3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

記念の概念 

トミカ ブルーバードSSSクーペ
トミカ ブルーバードSSSクーペ 1/60
トミカ コロナマークⅡ
トミカ コロナマークⅡ 1/62
トミカ トヨタ ニュークラウン
トミカ トヨタニュークラウン 1/65
トミカ クラウンパトロールカー
トミカ クラウンパトロールカー 1/65


管理人が子供だった時代と比べ、今は古いトミカに触れる機会が増えた。
ヤフオクに専門店、リサイクルショップにフリマなど、ネットの発達や情報の増加が理由である。
また、メーカーであるトミーがトミカをコレクションの対象として認識したこともあるはず。
だからこそ、再生産品や大人向けのトミカリミテッドが存在するわけで、大変嬉しい限り。

上の4台のうち、黒箱3台は30周年記念の再生産品、クラウンパトカーは40周年記念の新製品。
親が子供に買い与えたケースもあると思うが、ターゲットはやっぱり大人のコレクターだろう。
30周年記念品は昔懐かしい黒箱を再現し、アラフォー世代以上のノスタルジーを誘ってやまない。
また、40周年記念品は初期の車種を新規で造り直すなど、駆け引きなしの直球ど真ん中。

こういうことも、トミーがトミカとファンを大切に育ててきたからこそ可能だと思うのだ。
そして、先述のとおり、トミー自身がコレクティブルな商品と見るようになったことが大きい。
では、それ以前はどんなものだったんだろう?
スポンサーサイト
[ 2012/10/14 02:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)