3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

古き佳き時代 

アオシマ セリカLB
アオシマ セリカLB 2000GT 1/24


今日はプラモデルのセリカを取り上げたい。

各スケールでモデル化されたセリカだが、現在でも入手できるプラモデルは限られる。
一番メジャーなのは、30年近くにわたるロングセラーのアオシマ1/24だろうか?
アオシマのセリカは現役当時ではなく、80年代に入ってからリリースされたもの。
クーペが72年以降の2分割テール、LBは75年のMC以降のものと、どちらも初期型ではない。

写真は管理人が高校生の頃に作ったアオシマのセリカLB。
当時は完成させることだけに重点を置いていたので、今の目で見るとアラだらけだ…
アオシマ セリカLB フロント
アオシマ セリカLB リア

現在、プラモデルで決定版は2003年にリリースされたハセガワの1/24。
ハセガワらしい繊細な雰囲気が、セリカの微妙なボディラインとうまくマッチしている。
ただし、ノーマルホイールではないので、是非フルノーマル版をお願いしたいところ。

一方、現役時代の製品で、今でも語られることが多いのはバンダイ1/20だろうか。
GTに加え、ST、LTの3グレードが作れるようにパーツが入っているなど、遊び心満載。
その他にオオタキとニチモから1/20、マルイ、クラウン、ニチモから1/24が出ている。
また、童友社で販売中の旧ヤマダのセリカも当時モノだが、1/22~1/23の半端スケールだ。
で、今回取り上げるのは…
スポンサーサイト
[ 2012/11/09 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)