3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

プレ1300 

TLV ホンダ1300 77S


今回も少しだけホンダ1300祭を開催中。

ホンダ1300は発売前に68年の第15回東京モーターショーに出品されている。
当時、ホンダのファミリーカー市場への本格進出ということで、注目を集めていたらしい。
翌69年4月に正式発表、5月から販売されたが、72年には水冷エンジンの145シリーズに…
というような歴史はWikipedeiaや旧車誌などにいくらでも書いてあるので、そちらをどうぞ。


では、今回は何を取り上げるのかというと、モーターショーに出品されたプロトタイプなぞを。
手元にある某誌68年12月号が東京モーターショー特集で、当然ながら1300も紹介されている。
この時の1300はモーターショーにありがちな試作車なのか、市販車と比べ、外観にも違いが。
では、どんな違いなのかというと…
TLV ホンダ1300 77S

スポンサーサイト
[ 2013/05/31 06:00 ] イベント | TB(0) | CM(0)

マイナーの中のマイナー 

TLV ホンダ1300 77S


TLVのホンダ1300セダン77、イッコーの1300クーペ9につづき、今回もホンダ1300ネタを。

現役当時の不人気もあり、ホンダ1300は旧車界でもマイナーな存在ではないだろうか?
もちろん熱烈なファンやオーナーの方はいるが、1300のみのオーナークラブはないようだ。
そんなマイナーな1300の中にも、メジャーとマイナーとが存在している(と思う)。

個人的にメジャーだと思うのは二分割グリルの1300セダン77/99と1300クーペ。
反対に、オーソドックスなマスクを持つセダンとクーペ、水冷エンジンの145シリーズはマイナー。
車好きな人でも、ホンダ1300と聞いて思い浮かぶのは二分割グリルだと思うんだよねえ(私感)
ここはひとつ、トミテクさんにMC後の77セダンや145クーペのモデル化を期待したいところだが…


さてさて、今回はそんなホンダ1300のカタログを見ていこう。
TLV ホンダ1300 77S

[ 2013/05/30 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

秘境の秘境たるゆえん 

プラモデル入門大百科


TLVのホンダ1300セダン77の次は、トミカの1300クーペ9を…と思ったが、あいにく持ってない。
再販品もあるし、ヤフオクなどでもちょくちょく出品されているのに、いまだに縁がないまま。
また、ダイヤペットからも1/40で出ているが、こちらは結構なプレ値なので、さらに無縁。
じゃあ、どうすんのよ?と思っていたら、あることを思い出した。

それは、以前の記事で取り上げたケイブンシャの「プラモデル入門大百科」。
その中の掲載作例に、イッコーモケイ(一光模型)のホンダ1300クーペ9がある。
現在絶版?とあるが、出版された81年時点でイッコーは存在していたのかは不明。

Wikipediaの昭和のプラモデルメーカーでは、イッコーは62年にプラモデルを発売したとある。
前身の寺島模型は三菱500の1/24プラモを出しており、モデルカーズに箱絵が載っていた。
イッコーのその後だが、寺島通商に社名変更したとか、全く別会社だとか、よくわからない。
つまり、会社自体が謎に包まれており、1300クーペの再販は難しそうだ…

プラモデル入門大百科

今回は、そんなレア?なイッコーのホンダ1300クーペ9のキット(勿論ジャンク)をご紹介。
[ 2013/05/28 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(4)

記憶を辿る 

2013年11月26日 画像追加
ホンダ1300セダン77


前回、前々回と初代プレリュードを取り上げたので、ホンダつながりでホンダ1300セダンを。

管理人が子供の頃からホンダ車をあまり好きじゃなかったのは、以前にも書いたとおり。
当時の印象では、ホンダ車の中で一番目にするのが初代シビック、次いでアコードHBだった。
その筆頭、シビックのダルマみたいなHBスタイルがなんだか受け付けない…
一方、アコードにはあまり拒否感はなかった。おそらく、サルーンがあったからだろう。

そんな昔のホンダ車の中にも好きな車があった。それがホンダ1300シリーズ。
特にオーソドックスなセダンは管理人のツボをグイっと刺激した。
しかし、ここで問題がひとつ。周囲に1300セダンが1台もなかったこと。

じゃあ、なぜ好きなのか?
理由は、小学校の図書館に1300セダンが載っている本があったから。
しかも自動車関係の本ではなく、工作や写真とかの図鑑か教本だったはず。
さらに、全く見たことがないホンダのセダンというのも惹きつけられた理由のひとつ。
クーペはごく稀に見かけることもあったが、セダンはほぼ皆無だった。

そんなドマイナーなホンダ1300セダンだが、TLVはしっかりモデル化してきた。
当時、1/24や1/32でプラモデル化されているが、ミニカーではこのTLVが初らしい。

TLV ホンダ1300 77S
トミカリミテッドヴィンテージ ホンダ1300 77S 1/64

日本初の記憶 

ダイヤペット プレリュードXR


今回もダイヤペットの初代プレリュードを見てみよう。

前回も書いたが、管理人は子供の頃に同じプレリュードのゴールドのカラバリを持っていた。
しかし、比較的早く失くしてしまったために、今回の邂逅は30年以上ぶりになる。
失くしたのは団地裏の砂場だと思う。砂場だと、ちょっとのつもりで埋めちゃったりするんだよね。
親はミニカーを大切にしろと言ってたが、外で遊べと無茶をおっしゃるので、結構なくした記憶が…

このプレリュードは珍しく箱付きの物を入手したので、箱もチェックしておかないと
ダイヤペット プレリュードXR
定番の三面図(のサイド)と
ダイヤペット プレリュードXR
反対側は実車写真…ではなく、カラバリのゴールドの写真が使われている。
ダイヤペット プレリュードXR
そう、このゴールドこそ、昔持っていたカラーですよ~!


さて、比較的地味なスタイルなのに、管理人の記憶にず~っと残っていたのには理由がある。
それは、それまで持っていたダイヤペット&トミカにはない斬新な装備があったから。
[ 2013/05/24 00:00 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(2)

ブレイクする前 

セリカ シルビア プレリュード


2回ほどフリマネタが続いたが、再びスペシャリティーカー特集に戻ってみたい。

2代目110シルビア→2代目プレリュードとくれば、次はS13シルビアが自然な流れのはず。
しかし、トミカのS13はフォルムはいいが、1/59スケールが気に入らず、1台も持ってない。
プレリュードと同じコナミのCar of the 80'sでもリリースが予定されていたらしいが、結局中止に。
つくづく、コナミの1/64撤退が惜しまれる…

と嘆いていても仕方ない。
う~ん、何かないかしら…と考えてたら、とてもマッチしたミニカーを入手したばかりじゃないの~!
さて、スペシャリティーカーネタにぴったりのミニカーとはいったい?
[ 2013/05/23 00:45 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(2)

フリマノススメ 

航空公園


今回も某公園の千店フリマでの収穫品の紹介。
と言っても、目新しい物ではなく、個別の紹介をさらっと薄めに。

前回、画像でブースの多さを紹介したが、あれでも全出店の半分になるかならないか程度。
公園全域にフリマの列が並び、売られている物の数も種類も豊富(メインは衣類&日用品だけど)
もちろん趣味の物も出ており、見ているだけでも楽しいし、価格交渉も楽しみのひとつ?
航空公園
当然、来場客も多い。

航空公園
さらに飲食コーナーもあり、焼鳥や串焼き、焼きそばにラムネなど、お祭り気分も味わえる。
航空公園
公園中心にある放送塔


以前は興味なかったが、この2~3年は都合が付けば、近場のフリマには結構行っている。
メインは3吋収集だけど、以前のフリマでは0.5Kくらいでスーツやバッグも買ってたり。
去年、秘境に帰った時も近所のスーパーでフリマをやってて、覗いたことも(収穫ゼロ)
場所や地域にもよるが、フリマめぐりという趣味も悪くないと思うのよねん。
[ 2013/05/21 06:00 ] イベント | TB(0) | CM(0)

魅惑の千店 

航空公園


昨日、駅前にYS11が置かれている某公園のフリマに行ってきた。
この公園でのフリマに行くのは去年7月以来、約10カ月ぶりで、前回も収穫報告を書いている。
しかし、今回は1年に1度の千店フリマというもので、日本一の規模らしい。
千店フリマは一昨年も行っており、その時はトミカのジャンクを少々サルってきた。

昨日のフリマの様子
航空公園
公園内に入ると、かなりのブースが並んでいる
航空公園
航空公園
反対側まで辿りついたところで、左右のブースをパチリ。
いや~、本当にかなりの出店数で、千店フリマの名は伊達じゃない。
航空公園
夕刻になり、閉会の時間がやってきたので、そろそろ引き上げることに。

さて、今回の収穫は…
[ 2013/05/20 06:00 ] イベント | TB(0) | CM(0)

キング・オブ・デートカー 

コナミ プレリュードXX
コナミ ホンダプレリュードXX 1/64


ここ2回ほど、S110シルビアを取り上げたので、その流れでスペシャリティーカー特集を。
今回は80年代前半~後半のスペシャリティーカー市場を独占した2代目プレリュード。
というか、“デートカー市場”といった方が正解かも。

リトラ式ライトと低いボンネット以外、強い特徴は持たないが、これがなぜか若い女性に大ウケ。
勿論、ボンネットを下げるためにダブルウィッシュボーンサスを採用するなど、技術もフルに投入。
そのおかげで、ライバルと比べて汗臭さのない、都会的で洗練されたスタイルが完成した。

当時、このプレリュードに乗ってるだけでモテたらしいが、羨ましすぎるZEEEEE!!!!
今からでもモテモテになれるんだったら、中古を買って乗りまわすんだZEEEEE!!!!!
そして、あの娘やあの娘やあの娘とも… その勢いでついには壇蜜とも…うひひひひ!!!!!


あさましい願望はさておいて、2代目プレリュードは以前にダイヤペットの当時物を紹介済み。
今回のコナミの1/64はグッと新しく、2006年にCar of the 80'sからリリースされたもの。
その割に、出来はちょっとヌルいような… しかもシリーズ自体、これで終わっちゃったのよねん…
[ 2013/05/19 02:30 ] コナミ | TB(0) | CM(0)

基準はどこに 

TL シルビア2000ZSE-X


3代目シルビアはライバルのセリカやプレリュードを撃破し、シルビアとして初のヒット作に。
だが、当時はいわゆる欧州車大好き 良識派の自動車誌や評論家などから酷評されていた。
いわく、トレッドが狭くホイールベースも短かい、いわく、ハデハデ趣味、いわく、見た目だけetc

しかし、それらの評価は根本的に間違っている。
なぜなら、この手のスペシャリティーカーはなにより見た目が第一だから。
ホイールベースが短くても、ハデ趣味でも、見た目にカッコいいと思わせれば問題ない。
そして、ヒットした事実がそれらの批判が的外れだったことを証明している。

そんな、スペシャリティーカーの本質を押さえていた3代目シルビアの魅力を確かめてみよう。
とくれば、やっぱりカタログでしょ!
TL シルビア2000ZSE-X
[ 2013/05/18 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

スペシャリティの本分 

TL シルビア2000ZSE-X
トミカリミテッド シルビア 2000ZSE-X 1/61


先週末から、トミカリミテッドが6月のレガシィ覆面パトで休止という情報が流れている。
最近始まった印象のTLだが、2001年4月スタートと、既に12年の歴史を持つシリーズだ。

初期は70~80年代の旧車が多く、14歳以上が対象なのも納得のチョイスばかり。
その後は外車やミニバン、レーシングカーもリリースされ、一般受けにシフトしてきた。
そして、最近は新しい車種か過去のカラバリばかりになり、勢いが落ちてきたように思える。

近年は1/64の精密ミニカーも増え、トミカのリアル版というだけでは厳しくなったに違いない。
また、スケールの迷走など、トミカ自体もコスト面の厳しさが見え隠れしている。
毎月2種のリリースや材料費の価格上昇など、¥360/個ではペイ出来ないのかもしれない。
しかし、まだまだ古くて良い金型もあるし、少しくらい値上げしてでも続けてほしいものだ。

さて、今回はそんなTLから3代目シルビアを取り上げたい。
トミカ10周年記念の1台で、フロントやテールランプに別パーツが使われるなど、豪華な作り。
そのシルビアをリミテッド化したんだから、悪いはずもない。
[ 2013/05/16 00:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

ジャンクヤード2013 春 その6 

2016年3月11日 画像一部更新
トミカ カローラ30レビン
トミカ カローラ30レビン


前回に続き、ジャンクヤードに眠っていた3吋の現状報告などをつらつらと。
今回は管理人のお気に入りだったカローラ37レビンを取り上げてみたい。

トミカの30レビンにはうす紫とメタ緑の2色があったが、ジャンクの元色はうす紫だった。
しかし、我が家のカローラと同じ色にしたいという理由で緑に塗り替えてしまった(はず)
その割に、カローラ30のイメージカラーの若草色にはなってないのがなんとも。

そういえば、NYM2013で戦利品を入手したブースにメタ緑の37レビンも置かれてた。
買おうかどうしようか結構迷ったんだけど、やっぱり買っときゃよかったかなあ…

我が家の愛車と同じメタ若草色
75年3月 カローラ
HTの緑は濃いめ
74年4月 カローラHT


ジャンクヤードのレビンだが、ボディをバラしてみたら衝撃的な事実が…
[ 2013/05/14 01:30 ] レストア | TB(0) | CM(4)

ジャンクヤード2013 春 その5 

トミカ マークⅡL
トミカ マークⅡL


トミカ解体所さんが昨年から手掛けられていたブルーバードUのレストアを仕切り直すらしい。
同じようなジャンク再生のため、参考にさせていただいている3吋ブログとしても気になるところ。
もしブルUが完成したら、記事を丸パクリしてやるぜ、うひひひ…
なんて、そ、そ、そんな邪な考えなんか、こ、こ、こ、これっぽっちも、あ、あ、あるわけがない!
あれ、以前にも同じようなことを書いたような… まっ、気のせいってことよ!


ということで、今回もジャンクヤードの3吋達の今を大公開!今回はマークⅡL!
なんて力を入れてみても、この前紹介したセドリックや240Zとほぼ同じレベルなんだけど…
[ 2013/05/13 02:30 ] レストア | TB(0) | CM(0)

赤の3 黄色の5 

2013年11月26日 画像追加
マツダファミリアHB
東京モーターショー2009(2009年11月1日撮影)


おむすび祭が発端となって始まったプチマツダ祭、今回もFFファミリアを取り上げることに。

前回も書いたが、ダイヤペット以外のメーカーはほとんどが3ドアHBをモデル化している。
以前にも紹介したトミカもやはり3ドアHBであり、ダイヤペットの方が例外的と言えよう。
しかし、ドアの枚数は違えど、ダイヤペットとトミカがリリースしてるんだし~!


てなわけで、今回はダイヤペットとトミカのFFファミリアをさらっと比較してみたい。
ダイヤペット トミカ FFファミリア
ダイヤペット トミカ FFファミリア
[ 2013/05/11 02:30 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

赤でも3枚でもないけれど 

ダイヤペット ファミリア
ダイヤペット マツダ ニューファミリア 1/40


おむすびはネタ切れになってしまったが、マツダ車のミニカーならまだあるぞえ@鈴木蘭々風
ということで、今回は以前にも少しだけ取り上げたダイヤペットのFFファミリアHBをご紹介。

実車が歴史に残る大ヒットだっただけに、3吋以外でもモデル化されたFFファミリア。
プラモデルではニットウ、フジミ、イマイ、ニチモ、ミツワetcから1/24でリリースされた。
今でもアオシマ(旧イマイ)は現役だし、フジミもスポット生産されることがある。

しかし、ダイヤペットはやっぱりひと味違う。
トミカも含めた他ブランドが3ドアHBをモデル化したのに対し、5ドアHBと来たもんだ。
若者向けの3ドア、ファミリー向けの5ドアとくれば、管理人のツボにハマるのはもちろん後者。
そんな、ツボをぐいぐい刺激してくるダイヤペットの出来や如何に?
マツダファミリア
マツダファミリア5ドア 東京都下(2005年9月25日撮影)
[ 2013/05/10 02:30 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(0)

新しいおむすびあります 

京商サンクス ロータリーコレクション


京商サンクスのRX-8から始まったおむすび祭だが、さらにネタ探しのため、再びサンクスへ!

行ったまではいいが、もう1個しか残ってないじゃん!
どれどれ…と手に取ってみると、この前のRX-8よりは軽い気がする。
他のミニカーブログの情報では、RX-8が一番重いそうなので、これはエイト以外かなあ?
う~ん、軽いっちゃあ、軽いし、そこそこっちゃあ、そこそこな重みがあるような…

まあ、エイトじゃなきゃいいかと思い、レジへGO!
そして早速開封してみると、中に入っていたのは…
[ 2013/05/09 06:00 ] 京商 | TB(0) | CM(0)

赤の時代 

TL コスモAP リミテッド


世間で言うGWも終わったが、その期間中にずっと仕事をしていた管理人。
こうなるとネタを仕入れる暇もなく、3吋ブログ恒例のネタ切れ状態になってしまった。
でも、もう少しおむすびネタがないかなあ…と思っていたら、あるじゃないの!とっておきが!


そう、今回はコスモAPのカタログをご紹介したい。
TL コスモAP リミテッド

[ 2013/05/07 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(4)

赤いバリカン 

TL コスモAP リミテッド
トミカリミテッド マツダコスモAP リミテッド 1/64


京商1/64のマツダRX-8を特集したし、ここはひとつ、おむすび=ロータリーネタでも…
と思い、手元の3吋&etcを見てみたが、マツダのロータリー搭載車が意外と少ない。
TLVNのコスモ&ルーチェやトミカのルーチェ、初代サバンナは既にブログで取り上げている。

サバンナRX-7は?と思ったが、京商ビーコレのSA以外は1台も持っていなかったり…
よくよく考えると、いかにもスポーツカーといった車には今ひとつそそられない。
3吋のフェアレディZをあまり持ってないのも同じ理由(セリカXXはGTカーなので別ジャンル)

さて困ったなあ…と思っていたら、大切な車を見落としているじゃないの!
そう、ロータリーを積んだスペシャリティカー、コスモAPですよ!
3吋ではトミカ、コナミ、プレイアートがあるが、ここは一番メジャーなトミカをチョイス。
70年代の繊細なトミカをディテールアップしたTL版の出来はいかに?
[ 2013/05/05 02:25 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

おむすびの味の違い 

京商 サンクス ビーコレ RX-8


同じキャストを使っている京商サンクスとビーズコレクションのRX-8。

しかし、0.5K+のサンクスに対し、ビーコレは定価1.3Kと3倍近くの差が。
ビーコレは2003年のリリースなので、10年前のものだが、それにしても開きが大きい。
となれば、多少なりともコストダウンがされているんだろうか?
そこで今回はオリジナルのビーコレと、流用のサンクスを比べてみたい。


まずはパッケージ
京商サンクス ロータリーコレクション
京商 RX-8
まずはパッケージの違い。ブラインド箱のサンクスに対し、ビーコレは中がわかるから安心?
ビーコレは車種によって箱のカラーリングが一部変わっているが、マツダ車は共通。
京商 サバンナRX-3
京商 サバンナRX-7

パッケージを開けてみると…
[ 2013/05/03 01:50 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

おむすびコレクションはじめました 

京商サンクス ロータリーコレクション


昨日、京商サークルKサンクスのマツダロータリーコレクションをようやく入手した。
それも、ヤフオクでも専門店でもなく、サンクス店頭で、である。当然ながら、定価ですよん。

ラインナップのうち、RX-500と787B以外は同社のビーズコレクションの金型流用品になっている。
そして、管理人はビーコレのマツダ車は3台持っており、すべて3吋ブログで紹介済み。
京商 サバンナRX-3
初代サバンナGT(RX-3)
京商 サバンナRX-7
サバンナRX-7 ターボSEリミテッド(SA22C)
京商 RX-8
RX-8 タイプS


となると、この3台以外が欲しいわけで、2代目RX-7(FC)か3代目(FD)に狙いを絞ってみた。
さて、結果はいかに?
[ 2013/05/01 02:30 ] 京商 | TB(0) | CM(0)