伝統のギャランの名跡も背負ってるんだから。
もっとも、ギャランの名前は日本だけで、海外ではランサーなのはご存じの通り。
苦肉の策ながら、同じモデルをギャランとランエボに分けたのは上手い手だと思ったわさ。

駄菓子菓子!歴代ランサーを思い出しても、ここまでアグレッシブなモデルはなかったでしょ。
逆スラで引き締まったスポーティーなスタイル、これはもうギャランそのもの。
プレ/アリにカローラ、シルフィ、アクセラ、インプやレガシィより断然カッコいい!(私感)
国産セダンでは稀有な色気があるといっても過言ではない! アテンザはイイ勝負かな?

そんなスタイリッシュなフォルティスだけど、さすがに3吋は存在しない模様。
しかし、ビテスから1/43でしっかりとモデル化されている。
ディーラーの色見本に使われたり、三菱自動車本社で販売されてたとかで、その出来は抜群。
[ 2014/04/08 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(0)

アンチモニーでアンチテーゼ 

アンチモニーコレクション セドリックバン
アンチモニーコレクション セドリックバン 日産サービスカー 1/43


先日、某所の中古ショップで入手したアンチモニーコレクションのセドリックバン。
43スケールだと古いダイヤペットかダンディしか集めない管理人にとって、コレクションの対象外だ。
だが、ひとケタ間違ってんじゃないの?という、あまりの格安な金額だったため、入手してみた所存。
コレクションの方向性とは違うが、たまにはこんな邂逅があってもいいかな?

アンチモニーコレクションとは、ミニカーショップのアイアイアドカンパニーが展開しているブランド。
おいそれと買える金額でないことからわかるように、完全な大人向けのコレクターズアイテムだ。
それが理由なのか、リリースのペースは遅めで、車種も少ない。
もっとも、1/43のアンチモニーのミニカーはブランドを問わず、車種選択も価格も似たようなもの。

アンチモニーのミニカーはダイヤペットの前身、大盛屋ミクロペットが60年代にリリースしていた。
簡単に金型を作れるので、金型の改修も容易だったり、細部の再現に優れるという長所がある。
一方、素材が特殊で生産に手間がかかるので大量生産できず、柔らかくて壊れやすいというのが短所。
アンチモニー製ミニカーが結構なプライスなのには理由があるのだ。

さて、このずっしりと重量感のあるセドリックバンを見ていくことにしよう。
[ 2012/11/13 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(0)

レアな味わい 

カレー&ラーメン博覧会


昨日、池袋サンシャインシティで開催されていた「日本全国カレー&ラーメン博覧会」に行ってきた。
なんでも、珍しいインスタントラーメンとレトルトカレーを会場で食べることが出来るらしい。
カレーとラーメン、それはもはや日本人の国民食であり、管理人も大好きだ。
その二つを一緒にして、博覧会をやるというのだから、行かない手はない。
ということで、まだ残暑が厳しい夕方近く、サンシャインに行ってきた。
カレー&ラーメン博覧会
入口には大きな看板が。なんと、入場無料。さらに、中からは食欲をそそるいい香りが。
カレー&ラーメン博覧会
会場に入ると、懐かしいインスタントラーメンの袋が展示してあった。懐かしのマダムヤ~ン発見!
カレー&ラーメン博覧会
さらに、珍品・絶品とローカル・ワールドなラーメン達。うまかっちゃんのCM、西村知美がやってたなあ。
カレー&ラーメン博覧会
カレー&ラーメン博覧会
メイン会場にラーメンを作るブースがあり、食券を買って、食べたいラーメンのブースで注文する。
カレー&ラーメン博覧会
カレー&ラーメン博覧会
いろいろ迷ったが、とんこつラーメン県出身なだけに、ついつい熊本のとんこつラーメンを…
500円という価格の判断は各人次第だけど、個人的には大変美味しゅうございました。
自分で作っても、ここまで本格的には出来ないし、なかなかお目にかかれないレアな一品だし。


ということで、今回はたぶんちょっとレアな気がする1台を…(ここからが本題)
[ 2012/09/18 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(4)