3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ビッグになる 

トミカ シビックタイプR 俯瞰
トミカ シビックタイプR

2005年にデビューした8代目シビック
今では国内のラインナップから消えてしまったシビック(教習車仕様のみ継続)。
1972年に登場した初代以来、ホンダのエントリーモデルとして看板車種だった。
が、たび重なるモデルチェンジで肥大化の一途をたどり、徐々に地味な存在へ。

7代目ではハイブリッドを追加したが、ブランドを確立していたプリウスには勝てず。
また、01年に登場したフィットにポジションを奪われ、8代目は3ナンバーセダンのみに。
シビックといえば3ドアHBというのが常識だが(断言)、いつの間にかコロナクラスに…
ヨーロッパ専用の3ドアHBタイプRが限定輸入されたものの、結局は38年の歴史に幕が。

ところで、初代シビックファンの方がいたら先にお詫びをしなければならない。
管理人は昔からあまりホンダ車が好きじゃないが、それは初代シビックに理由がある。
初代はベストセラーカーで7年も販売されたので、80年代前半でもよく見かけたものだ。

が、幼き日の管理人には、鳥かごと言われたそのスタイルがなんとも受け付けなかった。
デビュー当時、その新鮮さにスカイラインやクラウンetcから乗り換えた人もいたそうだが、
タイムスリップ出来るなら、その人の前に行って「目を覚ませ!」と平手打ちをかますかも。


トミカの歴史の中で、シビックのセダンがモデル化されたのはタイプRがはじめて。

スポンサーサイト
[ 2012/04/15 02:30 ] トミカ | TB(1) | CM(0)