3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

大きな〇〇 小さな〇〇 

TLVN グロリアカスタムDX ローレルGX-6
左:グロリアカスタムDX 右:ローレルGX-6 1/64
トミカリミテッドヴィンテージNEO


初代が大きな510ブルーバードだったのに対し、大きくなった2代目はミニセドリックと言われる。
では、そのフレーズはボディサイズ以外にも当てはまるんだろうか?
TLVNに出来の良いモデルがあるし、無理やりではあるが、比較をしてみよう。

フロントマスクは似てないものの、どちらもアメ車がお手本なのは同じ。
ローレルはミドルのポンティアック、グロリアはもう少し上のオールズモビルあたりだろうか?
逆スラント気味のフロント、出っ張りの少ないバンパーなど、細部の処理に近似性がある。

TLVN ローレルGX-6 サイド比較
TLVN グロリアカスタムDX サイド比較
フォーマルなグロリアに対し、ローレルは彫刻的でアクティブなサイドビュー。
2台ともコークボトルラインを取り入れているため、基本的なシェイプは似ている。

TLVN グロリアカスタムDX ローレルGX-6 リア
オーソドックスなグロリアと、デコラティブで遊び心を感じさせるローレル。
トランクが短い分、ローレルの方が軽快な印象を与える。


確かに似ている部分もあるが、どちらかといえば“ちょっと大きなケンメリ”が正解では?
しかし、MC後は“ミニセドリック”色を強めていくことに。
スポンサーサイト
[ 2012/10/11 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(0)