3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

お知らせ 

トミカ むかしの自動車セット 箱
トミカ むかしの自動車セット


都合により、9月上旬まで更新が遅れそうです。
なるべく早めに通常更新にするつもりですので、しばしお待ちください。
スポンサーサイト
[ 2012/08/30 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

決定的瞬間 

2014年11月14日 画像更新
Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75


そろそろネタ切れ感が漂ってきたスタントセット。
本来ならYoutubeに動画を上げたいところだが、秘境に置いてあるため、手元にはない…
もっとも、トミカ解体所さんが動画を上げてらっしゃるので、興味がある向きはご覧いただきたい。
ということで、今回は昨日と同じような写真を連続して載せてみることに。

Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75

[ 2012/08/28 00:00 ] コラボ | TB(0) | CM(4)

大激走!コロナGT! 

2014年11月14日 画像更新
Gメン'75
Gメン'75


まだまだ続くスタントセット。

なぜトミカの担当者が専用車にコロナを選んだのかはわからないが、とてもナイス過ぎる。
現代の車とはひと味違う、シンプルなスタイルから漂う色気とクールさが魅力的なのだ。
そのコロナが激しいアクションを見せてくれるのだから、これはもうたまらない。

Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75
Gメン'75

[ 2012/08/27 01:25 ] コラボ | TB(0) | CM(4)

結成!3吋スタントチーム 

2014年2月22日 画像変更 2016年4月28日 画像更新&追加
Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話


まだまだ引っ張るスタントセットネタ。

昨日、所用があったついでに、久々に中野ブロードウェイに行ってきた。
お目当てはもちろん、MだらけD車輪や委託ショーケースなど、自動車グッズを扱う2階。
2年ぶりなのと、暑さで死にそうだったからか、なかなかうまく回れず、同じ場所を行ったり来たり。
で、結果から言うと、新宿おもちゃカーニバルと同じミスをやらかしてしまって、凹みまくり。
Mだらけで以前から探していた京商の2代目ソアラを発見したのに、他の店をまわっている間に…

そうそう、色々な店やショーケースを見たが、スタントセットやグランプリサーキットはなかった。
あっても良さそうなんだけど、オモチャ関連のフリマでもあまり見かけない気がする。
ネットで検索すると、某ミニカーショップが販売中みたいだが、21Kではさすがにおいそれとは…

Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話
Gメン82 12話

[ 2012/08/25 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(0)

秘密を公開しちゃいます! 

2014年11月23日 画像変更
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!


今週取り上げているトミカのスタントセットだが、実は5月に秘境に行ったときに撮影していた。
で、いつ取り上げようかと考えているうちに機会を逃し、このままお蔵入りかも…という具合だった。
ところで、一昨日からカテゴリータグの中に“コラボ”ができたのに気付いた方はいるだろうか?
実は、スタントセットの記事はあるHPの記事とのコラボで実現した。

太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!


それはつい先日のこと。
なんとトミカ解体所さんが記事の中でスタントセットを取り上げたのだ。
しかも、レアなサーキットの狼バージョンじゃないのぉ~~~~~~~!(糸目姐さん風)
ということで、早速コラボを申し込んだところ、イケメンな所長様は快くOKとのお返事。
かくして、秘境で秘蔵されっぱなしだったスタントセットに陽の目があたることになった。

太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!

[ 2012/08/24 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(2)

遊び心 

2014年11月14日 画像変更
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ


管理人と同世代(30代)なら、車といえばセダンやスポーツカーが一般的だと思う。
そして子供時代にトミカを持っていたなら、お気に入りの1台があったと思うが、どうだろう?
そのお気に入りトミカは遊び倒され、車軸が曲がったり、ピラーが取れたりして、ジャンクになり…
もちろん、脳内ではカッコよく大活躍していたはず。

大都会パートⅡ
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ


そんな、子供時代の想いを動画にしたのが、当ブログ常連のLUXE37さん。
ここには貼らないが、Youtubeで「LUXE37」と検索すれば、その凄さがわかるはず。
さらに、リンクさせていただいてるLUXEさんのブログを見れば、当時の空気までも感じられるのだ。
では、その時代に作られたトミカ製のスタントセットとはどんなものか…
[ 2012/08/23 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(4)

トミカ認定スタント専用車 

2014年11月14日 画像変更
大追跡
大追跡
大追跡


昨日も書いたが、カースタントは70~80年代刑事ドラマの醍醐味のひとつだった。
激しいカーチェイス、大げさなクラッシュと爆破など、気持ちを高ぶらせてくれた。
スタントには緻密な計算と高度なテクニックが求められるわけで、昔のドラマは贅沢だったと思う。

大追跡
大追跡


一方、我々が自宅や砂場で再現していたスタントには、計算もテクニックも求められなかった。
ひたすら手に持ってぶつけ合い、ひっくり返し、時に身の回りの物を使ってジャンプさせていた。
しかし、ミニカーは自動で走ってくれないので、そのうちに物足りなくなってくる。
情景物のトミカワールドやトミカラマもあったが、パーキングやGSのため、走る要素はほぼ皆無。
コースを走行するグランプリサーキットも存在したが、リモコンのないスロット的な印象。

トミカ解体所さん制作の「グランプリサーキット」動画


だが、トミー社内にもスタント好きで、我々と同じ熱さを持つ人間がいたらしい。
大追跡
大追跡
大追跡

[ 2012/08/22 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(5)

華を添えよう 

2014年11月14日 画像変更
大空港大空港
大空港


来月、映画「踊る大捜査線 THE FINAL」が公開される。
1997年のスタート以来、15年にわたる人気シリーズに成長したが、ついに終了らしい。
らしい、というのは、ドラマも映画もほとんど見たことがないので、さっぱりわからないのだ。
小学生の頃、学校から帰宅してテレビを点けると、大抵どこかの局で刑事ドラマが再放送されていた。
それを見て育ったため、管理人は70~80年代の刑事ドラマが好きで、踊る~にはそそられなかった。

大空港
大空港


では、70~80年代の刑事ドラマに惹かれる要素は何か?
答えはいくつかあるが、車好きにとって、カースタントはやっぱり外せないだろう。
一般的には西部警察や太陽にほえろ!が浮かぶと思うが、それ以外のドラマでも多かったと思う。
ちょっと古めの車が登場し、ぶつけ合いやクラッシュ、爆発なんてした日にゃあ、もう大満足。

大空港
大空港
大空港


当然、トミカで遊ぶ時もぶつけたり、滑り台を滑らせて飛ばしてみたり、アクション三昧。
そりゃあ、手持ちのトミカがジャンクばかりになるわけだ…
さて、みんなが監督として、オリジナルのスタントを繰り広げていた頃、トミカはどうだったのか?
優等生イメージのトミカも、たまにはハジける時があって…
[ 2012/08/21 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(2)

本日も 

コガ カペラ 箱
コガ カペラ パーツ


ネタ切れのため、お休み
[ 2012/08/20 06:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

どこを目指すのか? 

マッチボックス セリカXX
マッチボックス トヨタセリカXX 1/61

1978年4月に追加された初代セリカXX

初代以来、4気筒エンジンを採用してきたセリカだが、XXには6気筒エンジンが用意された。
そのため、セリカLBのボディをベースに、全長が210mm、ホイールベースも130mm延長されている。
豊かになったボディサイズと6気筒エンジンは、最大のマーケットである北米を意識したもの。


ある年代以上なら結構知っているであろう初代セリカXXだが、意外とモデル化は少ない。
豪華なGTカーとはいえ、いかにもセリカLBの鼻先を伸ばしただけのスタイルが理由だろうか?
そのため、当時物はグンゼの1/20、LSの1/24、その他1/32スケールのプラモデルがあった程度。
その他に、数年前にルミノブランドから1/43がリリースされている。

さて、今回取り上げるのはマッチボックスのXXのジャンク品。
もとは1981年販売で、ジャパンマッチボックスが日本で設計したものらしい。
その後、90年代後半に専門店などで再生産品?が出回っていた。
[ 2012/08/19 06:00 ] マッチボックス | TB(0) | CM(2)

本日 

シュコー オペル アウディ

本日は都合によりお休み

シュコー オペルレコルト
シュコー アウディ100
シュコー オペル アウディ

[ 2012/08/18 01:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エアロダイナミクスの効用 

トミカ トヨタセリカLB 2000GT
トミカ トヨタセリカLB 2000GT 1/63

1977年8月にデビューした2代目セリカ

6年9カ月のロングセラーとなった初代の後を受けて登場したのが2代目セリカ。
スタイルはアメリカのトヨタのデザイン会社、CALTYがデザインしたものを採用した。
そのため、クーペとLBの2つのボディは、よりアメリカ人好みのスタイルになっている。


初代以来、セリカはトヨタのデザイントレンドのリーダーだった。
今見ると、2代目は初代ほどのインパクトはないが、当時の日本車の中では異色を放っている。
各社からいろいろなスケールでモデル化された初代に続き、2代目もモデル化の対象に。
初代はクーペとLBをモデル化したトミカだが、2代目はLBを1/63でモデル化している。
今回取り上げるのはトミカ35周年記念で再販されたもの。
[ 2012/08/17 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

本当に足はいいのか? 

TLVN カリーナGT-R 
TLVN カリーナGT-R
トミカリミテッドヴィンテージNEO トヨタカリーナ1600GT-R


昨日の記事ではTLVNのカリーナGT-Rが今ひとつ似てないと書いた。
デフォルメを廃し、三面図に極力近いものを作ったのかもしれないが、視覚的な違和感があるのだ。
そこで、その違和感は正しいものなのか、単なるイチャモンなのか、確かめてみよう。
[ 2012/08/16 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(2)

アルテッツァの源流 

TLVN カリーナ1600GT-R 59b
TLVN カリーナ1600GT-R 59a 
トミカリミテッドヴィンテージNEO トヨタカリーナ1600GT-R

1981年9月にデビューした3代目カリーナ(A60型)

6年半も販売された初代カリーナに対し、77年8月登場の2代目は通常の4年サイクルになった。
3代目もセリカと兄弟車だったが、翌年デビューした140型コロナも兄弟に組み込まれることに。
そのため、カリーナ、セリカ、コロナとも、テイストの似た直線的なスタイルになっている。
この3代目もファミリーカーとスポーツセダンの顔を持ち、日本初のDOHCターボを搭載した。


初代に続き、2代目もダイヤペットがHTを1/40でモデル化したが、3代目のモデルは皆無。
HTに代わって誕生した3ドアLBは微妙なスタイルだったし、セリカもXXばかりモデル化された。
当然、一番地味なセダンがモデル化されようはずもない。

管理人も、カリーナセダンのミニカーなんて絶対出ないだろうな~と長らく思っていた。
ところが去年、TLVNから製品化の予告が!
さすがというか、らしいというか、いやはや感激だわ~。
ということで、発売前からセダンファンを熱くさせたTLVNのカリーナセダンだったが…

平凡という名の非凡 

TLVN カリーナ 1600ST 1600DX
左:カリーナ1600DX 右:カリーナ1600ST トミカリミテッドヴィンテージ


初代カリーナの魅力を取り上げてきた以上、TLVNの後期型も紹介しないと。

70年12月に登場したカリーナは、77年7月までの6年半ものモデルライフを送った。
兄弟車がスペシャリティカーのセリカだったことや、排ガス規制、オイルショックも理由だろう。

当時のトヨタの小型車は、毎年のようにフロントやリアを手直ししているのが目立つ。
同じ年に登場した2代目カローラや4代目コロナ(RT80)など、そのいい例だ。
もっとも、カリーナの場合はモデルの古さを隠す意味もあったと思われる。
[ 2012/08/14 02:30 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

カリーナ成長記 

TLVN カリーナ1600DX
TLVN カリーナ1600ST

トミカリミテッドヴィンテージNEO
上:トヨタカリーナ1600DX 下:トヨタカリーナ1600ST


管理人が初代カリーナと聞いて真っ先に思い浮かぶのが、このTLVNの後期型のフロントマスク。
これはHTと同じフロントに統一されたもの。
[ 2012/08/13 00:00 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

本命登場 

TLVN カリーナ1600SDX/1400DX 前期


今回も初代カリーナの魅力を、カタログを見ながら再確認してみよう。
[ 2012/08/12 00:00 ] カタログ | TB(0) | CM(2)

気になる気になる 

カリーナ 初期 全体
カリーナ 1600ST 71年6月


管理人が昔のセダン、特にトヨタのセダン好きなのはこのブログを読んでる方ならご存知のはず。
コロナ、マークⅡ、カローラとくれば、やっぱりカリーナも外せないでしょ。
ということで、今夜からカタログとTLVNで初代カリーナの魅力を取り上げてみようと思う。

初代カリーナは1970~77年と、国産車では長いライフサイクルだったため、意外と変化している。
まずは上のカタログ写真。これはデビューから約半年後の71年6月のカリーナST。
後年のオーソドックスなファミリーカーというイメージとは何か違う気がしなくもない。
それもそのはず…
[ 2012/08/11 00:00 ] カタログ | TB(0) | CM(4)

本日は 

オオタキ セドリック 箱

都合により、お休みします。
[ 2012/08/10 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

気になる1台 

TLVN トヨタカリーナ1600スーパーDX
TLVN トヨタカリーナ1400DX
トミカリミテッドヴィンテージNEO
上:トヨタカリーナ 1600スーパーDX 下:トヨタカリーナ 1400DX

1970年12月にデビューした初代カリーナ

69年の東京モーターショーにトヨタが出品したEX-1の市販バージョンがセリカ。
スタイリッシュなボディに安価な価格設定、フルチョイスシステムなどでヒットした。
そのセリカのセダン版が同時に登場したカリーナ。
カローラとコロナの間を埋める中間車種の役割も担っていた。
翌71年4月にはセリカGTと同じ2T-Gエンジンも追加され、本格的なスポーツセダンに成長。


どうしてもセリカの陰に隠れてしまうため、モデル化は多くなかった初代カリーナ。
当時物は、ダイヤペットやオオタキの1/28(どちらもHT)くらいしか存在していない。
ダイヤペットは当初、セダンのモデル化を計画していたが、途中で中止になったとのこと。
ということで、TLVNのカリーナセダンはファンを喜ばせた1台。

スポーツ心の源流は? 

昨日より、LUXE37さんのブログ「暁のCAR・MODEL・GUN」とリンクさせていただくことに。
数多あるミニカーブログの中でもマニアックで濃密な内容なので、ミニカーファンは必見。


京商 アルテッツァ
京商 トヨタアルテッツァ 1/64

1998年10月にデビューしたトヨタアルテッツァ。

87年にAE86レビン/トレノが生産中止になって以来、トヨタはコンパクトFRスポーツが不在に。
そして、久々にトヨタ製コンパクトFRスポーツとして登場したのがアルテッツァ。
デビュー前から雑誌で“86の再来”として報じられるなど、自動車ファン期待の1台だった。
ところが、デビュー当初こそ売れたものの、その後は伸び悩み、やがて影の薄い存在に。
一方、海外ではレクサスISというプレミアムセダンの位置づけで、人気があった。


98年当時、大きな話題を集めていたアルテッツァ。
大小様々なスケールでモデル化されたが、3吋は京商やコナミ、マイストくらいしか見かけない。
また、変わったところでは、モータートミカとしてモデル化されている(レギュラー品はなし)。
今回は3吋アルテッツァの中で断トツの出来を誇る京商製をご紹介。
[ 2012/08/08 02:55 ] 京商 | TB(0) | CM(2)

ジャパニーズスーパーカー 

2014年4月8日 画像追加
日産GT-R
日産GT-R
上:東京モーターショー2011(2011年12月6日撮影)
下:東京モーターショー2013(2013年11月28日撮影)

2007年にデビューした日産GT-R

1969年にスカイラインの硬派なスポーツグレードとして追加されたGT-R。
その後、生産中止→復活→再び生産中止と、何度も波乱万丈な運命を辿っている。
そして、スカイラインから切り離され、新時代のスーパーカーとして再び蘇ってきた。
GT-R専用のプラットフォームとVR38エンジンを採用、480psの高出力をいかんなく発揮。
さらに毎年改良がなされ、新グレードの追加や、550psまで出力の上昇が続いている。


日産が世界に誇るGT-Rだが、フェアレディZに比べると、まだ世界的な知名度は低め。
そのため、3吋モデルはトミカ、京商、HW、マイストetc、フェアレディZより少ない。
今回取り上げるのは、京商のサークルKスカイラインコレクションのもの。
京商は以前にもビーズコレクションでGT-Rをモデル化しているが、金型は別物らしい。
京商 日産GT-R
京商 日産GT-R 1/64
[ 2012/08/07 00:00 ] 京商 | TB(0) | CM(0)

淑女と不死鳥 

オートアート 日産フェアレディ
オートアート 日産フェアレディZ (Z33) 1/64

2002年7月にデビューした5代目フェアレディZ

89年に登場した4代目(Z32)は好評を得たが、バブル崩壊で次期モデルの開発が中断。
そのため、11年ものロングライフを送ることになり、2000年まで生産が続いた。
それから2年、自動車ファンの期待を受けて登場したのが5代目のZ33。
スタイルに初代とZ32のモチーフを取り入れつつ、新世紀のスポーツカーに生まれ変わった。
V35スカイラインと共通のプラットフォームに、エンジンも初の3500ccを採用している。


フェアレディZとして13年ぶりの新型であり、デビュー前から大きく注目されていたZ33。
そのため、各メーカーからいろいろなスケールでモデル化されている。
3吋もオートアート、トミカ、京商、タミヤ、HW、MB、ノレブetc、多くのメーカーがリリースした。
今回取り上げるのは、ハイレベルな出来でお馴染みのオートアートの350Z。
[ 2012/08/06 02:00 ] オートアート | TB(0) | CM(0)

同じなのは名前だけ 

京商 スカイラインクーペ V35
京商 スカイラインクーペ(CV35) 1/64

2003年1月にデビューしたスカイラインクーペ(CV35)

01年6月に登場した11代目スカイラインは従来路線と決別し、海外市場を意識した国際車になった。
スタイルは大きく変わり、V型エンジンを搭載するなど、名前以外は全く違うものといってもいい。
クーペはフェアレディZと同じプラットフォームを採用し、高級スペシャリティカーに変身している。


V35スカイラインは長年築き上げたスカイラインのイメージを打ち破ったため、賛否両論が渦巻いた。
日本国内では人気が今ひとつだったが、北米ではインフィニティG35として高い人気を誇った。
そのため、3吋ではトミカ、京商、マイスト、JADATOYと、国内と海外からそれぞれモデル化されている。
今回取り上げるのは京商のスカイラインシリーズのクーペ。
[ 2012/08/05 00:00 ] 京商 | TB(0) | CM(4)

未来がやってきた! 

2013年11月26日 画像追加
三菱 i
三菱 i エコデコカー 西武池袋本店(2011年1月25日撮影)

2006年1月にデビューした三菱i

三菱の軽乗用車のラインナップでも異色なのがi。
トッポBJやekワゴンとは違い、ミッドシップ方式の新規プラットフォームとエンジンを採用。
そのおかげで、い居住性を確保しつつ、斬新でスタイリッシュなスタイルも実現している。
反面、新規パーツが多いために軽乗用車としては少々高めの価格設定となってしまった。
そのため、当初は月間5000台の販売を見込んでいたが、クリアしたのは06年2月と3月の2回のみ。
現在の月間目標は500台と少々さびしいが、EVのiミーブを追加するなど、まだまだ現役である。


3吋ブログを熱心に読んでいる方なら(いるの?)、管理人が三菱党なのはご存じだろう。
これまでに三菱製のトッポBJ、アウトランダー、ekワゴン、パジェロミニを紹介してきた。
そして、やっと本命ともいえるiを入手したので、さっそく取り上げてみよう。

三菱 i
三菱 i 1/64
[ 2012/08/04 06:00 ] メーカー品 | TB(0) | CM(0)

ハマに赤い夕陽が沈む 

ハマの潮風に吹かれながらプラッシーを飲んでいると


27レビン

あれは27レビンやないか! よく見たら、ナンバーも27になってるやん!
現代の感覚だとコンパクトカーサイズだし、可愛らしさも感じられるなあ。

スバル360コマーシャル

こっちはスバル360や! 熱中時代刑事編で水谷豊が乗ってた車や!
おや、これはルーフが開くし、コマーシャルっていうバリエーションかな?

フォードGT40

おいおい、フォードGT40まであるやん! 
こんなワイルドな車で街をかっ飛ばしたら、さぞかしモテモテやろうなあ。


ということで、今回もワンダーランドマーケットで入手したトミカをご紹介。
(3台ともワンダーランド会場にて撮影)
[ 2012/08/03 02:25 ] コラボ | TB(0) | CM(0)

ハマの熱さに血は騒ぐ 

赤レンガ倉庫


ハマの潮風に吹かれながら、溶けていると…

赤レンガ倉庫や! 横浜言うたら、やっぱこれや!
もちろんグダグダ走るしかないよね!勝手にスローモーションしたり、最後はジャンプで決めたり。
ユージもタカもいないけど、気分はまさにあぶない刑事!港303でホイールスピンかましたれ!
って、なんかイベントやってて、人がたくさんおって走れんがな…

赤レンガ倉庫 2

ということで、今日もトミカ解体所様から我がガレージにやってきたトミカをご紹介。
[ 2012/08/02 02:40 ] コラボ | TB(0) | CM(4)

ハマの陽射はまぶしくて 

みなとみらい 2


ハマの潮風に吹かれながら、あたりを見回していると…

あの建物はもしかして! 横浜とくれば、あの建物は外せないよね。
というわけで、暑さで体が溶けているにもかかわらず、歩いて行ったとさ。(明日も引っ張るつづく)


今日もトミカ解体所様から譲っていただいたジャンクトミカをご紹介。

[ 2012/08/01 02:30 ] コラボ | TB(0) | CM(0)