3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ZとZ 

トミカ フェアレディ240Z Z432
トミカ 1/60 左:フェアレディ240Z 右:フェアレディZ432


早いもので、8月も今日で終わり。でも、この猛暑はまだ続くんだろうなあ。
今年も日本熱帯化のために、ミニカーネタの井戸も枯れてしまった…
まったく、貧乏暇なしを地で行く人生だわさ。
というわけで、今回はトミカのZ432と240Zをユル~く比較してみたい。

管理人は子供の頃、240Zを持っていた(レストア中のものとは別)
黄色のボディに赤いストライプが入っていた記憶があるので、58-1-11のはず。
しかし、それはG-12・トミカスポーツカーセットの1台なのに、ポルシェ911は持っていなかった。
永ちゃんならずとも、Why? なぜ~に?と言いたいが、30年以上も前のことだから不明である。

その後、「ミニカー大百科」を見て、トミカにZ432もあったことを初めて知ることに。
だが、当時は絶版ミニカーを入手する方法も限られ、地方の小学生には遠い存在だった。
それから26年後の今年、ようやくZ432を手にしたわけで、感慨もひとしお。
13年前の自分に「さっさと30周年復刻版を買っとけよ!」と言ってやりたいくらい。

さて、昔話はこれくらいにして、Z432と240Zを比較しつつ、トミカの進化を見てみよう。
Z432は最初期の70年9月、240Zは4年後の74年8月のリリースである。
スポンサーサイト
[ 2013/08/31 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

本家の本家による2台目 

トミカ フェアレディ240ZG
トミカ フェアレディ240ZG 1/60


今回はレストア参考用に入手したトミカの240ZGをご紹介。
レストアネタでジャンクは何度か取り上げ済みだが、しっかりした個体は初めてのはず。

トミカは最初期の6台の中に6-1フェアレディZ432がラインナップされていた。
その約4年後、6-1のZ432が現役製品のまま、新規金型で240ZGがリリースされている。
少し不思議な気もするが、変更部分が大きく、裏板も延長が必要なので新規になったのだろう。
また、実車は既に生産中止になっていたが、絶版人気も登場の理由だろうか。


さて、脂が乗っていた70年代トミカの240ZGの出来や、いかに?
[ 2013/08/29 01:20 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

ジャンクヤードの旅 2013夏 その2 

トミカ セリカLB フェアレディ240ZG


前回チラッと紹介したトミカの240Zと2代目セリカLBだが、ついにレストア完了したぜっ!

って、んなわけねーだろ!と思った貴方、実に鋭い!
2代目金田一耕助や明智小五郎を襲名できますよ! たぶん…

そう、レストアが終わったわけではなく…
トミカ セリカLB フェアレディ240ZG
[ 2013/08/28 00:50 ] レストア | TB(0) | CM(0)

ジャンクヤードの旅 2013夏 その1.5 

トミカ 240Z
トミカ セリカLB 2000GT


今回もジャンクヤードの現状報告をさらっと。
前回、塗装剥離+研磨まで済ませていた240ZG2代目セリカLBだが、今は…

before
トミカ セリカLB フェアレディ240ZG
トミカ セリカLB フェアレディ240ZG

after…?
トミカ セリカLB フェアレディ240ZG
トミカ セリカLB フェアレディ240ZG
いや、こちらがbeforeかも?


夏バテ&ネタ切れにつき、次回につづく
[ 2013/08/27 00:35 ] レストア | TB(0) | CM(0)

ジャンクヤードの旅 2013夏 

トミカ EXA サフ済


気が付けば、8月ももうすぐ終わり。しかし、3吋ブログは猛暑でネタが枯渇してしまった。
こんな時はあれしかないでしょ!そう、レストアネタですよ!
というわけで、4カ月ぶりにジャンクヤードの現状をちょびっとご報告したい。

上と下の画像は去年から牛歩でレストアしているEXA。
前回の報告ではサフがけまで終わっていたが、今はどうなったかというと…
トミカ EXA サフ済
何も考えずに書いてたら、前回と似たような文章になってるじゃん…嗚呼、文章力が欲しい…
[ 2013/08/26 06:00 ] レストア | TB(0) | CM(0)

2代目はスーパーか? 

2016年3月7日 画像一部更新
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ


自分は西部署の大門だ!貴様たちの目的は何だ!
なに!フェアレディZのカタログを見せろだと?

ということで、今回はスーパーZのベースになったS130Zのカタログをご紹介。
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
[ 2013/08/25 02:10 ] カタログ | TB(0) | CM(0)

スーパーの理由 

2016年3月7日 画像一部更新
西部警察パートⅢ


自分は西部署の大門だ!要求があるなら言ってみろ!
なに?トミカリミテッドヴィンテージNEOのスーパーZと280Zを比較しろだと?

ということで、今回はTLVNのフェアレディ280ZとスーパーZを比べてみたい。
いまだ、仕上がりに微妙なバラつきがあるTLVNの中でもかなりの出来の良さを誇る280Z。
その280Zをベースにこだわって作りこんだんだから、スーパーZの仕上がりもいわずもがな。

しか~し、こだわりの1台とはいえ、その価格差は定価の場合、約3Kである。
つまり、280Z×3台=スーパーZとなる計算なわけで、それだけの違いが本当にあるのか?
それをチェックしてみよう。
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ


[ 2013/08/23 02:20 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

3吋でもベンチマークになれるか? 

トミカ フォルクスワーゲン ポロ
トミカ フォルクスワーゲン ポロ 1/62


今回は今月のトミカの新製品・ワーゲンポロを紹介したい。

最近のトミカは外車づいており、今年1月から8カ月続いて外車のモデル化となる。
中でも、4月のアウディA1とともに身近に感じられるのがポロ。
当然、管理人のツボを押さないわけがなく、さっそく発売日に買ってきた。
もっとも、他のミニカーブログを見ると、一部の店舗ではお盆前には並んでいたらしい。

ところで、管理人は昔からワーゲンがあまり好きではない。
その理由は某間違いだらけの本や欧州車びいきの自動車誌によるところが大きい。
昔のワーゲンは走りの性能は世界トップクラス、でも内装はチャチで雑な造り。
一方、日本車は内装の質感は抜群だが、走りは欧州車に敵わない、という評価が多かった。
でも、あらゆる面で日本車が勝ったとしても、絶対に認めないでしょ?と中坊ながらに思ったり。

そんな中学時代、車好きの同級生が某間違いだらけ~を読み、いきなりワーゲンシンパに転向。
若さあふれる情熱は、なんと彼の家の愛車をカローラからゴルフへと変えさせることに成功。
バブル期とはいえ、その行動力にはひたすら感服(たんに買い替え時期だったのかもしれんが)
後に彼が愛読していた自動車誌はNAVIで、とてもわかりやすかった。


箱絵からモデル化されたのは量販グレードのTSIコンフォートラインらしい。
初代ゴルフ以来、トミカでは久々となるワーゲンのベーシックカーの出来はどうだろう?
[ 2013/08/21 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

こだわりは3吋以上 

TLVN ダイヤペット R30スカイライン
左:ダイヤペット スカイライン2000ターボGT-E・S 1/40
右:トミカリミテッドヴィンテージNEO スカイライン2000RS 1/64


まだまだR30比較ネタはつづくよ!しかも、今回は1/64vs1/40ときたもんだ!
比較に使うのはダイヤペットのR30スカイラインターボGT-E・Sで、もちろん当時物。
以前紹介したスカイラインRS&RS-Xのバリであり、レストア参考用のため、最近入手した。


トミカと違い、前期GT/RS/RSターボ、後期GT/RSターボと、しっかり作り分けたダイヤペット。
去年の記事ではトミカより出来は上と評したが、TLVNとの比較ではどうだろうか?
[ 2013/08/19 01:20 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

史上最強の1/64更新か? 

TLVN 京商 スカイラインRS
左:京商 スカイライン2000ターボRS-X 1/64
右:トミカリミテッドヴィンテージNEO スカイライン2000RS 1/64


前回に続き、トミカリミテッドヴィンテージNEOのスカイラインRSを使って、3吋比較をつらつらと。

今回引っ張り出してきたのは京商1/64のスカイラインRS-X(鉄仮面)。
京商にはビーコレで前期と後期RSターボ、サンクスにも前期/後期RSターボがある。
このうち、サンクスの前期RSはビーコレ流用にも別物にも見えるが、後期は明らかに新規の金型。
つまり、同じ金型で色々改修するトミカとは正反対のスタンスを取っているわけで、興味深い。

そして、今回はその中で一番出来がイイと思われるサンクスの後期RS-Xを使ってみたい。
発売は今からちょうど6年前、07年8月のこと。
[ 2013/08/17 02:15 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

クルマは愛か? 

TLVN TL スカイラインRS
左:トミカリミテッド スカイライン2000ターボRS-X 1/65
右:トミカリミテッドヴィンテージNEO スカイライン2000RS 1/64


今回はTLVNのスカイラインRSと本家トミカのスカイラインRS(GT)を比べてみたい。

本家のR30スカイラインは82年7月に登場し、86年12月までラインナップされていた。
しかし、ご多分にもれず、途中で金型の改修を受けたため、登場時と今の姿には違いがある。
前期GT→フロント+サンルーフ埋め→鉄仮面マスクに改修で、現在は前期型は生産できない。
個人的には前期型や後期GTなど、グリル付きが好きなので、この改修は残念だったり。


さて、本家とTLVでモデル化された車種はいくつかあるが、R30スカイラインはどうだろう?
トミカ 30スカイライン
トミカ スカイラインターボGT-E・S 1/65
[ 2013/08/16 01:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

紹介!!西部機動軍団 

2016年3月7日 画像追加
西部警察パートⅢ


自分は西部署の大門だ!要求があるなら聞こう!
なに?トミカリミテッドヴィンテージNEOのスーパーZのレビューを書けだと?

西部警察放送時、ダイヤペットが各種のスーパーZをリリースしている(プラモデルは除く)。
定番の1/40に加え、プルバック内蔵の1/60程度の3吋、さらには1/20のラジコンetc
1/40はレギュラー流用のため、2シーターになっており、3吋やラジコンも2シーターに見える。
ただし、1/40はガルウイングがオープン可能という嬉しいポイントがあった。

また、本家トミカも01年3月に西部警察・スーパーマシンスペシャルをリリースしている。
塗装や催涙弾発射装置などは再現されたが、こちらもレギュラー品流用のため、2シーター。
そのため、3吋のスーパーZとしては微妙に物足りない部分があった。
そして今月、満を持してTLVNから1/64のスーパーZが登場した。


お値段的には気軽におススメできないが、1週間お昼や晩酌を我慢すれば、問題ないはず?
そんな金額に見合った仕上がりかどうか、2回に分けてチェックしてみよう。
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ

32年目の真打ち 

2014年4月10日 画像追加
スカイラインRS
日産スカイラインRS 都内(2005年7月12日撮影)


R30スカイラインは現役時代、大小様々なスケールでモデル化されている。
プラモデルはタミヤ、ニットウ、ニチモ、オオタキ、LS、アオシマ、フジミが1/24で競作に。
もっと大きい1/20はLSとバンダイから、小さい1/32はグンゼとアオシマ(西部警察)があった。
ミニカーではトミカが1/65、ダンディは1/43、ダイヤペットでは1/40と1/30でリリースしている。
他にも、1/80くらいでプルバック内蔵のタカラのシルエットシリーズなど、多くが存在した。

これだけ出ている割りに、当時物の決定版はタミヤかタカラくらいしかない印象(私感)
最近でもDISMや京商etcからリリースされているが、なんとなくムムム?な気がしないことも…
そんな状態が長く続いた2013年夏、ついにTLVNから1/64でスカイラインRSがリリースされた。
本家トミカにも2000GT-E・Sがありながら、敢えて新規の1/64を作る以上、見逃す手はない。


ということで、回りくどく書いたが、今回はTLVNのスカイラインRSを取り上げてみたい。
TLVN スカイライン2000RS
トミカリミテッドヴィンテージNEO ニッサンスカイライン2000RS 1/64

秒殺!!機動軍団 

昨日のスカイラインRSに続き、西部警察シリーズのスーパーZを入手。

灼熱の中、16時頃に行った某量販店は既に売り切れ、2店目でも最後の1個だった。
となると、後先考えずにまずはその場で購入。
他の店も同じことが予想されるので、店頭で買う予定の方は早めのチェックがおススメ。

8月11日 画像&記事追加
TLVN 西部警察 スーパーZ
TLVN 西部警察 スーパーZ
トミカリミテッドヴィンテージNEO 西部警察PART-Ⅱ スーパーZ 1/64

パッと見では…
・ベースとなった280Z 2BY2から、しっかりスーパーZに改造されている。
・スケールや再現度を考えると、可動部分がないのはやむを得ないところか。
・ホイールはエンケイのスーパーシャークだと思っていたが、登場時に装着されていたAME182。
・だとすると、ちょっとリムが浅い気も。

そしてなにより、高い!高すぎる!って、十万石饅頭のCMみたいな感想。
出来はよくても、やっぱり3吋1台で4Kオーバーはちと考えもの(実際は割引価格だけど)。
輸入品ならアリかもしれないが、これまでに入手した3吋ミニカーの中で一番高かった。

そうそう、こんなエラーも発見
TLVN 西部警察 スーパーZ
えっ?もしかして、ガルウイングがオープンするの?
[ 2013/08/10 16:37 ] 速報 | TB(0) | CM(0)

夏の日産祭 第二弾スタート 

先ほど、今月のTLVNの新製品・スカイラインRSを入手。
たぶん、来月からのマシンRS軍団も買うだろうから、今回はガンメタ/黒をチョイス。

8月10日 画像&記事追加
TLVN スカイライン2000RS
TLVN スカイライン2000RS
トミカリミテッドヴィンテージNEO ニッサンスカイライン2000RS 1/64

パッと見では…
・3吋サイズのR30としては現時点で決定版だが、キャビン高が僅かに高く感じる。
・そのため、R30HTの全てのスケールモデルとしては、タミヤ1/24に及ばないかも。
・ライトハウジングを見ていると、なぜかバンダイ1/20のセダンRSを思い出した。


参考画像 タミヤ スカイラインGT-E・S 1/24
タミヤ スカイラインGT-ES
タミヤ スカイラインGT-ES

レビューや比較記事は次回以降の予定
[ 2013/08/09 16:28 ] 速報 | TB(0) | CM(0)

箱のヒエラルキー 

2014年2月1日 画像追加
トヨタヴェルファイア
トヨタノア
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)


前回紹介したTLのヴェルファイアを使って、トミカのノアと比較してみたい。
売れているので目にする機会も多いが、ヴェルファイアは大型、ノアは小型車サイズになる。
トミカ ヴェルファイア ノア


以前、2車に乗ったが、室内や乗り心地が普通のノアに対し、ヴェルファイアはさすがの余裕。
まあ、205万~290万のノアと、300万~595万のヴェルファイアでは違うのも当然ではある。
ところが、トミカなら同じ定価378円(360円+消費税5%)で買えるわけで、差はないはず?
ということで、トミカとTLの違いには目を瞑りつつ、早速行ってみよう!
トミカ トヨタノア
トミカ トヨタノア 1/67
[ 2013/08/09 02:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

最高級のリミテッド 

2014年2月1日 画像追加
トヨタヴェルファイア
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)


先日、いきつけの某中古店にフラッと立ち寄ったら、トミカリミテッドのヴェルファイアを発見。
何故かは知らないが、オークションや専門店ではTLのヴェルファイアに異常な高値が付いている。
当然ながら、シブチン+ミニバンに興味薄の管理人としては手を出す理由がない。

トミカリミテッド 0102 トヨタ ヴェルファイアトミカリミテッド 0102 トヨタ ヴェルファイア
(2008/12/27)
タカラトミー

商品詳細を見る



ところが、この店では相場の約1/10のプライスが下がっていたので、ネタ切れ解消にサルベージ。
家に帰って開けてみたところ、既に開封され、遊ばれた跡もあるなど、なるほど納得のプライス。
さて、TLリリース後に通常品も追加されたヴェルファイアだが、TLの出来はいかに?
TL ヴェルファイア
トミカリミテッド トヨタヴェルファイア 1/59
[ 2013/08/07 23:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

伝統の対決 

トミカ フーガ クラウン


前回の記事にも書いたが、フーガの前身はセドリック/グロリア。
長年にわたり、トヨタクラウンと日本を代表する高級車のライバル関係にあった。

これはトミカでも同じで、セドグロもクラウンも多くがモデル化されている。
クラウンは3-1の50系以来、150系以外は全てモデル化されており、相性が良い(現行型は待ち)
ところが、セドグロは130はモデル化されず、230は生産台数の少ない香港トミカ。
さらにY32~33もモデル化がなく、出るだろうと読んでいた先代フーガも出なかった。
現行シーマこそ出たけど、ちょっとセドグロ~フーガに冷たいんじゃありません、トミーさん?


なんて戯言は置いといて(でも欲しいけど)、今回はフーガとクラウンを比べてみたい。
フーガは10年9月リリースの1/64、クラウンは08年10月のリリースで1/63である。
トミカ クラウン
トミカ トヨタクラウン 1/63
[ 2013/08/06 00:50 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

雅と色気 

トミカ フーガ
トミカ 日産フーガ 1/64


絶版になった時(今年2月)に買い漏らしていたトミカのフーガを最近入手した。
6月の時点でも、行きつけの量販店に並んでいたので油断してたら、いつの間にやら…
慌てていくつかの店を回ってみたところ、某量販店で1個だけ発見し、早速サルベージした次第。
もっとも、今でもブリパならば入手は難しくないはず。

初代はモデル化されず、現行型で初のトミカ化となったフーガだが、前身はセドリック/グロリア。
つまり、香港トミカの230セドから続く、由緒正しき?血統の持ち主。
これはチェックしないわけにはいかないでしょ!
[ 2013/08/04 23:20 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

Sはここから 

2016年3月6日 画像追加
ベンツ・Sクラス


前回が京商のベンツ560SEL(W126)だったので、今回はトミカのベンツ450SEL(W116)を。

初代のSクラスとなるW116がデビューしたのは72年のこと。
オーソドックスなサルーンだが、同時期の日本車と比べ、あまり古さが感じられない。
過度に流行を追ってなく、また、モデルライフが4年サイクルでもなかったからだろう。

そんなW116がトミカの青箱F7として登場したのは76年9月のこと。
88年の青箱廃止後もNo.87に組み入れられ、92年4月まで約15年半も生産されていた。
既に91年には3代目のW140が出ており、トミカは2世代前のモデルを作っていたことに。
ちなみに、同じ76年9月に出たセドリック2800SGLは、80年7月に430に移行している。
ま、W116に限らず、青箱のラインナップは実車のモデルチェンジにルーズだった気もするが…


さて、70年代のトミカらしい繊細な出来を見せる450SELを見てみよう。
トミカ ベンツ450SEL
トミカ メルセデス・ベンツ450SEL 1/67
[ 2013/08/02 23:40 ] トミカ | TB(0) | CM(0)