3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

記念を大切に 

トミカ 30周年再販品
トミカ30周年記念復刻トミカ
トミカ 40周年 クラウンパトロールカー
トミカ40周年記念復刻トミカ


昨日に続き、メモリアルトミカを取り上げてみよう。
現在まで続くトミカの攻勢が始まったのは、2000年からだったと記憶している。
池袋で大トミカ博2000が開催されたのもこの年だったし、毎月2台のリリースもこの年からだ。
友人とトミカ博の最終日に行き、実寸木型の80コロナセダンを見て興奮したのを今でも思い出す。

個人的な意見だが、トミーが“トミカ”に大きな商売の可能性を再確認したのが大トミカ博だったはず。
それ以前、80年代後半~90年代末期までのトミカは勢いがなく、出来もだんだん劣っていった。
中には初代プリメーラ、2代目スープラのように、明らかにダメなものがあったくらい。
トミーもトミカの方向性を考えあぐねていたんだろうが、どう見ても悪循環としか思えなかった。

そんな長期低落傾向が始まった時期だったが、20周年メモリアルトミカはリリースしている。
トミカ むかしの自動車セット 箱
トミカ20周年記念スペシャルセット“むかしの自動車” 1990年
トミカ むかしの自動車セット
いすゞボンネットバス ダイハツミゼット トヨタ2000GT ブルーバードSSSクーペ

ブルーバードはサファリラリー、2000GTはスピードトライアルのカラーリングになっている。
今では大したことはないが、これでも90年当時は昔のトミカ(ブル)を入手出来て嬉しかった。
この20周年記念セットは秘境に隠してあるので、次回の秘境訪問(未定)で取り上げたいと思う。

では、三菱党のお時間です。
スポンサーサイト
[ 2012/10/15 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)