3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

遊びの精神 

アオシマ マシンRS RS-2


昨日に続いて、今日もアオシマの西部警察シリーズのRSをちょこっと取り上げることに。

西部警察が放映されていたのが79年10月~84年10月の5年間。
当時、ミニカーとラジコンはヨネザワ(ダイヤペット)、プラモデルはアオシマからリリースされた。
ラジコンにはさして興味はなかったが、ダイヤペットは友人のH君が持っていたのを覚えている。
ヤフオクを見ていると、たまにダイヤペットのRSが出品されているので、ちょっと欲しくなったり。

プラモデルは1/24と1/32が出ていたが、ミニカー同様、放送終了後は絶版に。
しかし、大々的に行われた99年の石原裕次郎の13回忌に合わせ、全シリーズ再販の快挙となった。
以来、パッケージのリニューアルやパーツの追加などを行いつつ、今でも入手が可能である。

さて、99年の再販品の箱絵は旧製品と同じイラストを使いながらも、微妙に違うものになっている。
そこで、99年の再販品と83年の当時モノを比べてみよう。
アオシマ マシンRS RS-2

スポンサーサイト
[ 2013/01/11 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)