3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

輝く四つの輪 四輪目 

シュコー アウディ100LS
シュコー アウディ100LS 1/66


CIマークにかけて四つの輪を書いたはいいが、そこには大きな落とし穴があった。
現在までにトミカのアウディは5000とA1、さらにTLVNのアウディ80の3種(来月はアウディ90)
ええ~!これじゃ三つの輪じゃん!一輪足りないよ!どうしよう!
といって、京商サンクスもなければ、マジョレットやマッチ箱、ホットウィールも持ってない…

そんな管理人のコレクションの中に四輪目を飾る3吋のアウディを発見!
それが今回のシュコーのアウディ100LS。1970年にリリースされた、古い3吋ミニカーになる。
スケールは1/64よりちょっと小さい1/66だが、ドアも開くし、なにより繊細なスタイルがいい。
これはなにもアウディ100だけじゃなく、オールドシュコー全体に言える美点。
もちろん玩具なんだけど、大人の観賞眼にも充分耐えられるコレクティブルな出来だと思う。


さて、前回書いたアウディ80との邂逅だが、ちょっとイイなあ…の他にもうひとつ感想があった。
「この車、オリンピックのマークが付いとるやん!」
そう、幼稚園児にはアウディの四つの輪とオリンピックの五輪との区別が付かなかったわけで。
アウディのCIが本当に五輪だったら、今回の記事は破綻してたかも…
スポンサーサイト
[ 2013/04/23 02:30 ] シュコー | TB(0) | CM(4)