3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

スペシャリティの本分 

TL シルビア2000ZSE-X
トミカリミテッド シルビア 2000ZSE-X 1/61


先週末から、トミカリミテッドが6月のレガシィ覆面パトで休止という情報が流れている。
最近始まった印象のTLだが、2001年4月スタートと、既に12年の歴史を持つシリーズだ。

初期は70~80年代の旧車が多く、14歳以上が対象なのも納得のチョイスばかり。
その後は外車やミニバン、レーシングカーもリリースされ、一般受けにシフトしてきた。
そして、最近は新しい車種か過去のカラバリばかりになり、勢いが落ちてきたように思える。

近年は1/64の精密ミニカーも増え、トミカのリアル版というだけでは厳しくなったに違いない。
また、スケールの迷走など、トミカ自体もコスト面の厳しさが見え隠れしている。
毎月2種のリリースや材料費の価格上昇など、¥360/個ではペイ出来ないのかもしれない。
しかし、まだまだ古くて良い金型もあるし、少しくらい値上げしてでも続けてほしいものだ。

さて、今回はそんなTLから3代目シルビアを取り上げたい。
トミカ10周年記念の1台で、フロントやテールランプに別パーツが使われるなど、豪華な作り。
そのシルビアをリミテッド化したんだから、悪いはずもない。
スポンサーサイト
[ 2013/05/16 00:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)