3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

あなた好みの 

トミカ マークⅡ 俯瞰
トミカ コロナマークⅡHT 1/62


昨日も記したように、初代マークⅡにはセダンとHTがあり、HTの方が上位に位置していた。
これは当時のクラウンも同じであり、HT=パーソナルカー=贅沢という考え方があったためだろう。
販売台数もセダンよりHTの方が多く、手軽にちょっとカッコいい車を…という需要に応える存在に。

HTの最上級グレードは1900SL、途中からGSLになり、ホットモデルのGSSが別格に位置した。
このGSSというのは1900ccDOHCを搭載しており、トヨタ1600GTの後継車だった。
この点からも、コロナマークⅡが40型コロナの後継車なのがわかる。

トミカのマークⅡは70年9月に販売された最初期6台の1台で、トミカの№2番になる。
微妙な車種選択に思えるが、当時の人気車の1台として製品化されたのだろう。
今回紹介するのは30周年記念復刻版の1台であり、当時の2-1-1を再現した白いボディが特徴。
さらにホイールも白く塗られ、最初期のホイールを思い出させるものになっている。
スポンサーサイト
[ 2012/04/29 00:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)