3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

初体験 

TLV コロナ 
トミカリミテッドヴィンテージ トヨペットコロナ1500DX

1960年3月にデビューした2代目コロナ

先代のずんぐりむっくりから直線的でスマートな姿に変身し、打倒ブルーバードを狙うことに。
今ではみんな知っているティーザーキャンペーンを行い、デビュー前から期待を誘った。
しかし、タクシー業界からサスペンションの弱さを指摘され、弱い車のイメージがついてしまう。
さらにパワー不足も指摘されたため、62年に1500cc(RT20型)にエンジンを載せ替えた。
そして、37mの崖から落として走らせたり、25mもジャンプをするCMでイメージ一新を図る。


実は40型や80型コロナより、この20型コロナの方に馴染みが深かったりする。
管理人が通っていた小学生の学校は団地群のはずれにあった。
そのため、通学には多くの棟を通り抜けることになり、必然的に駐車場も通り抜けることに。
4年か5年生の時のある下校中のこと。周囲の車とは明らかに違うオーラを発している一台を発見。
ボディを見れば「TOYOPET CORONA」と、小学生にもなんとか読める文字が書いてある。
「これ、古いコロナなんだあ」とわかり、それから下校途中に見かけては眺めていた。
それは、ノスヒロ誌もなかった80年代中ごろのことだった。


TLVの2代目コロナはRT20型を再現したもの。TLVの中では古く、第2弾の製品になる。

スポンサーサイト