3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ALTO47 

TLVN アルト 俯瞰
トミカリミテッドヴィンテージNEO スズキアルト

1979年にデビューした初代アルト。価格は47万円(全国共通)
この当時、乗用車と商用車とでは税制が違い、乗用車には物品税がかけられていた。

じゃあ、乗用車と同じ形の商用車を作ればイイじゃん!と目からウロコが落ちたのがスズキ。
その発想で登場したアルトは、軽自動車№1メーカー・スズキらしさのかたまりだった。
車体は乗用タイプのフロンテと共通。それでいて商用ボンバンだから後席は最低限のシートのみ。
バンパーは艶なしのシルバー塗装にシンプルなプレスのボディetc、ギリギリまでコストを下げていた。

しかし、チョイ乗り用のゲタ代わりという需要に47万円という低価格のインパクトは大きかった。
スズキの読みはズバリ的中、大ヒットとなり、街には赤いアルトがあふれることに。
そのため、軽自動車メーカーは慌てて後追いのライバルを作ることになる。
今でこそワゴンRに主力の座を奪われたが、いまだスズキの看板車種であり、根強い人気がある。

TLVNのアルトはエポックメイキングな初代をモデル化している。
スポンサーサイト