3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

至福の時代 

TLVN コロナHT 俯瞰
トミカリミテッドヴィンテージNEO コロナGT-TR

1982年1月にデビューした7代目コロナ(T140型)

T100型コロナの後を受け、78年9月にキープコンセプトの6代目T130型コロナが登場した。
セダン、HT、バンに、3代目以来の5ドアLBも復活したが、地味なスタイルは没個性的。
そして、宿敵ブルーバードが79年11月に910型にフルモデルチェンジする。
沢田研二をイメージキャラクターに迎え、ストレートなカッコよさをアピールしてきた。
結果、79年こそ小型車販売1位に返り咲くも、翌年からブルーバードにその座を奪われる。

その910ブルーバードへの対抗意識から登場したのが140型コロナ。
82年11月には日本初のDOHCターボエンジンを追加し、走りでも対抗意識を燃やしまくり。
しかし、83年1月にFFコロナLBが登場し、10月にセダンも追加されると、影が薄くなっていく。

さて、80型からのコロナの魅力をしつこく語ってきたけど、この140型コロナもイイ!
デビュー当時はもうすぐ小学生って時期だったけど、このスタイルはインパクト大だった。
セダンもHTも従来のコロナとは違うスタイルで、素直にカッコよく見えた。いや、今も見える。
そんな140型コロナHTがTLVNから去年発売された。
何度も言うが、コロナはセダンに魅力を感じるが、HTはこの140型が一番魅力的だと断言できる。
モデル化されれば買うのは当然!代々受け継がせる家宝に決まり!

スポンサーサイト