3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ジャンクヤード2013 春 その4 

トミカ セリカLB


予告通り、今回はレストア中の2代目セリカの塗装剥離前と剥離後の見えない部分の比較なぞ。

前回、ボディの裏には30年以上の汚れが堆積しており、汚かったと書いた。
しかし、記憶を遡ってみたら、カシメを外した直後の記事にも同じ感想を書いていたのを発見。
5カ月後でも同じことを書くってことは、本当に汚かったんだなあ…と妙に感心?してしまった。


それでは、その汚い裏側を大公開!(ってほど大げさなものでもないが)
スポンサーサイト
[ 2013/04/29 02:30 ] レストア | TB(0) | CM(5)

ジャンクヤード2013 春 その3 

トミカ 初代セリカLB
トミカ 初代セリカLB


今回もジャンクヤードの3吋の近況報告などを薄めに書いてみる。
EXA、セドリック、240Zと日産車ばかりが続いたので、ここはひとつトヨタ車でいってみたい。
とくれば、あれでしょ!そう、以前にも僅かばかりの進展を記した初代&2代目セリカLBですよ!

初代の方は塗装を剥離したものの、やや不完全な状態だった。一方、2代目はというと
トミカ セリカLB 2000GT
トミカ セリカLB2000GT ジャンク リア
トミカ セリカLB 2000GT パーツ状態
パーツをバラしたら、あちこちに30年以上の汚れが堆積しており、なんとも汚い…

では、現状はどうなのかしら?
[ 2013/04/28 02:30 ] レストア | TB(0) | CM(2)

ジャンクヤード2013 春 その2 

2014年11月16日 画像更新&追加
トミカ セドリックタクシー ジャンク
トミカ セドリックタクシー ジャンク


前回に続き、レストア待ちのジャンクのその後をつらつらと。
今回はトミカの330セドリックタクシーと240Zの現状報告をしてみたい。

どちらも子供の頃から持っていたが、センスゼロに塗りたくられたまま過ごすこと20数年。
今年の正月、炎上後のようなボディをまじまじと見るうちに、剥離したらんかい!
という、熱い想いがめらめらと湧いてきたので、その場で剥離剤を塗り塗りと…
トミカ 240Z ジャンク
トミカ 240Z ジャンク

[ 2013/04/27 02:20 ] レストア | TB(0) | CM(2)

ジャンクヤード2013 春 

エクサ フロント
トミカ パルサーEXA 1/60 入手時(2012年7月)


GWが迫っているというのに、ネタもなければ先立つものもない。
これじゃいかん!どげんかせんといかん!
などと、どこかの元知事みたいなことを言うわけじゃないが、しかし、毎日眠くて仕方ない…
あぁ、眠くてたまらんなあ…と思っていたら、眠っていたネタを思い出した。

てなわけで、今回は以前に紹介したトミカのEXAの現状報告などをちょこっと。
昨年7月にトミカ解体所さんから譲っていただいたEXAの塗装剥離をしたのが10月のこと。
トミカ EXA 剥離後

その後、ボディを金属ブラシや耐水ペーパーで磨き、プライマーを吹いたのが12月。
トミカ EXA プライマー塗布後

では、その後どうなっているかというと…
[ 2013/04/26 06:00 ] レストア | TB(0) | CM(2)

燃える四つの輪 

シュコー アウディ100LS


トミカ&TLVNのアウディ発売に乗って3吋アウディを取り上げたが、もう持ってない。

本来なら京商のロータリーコレクションを取り上げたいんだが、いまだ未入手。
ロータリーの前のアルファロメオ3も置いてない店が多かったし、扱い店舗は減少のご様子。
となると、オークションか専門店で…と思うが、1個くらいはサンクスで買っておきたいんだよねえ。
ちなみに現時点では、オークションは定価よりやや下、専門店では高めの相場のようで。


てな具合に愚痴を言っても仕方がないので、ここはひとつ定番の劇用車ネタを。
取り上げるのはもちろん四つの輪こと、アウディ。では、どのドラマかというと…
シュコー アウディ100LS
[ 2013/04/25 06:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(2)

輝く四つの輪 四輪目 

シュコー アウディ100LS
シュコー アウディ100LS 1/66


CIマークにかけて四つの輪を書いたはいいが、そこには大きな落とし穴があった。
現在までにトミカのアウディは5000とA1、さらにTLVNのアウディ80の3種(来月はアウディ90)
ええ~!これじゃ三つの輪じゃん!一輪足りないよ!どうしよう!
といって、京商サンクスもなければ、マジョレットやマッチ箱、ホットウィールも持ってない…

そんな管理人のコレクションの中に四輪目を飾る3吋のアウディを発見!
それが今回のシュコーのアウディ100LS。1970年にリリースされた、古い3吋ミニカーになる。
スケールは1/64よりちょっと小さい1/66だが、ドアも開くし、なにより繊細なスタイルがいい。
これはなにもアウディ100だけじゃなく、オールドシュコー全体に言える美点。
もちろん玩具なんだけど、大人の観賞眼にも充分耐えられるコレクティブルな出来だと思う。


さて、前回書いたアウディ80との邂逅だが、ちょっとイイなあ…の他にもうひとつ感想があった。
「この車、オリンピックのマークが付いとるやん!」
そう、幼稚園児にはアウディの四つの輪とオリンピックの五輪との区別が付かなかったわけで。
アウディのCIが本当に五輪だったら、今回の記事は破綻してたかも…
[ 2013/04/23 02:30 ] シュコー | TB(0) | CM(4)

輝く四つの輪 三輪目 

2015年12月22日 画像追加
トミカ アウディ5000ターボ
トミカ アウディ5000ターボ 1/65


幼稚園の頃、通園路の途中に白い2代目アウディ80がいつも駐車していた。
4~5歳のガキながら、生意気にも「ちょっとイイなあ」と感じたのを覚えている。
国産車は直線的なスタイルが流行り始めた頃で、その進んだスタイルに惹かれたんだと思う。

また、我が家の愛車のカローラ30みたく、少し前のデザイントレンドの車の方が多かった。
ちなみに、79年秋の自動車誌で“次期ブルーバードはアウディ80似”という記事を見たことがある。
910ブルがアウディ80似か?そうでもないか?その辺はお好み次第。

閑話休題。今回取り上げるのはトミカのアウディ5000ターボ。
セダン好きにもかかわらず、当時は買い漏らした1台で、数年前にようやくジャンクを入手。

管理人は長らく、このトミカのアウディはアウディ80(または90)だと思っていた。
アウディ80
アウディ80
2代目アウディ80

ところがよくよく考えると、おかしい。
アウディに100や200はあっても、5000という数は聞いたことがない。
トミーの担当者は頭大丈夫か?と思ったが、大丈夫じゃなかったのは管理人の方。
アウディ5000とはアウディ100/200の北米輸出名であり、お恥ずかしったらありゃしない。
アウディ100
アウディ100
アウディ200
アウディ200
アウディ200
[ 2013/04/22 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

輝く四つの輪 二輪目 

2013年11月26日 画像追加
アウディA1スポーツバック
アウディA1スポーツバック
アウディA1スポーツバック 東京モーターショー2011(2011年12月1日撮影)


期せずして、今月は本家トミカからもアウディがモデル化された。
スケールも完全復活を感じさせる1/60だし、ここはひとつ、初回限定カラーをチョイス。
トミカとしては83年1月にリリースされたアウディ5000以来、30年ぶりのアウディとなる。

アウディのHPを見ると、このボディカラーはティークブラウンメタリックらしい。
レギュラー版の赤の方がコンパクトカーらしいかな?と思ったが、実車のプライスは300万。
国産車だと、マークXとバッティングする金額なのねん…


トミカ アウディA1
トミカ アウディA1 1/60

TLVNのアウディ80はかなりの出来だったが、30年ぶりの本家の出来や如何に?
[ 2013/04/21 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

輝く四つの輪 

2016年3月6日 画像追加
アウディ80


910ブル祭も一応終わり、ネタも尽き、本当に胃も痛くなってきたところに新鮮なネタが登場!

ということで、TLVNの新製品アウディ80を早速入手した。
今月は他にギャランVR-4、レガシィRS、初代セドリックも出ているが、新金型はアウディのみ。
バリエーションとして赤と白があるが、より“らしさ”を感じる赤をチョイス(本当は予算の都合)

実車は86年9月登場の3代目で、それまでの角張ったスタイルから斬新な丸いスタイルに変身。
日本には翌年から導入され、バブル景気直前~真っ只中ということもあり、人気があった。
さすがに少なくはなったが、今でもたまに見かけるので、まだまだ好きな人が多いのでは?


当時はカタカナ職業の人や、イイとこの奥さまやお嬢さんの車というイメージだったアウディ80。
さて、TLVNはどんなセンスでモデル化してるだろう?
TLVN アウディ80
トミカリミテッドヴィンテージNEO アウディ80 2.0E ヨーロッパ 1/64

あの頃のときめきを 

トミカ カーコレ 910ブルーバード


さすがに振る袖もない状態の910ブル祭だが、もうひとつ、軽めのネタを発見!
それは常連のLUXE37さんのコメントにヒントが隠されていた(というか、ズバリ)

アラサーの人なら、ファミリーカー&スポーツセダン以外の910ブルも思い浮かぶのでは?
えっ、なにも思い浮かばないって? じゃあ、今回はここで終了…ってなるかい!

じゃあ、アラサーの人なら、子供の頃に分厚い豆本を持っていたことはないだろうか?(特に男子)
車に興味がなくても、一冊くらいは持っていたか、あるいは見たことがあると思うんだが。
ネットがなかった70~80年代、小学生男子必携だった豆本といえば…
トミカ カーコレ 910ブルーバード


[ 2013/04/18 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(4)

赤の対決 

トミカ ブルーバード TLVN コロナHT


もうネタ切れに見える910ブル祭だけど、あと少しだけ続く予定。

前回、前々回と画面の中の雄姿を見たが、ブルーバード者なら知っておきたい作品がもうひとつ。
それも超メジャーなドラマで、しかも、一粒で二度美味しいというおまる決壊@糸目姐さんな内容。
なにが一粒で二度美味しいのかというと、それは…
TLVN コロナHT トミカ ブルーバード
[ 2013/04/17 06:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(5)

衝撃の赤 

トミカ カーコレ 910ブルーバード
トミーテック カーコレクション80 ブルーバード消防指揮車 1/80


略して3吋ブログという名称通り、管理人は3吋サイズのミニカーを中心に集めている。
また、昔の血が騒ぐときは、ダイヤペットやダンディなどの1/40~1/43にも食指が伸びてしまう。
さらに、ど素人モデラーの血が湧く時は1/24プラモだって買うわけで、基本は雑食のはず。

しかし、イマイチ魅力を感じないのが小スケール。
ホンウェルみたいな1/72やHOスケールあたりは車種的に惹かれても、そそられにくい。
なのに、トミーテックのカーコレクション80のブルーバードは持っている。
といっても買ったわけじゃなく、ヤフオクで落札したジャンクミニカーセットに入っていた1台。
しかしこうやって見ると、1/80の小スケールが惜しいくらいの出来の良さ。


さて、今回も画面の中の910ブルをご紹介。今回は一体何かというと…
[ 2013/04/15 06:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(2)

燃えるような赤 

トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G


BS11での「大捜査線シリーズ追跡」放送から始まった910ブルーバード祭。
ところが、まだ思ったほどには910ブルが活躍してくれず、これは予想外の痛手に…

そこで、今回は大捜査線以外のドラマで活躍した910ブルを取り上げてみたいと思う。
一番メジャーなのは西部警察の4ドアHTの白パトだけど、ここはひとつセダンで行ってみたい。
まずは新しめのドラマから…
[ 2013/04/13 02:15 ] 劇用車 | TB(0) | CM(2)

よ~く見てみよう 

トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G


今回も910ブルネタを薄~く取り上げてみたい。

27か月連続小型車登録台数1位と、今のセダン市場からは考えられない人気だった910ブル。
そのため、ボディタイプや新しいエンジンの追加など、攻めの姿勢が目立った。
MCも見た目の変更は少ないけど、それでもちょこっと変わっているわけで。


そこで、今回は前期型と後期型のカタログから気になる変更点を見ていこう。
[ 2013/04/11 02:05 ] カタログ | TB(0) | CM(2)

自信の証明 

トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G


まだまだ910ブルネタを引っ張るよ!
なんてったって、管理人はコロナ者でありながらブルーバード者なんだからさ!(ギャラン者でも)

今回は910ブルのMC後のカタログをご紹介。
82年1月にコロナが140型にFMCしたが、同じ月のMCで新たな一手を打ち、魅力を高めた。
そんな勝者の余裕が誌面からも感じられると(個人的には)思う。
トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G

[ 2013/04/10 01:55 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

人気の秘密はカタツムリ 

トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G


3吋的に目新しいネタもないし、かといって何も書かないのもちょっと気が引ける…
そんな3吋ブログだから、前回に続いて910ブルーバードネタをもうちょい引っ張ることに。

910ブルーバードといえば、510ブル以来の走りのイメージを復活させたモデル。
その理由といえば、シャープでクリーンなスタイルともうひとつ、そうターボチャージャー。
SSS-Sですらコロナ2000GTには及ばない性能だったのが、ようやく名実ともにSSSが復活。
そして幅広い層に対応するべく、ブルーバード初のディーゼルエンジンも投入されている。


今回はそんなターボ&ディーゼル追加後のカタログをご紹介。
しかし、ある程度作りは同じなので、写真などが変更されたところを取り上げてみたい。
トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G
[ 2013/04/08 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

売れる理由 

トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G


毎度のことながら、3吋ブログはネタ切れ寸前の状態。
まだ京商サークルKサンクスのアルファを入手してないのに、ロータリーコレクションも出てしまった。
でも、近所のサンクスには置いてないし、今は他の店に立ち寄る時間もないんだよねえ…
ネタはない、時間もない、おまけに先立つものもない(これが一番)となれば、ありモノしかない!

ということで、今回は大捜査線ネタを書くきっかけになった910ブルーバードのカタログをご紹介。
トミカ ブルーバード ターボSSS-X・G

[ 2013/04/06 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(6)

踊らない 

2014年11月23日 画像更新&追加
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S


最近、フジテレビの視聴率が下降の一方という。
管理人はバブル期からのトレンディドラマというのが嫌いで、以来、フジのドラマはあまり見てない。
バラエティもカノッサの屈辱や天使のUBUG、冒冒グラフにラテン専科etc、古い番組ばかり浮かぶ。
ドラマもバラエティも、いつも同じ俳優やタレントが出ている印象が強く、興味が湧かないのだ。

しかし、そんなフジテレビにも強烈なカルトドラマが存在する。
知る人ぞ知る(という割に知名度は高いと思うが)伝説の刑事ドラマが。
前回、ブルーバードSSSを取り上げるきっかけにもなったそのドラマとは…
[ 2013/04/04 06:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(2)

お前の時代だ 

2013年11月26日 画像追加
910ブルーバード


新年度を迎え、ますます勢いがダウンしていく3吋ブログ。
最近は3吋の新品もジャンクもあまり入手してなく、いよいよもってネタ切れ間近の惨状…
そんな時、あるドラマを見ていたら、まだネタがあったじゃん!と思い出した。
そう、ネタがない時は秘境で発掘してきたプラモですよ!


取り上げるのはタミヤのブルーバード・ターボSSS-S。
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S

小学生の時に作って以来、何度か買って作っていて、個人的に好きなキットである。
もっとも、今回のキットは小学生の時に購入→製作→17年くらい前にリペイントと、…な作例。
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
ず~っと押し入れにしまっていたので、埃をかぶっていたが、気にもせずにそのまま撮影。
リペした当時はクリアーコートもコンパウンドもしてなかったので、表面はゆず肌気味。
あと、バンパーに整形されたナンバープレートはいたずらで熱したらグニャッとしてしまった…
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
テールランプのメッキモールが太すぎなうえに左右幅も違う、エンブレムは全く未塗装、
塗装が雑なバンパーは今にも脱落しそう(このキットのウィークポイントでもある)、などなど、
リアは手抜きだらけ。
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
910ブルーバードというと赤/黒のツートンが記憶に残るが、手抜きで赤一色仕上げ。
本当は黒い部分のデカールが用意されるが、1度目の製作時に傷めたので、使えなくなった。
おやおや、テールランプも外れてしまい、ズレてるなあ…
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
当時、タミヤのキットで好きだったのが開閉可能なサンルーフ。簡単で確実な設計がタミヤ的。
ボディ裏は黒で塗装しているのに、サンルーフパーツの裏は未塗装なので、色が合ってない…


同じキットでも、上手い人が作ればこんなに見事に仕上げられるのよねえ。
シートのストライプやチリの少ないサンルーフとか、どうやったらここまで詰められるのか…
[ 2013/04/02 02:15 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)

ラテン系はじめました 

京商 アルファロメオ147
京商 アルファロメオ147 1/64

2月末にサークルKサンクス限定の京商アルファロメオミニカーコレクション3が発売された。
管理人もアルファ75にかなりそそられたが、西部警察貯金2の時期だったため、いまだ未入手。

考えてみれば、1/64ミニカーの入手先がサークルKサンクスだけというのも不思議な話。
しかも、全国のサークルKサンクス全てに入荷するわけではなく、ルートは限られている。
地元駅前に新しめのサンクスがあるが、ここには京商コレは全く入荷せず、がっかりした。
こんな調子で減価償却できているんだろうか?(余計なお世話)

さて、同じ京商のアルファコレでも、今回取り上げるのは第一弾のアルファロメオ147。
今から7年前、2006年2月にリリースされている。
[ 2013/04/01 02:30 ] 京商 | TB(0) | CM(0)