3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

メイク落としは大切です 

トミカ EXA ジャンク×2


あと1週間で新年なのに、まだデジカメは帰ってこない。
ということで、再びトミカのEXAのレストアに戻っちゃったりなんかしちゃったりして。

前回まででボディの分解~車軸の調整を行ったが、ついでにドナーの方も分解することに。
トミカ エクサ ジャンク
なぜかフロントウインドーだけが真っ白のこれである。
早速裏板を見ると
トミカ EXA ジャンク 裏板
カシメにもブルーが残っている。で、ピンバイスでギリギリしてやったら
トミカ EXA ジャンク パーツ
やっぱり1時間くらいはかかった。リューターを買った方がいいかも…
で、フロントウインドーとボディはどうなってるのかしら~?
トミカ EXA ジャンク ボディ
おやおや~、白い塗料はルーフの裏側にもしっかり浸食しているじゃん…
当然固着していたので、ゆっくり慎重にマイナスドライバーでウインドーを外すと
トミカ EXA ジャンク ボディ
なんとか割れることなく、ボディとの分離に成功。
トミカ EXA ジャンク ボディ
いや~、それにしても結構な量が浸み込んでたのね~
この塗料は一体何なのよ~?プラモ用のアクリル?それともサクラ絵の具?
トミカ EXA ジャンク ボディ
ウインドーの縁にも固まった塗膜が残っちゃってるし、結構な厚化粧じゃないの!
危うく騙されるところだったわよ!

ということで、ドナーも意外とジャンクレベルが高かったことがわかった。
では本題。今回は塗装の剥離に挑戦してみよう。
スポンサーサイト
[ 2012/12/26 01:50 ] レストア | TB(0) | CM(2)