3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

コロナにまみれる 

2016年3月25日 画像追加&一部更新
トミカ コロナ1700 カラバリ
トミカ コロナHT1700

しつこいくらいに80型~140型コロナの魅力を語ってきたけど、紹介しきれなかったものがある。
そこで、今夜はまとめてコロナのグッズを紹介してみたいと思う(単なるネタ切れ隠し)。

上の写真は青が当時物、赤は再生産された「誕生記念コレクション'98」のコロナ。
71年にトミカの№15で登場した時、最初は赤が販売され、すぐに青がメインになったらしい。
ホイールや裏板の違いで全8種ある当時物の中でも赤は2種類だけで、生産台数も少なめ。
オクを見ても、当時物で出回っているのは青がほとんどで、赤はレアな存在になっている。

そんな当時物の雰囲気を感じられれば、ということで再生産されたのが「誕生記念コレクション」。
97年から2003年にかけて、いろいろな車種が当時と同じようなカラーで再生産された。
また、誕コレ以外にも、当時の黒箱を再現した30周年記念復刻版やイベント限定トミカもある。
さらに、ミニカー専門店や企業などの特注品として古い車種が再生産されることも増えてきた。
トミカの古い車種を気軽に集めたい、という人にはこの再生産品がおススメ。
程度やモノにもよるが、オクでは1台0.1~1.5K前後と比較的買いやすい価格帯になっている。
ただし、ハコスカとサニーはレーシングタイプに改修されており、ノーマルはないのでご注意を。

どうしても当時物が欲しい!という人は止めないが、
最近は再生産品を加工して当時物に仕立てあげたり、
安く買ったジャンクをリペイントし、ミント物に見せかけて高値で売る不埒者もいるらしいので、
個人的にはおススメしない。さて、次は…
スポンサーサイト
[ 2012/04/26 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)