3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

再現してみよう 

特撮博物館 空中


昨日に続いて、特撮博物館で撮影したミニチュアを見てみよう。
男の子なら、きっと一度はこういう風景を自分で再現したいと思ったことはないだろうか?

以前、秋葉原の交通博物館に1度だけ行ったことがある。
手元の写真の日付は06年5月10日とあるので、閉館の4日前だ。
長年にわたって親しまれてきたためか、平日にもかかわらず、結構な来客数だったのを思い出す。
館内には実物のスバル360や初代サニー、飛行機、船(模型)もあったが、メインはやっぱり鉄道。

その鉄道関係の中でも、一番人気があるんだなぁと思ったのが、巨大な鉄道ジオラマ。
ジオラマを見つめる多くのギャラリーの目の輝きたるや、それはもう幼いころに帰っている。
管理人には、広い場所があったら…、金があれば…というギャラリー達の心の声が聞こえてきた。
そして気が付けば、管理人も童心に帰り、心の声を出していた。

いつの時代も、ジオラマは男(女性も?)のロマンなんだよねえ。
特撮博物館 ビル模型
特撮博物館 ビル模型2
特撮博物館 ビル模型3
それにしても、見事なビル群。スクエアなそのフォルムはまさに本物のようだ。


スクエアなフォルムで本物のような出来といえば、TLVのローレルも忘れてはいけない。
スポンサーサイト