3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

コンパクトカーの幕開け 

トヨタヴィッツ
トヨタヴィッツ
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)


トヨタのボトムレンジはスターレットがその座にあったが、99年にヴィッツが取って代わった。
早いもので、それから15年も経ったのねえ。でも、今見ても古く感じないのはさすがというか。
うちの近所にも1台いるが、今でも現役の姿をよく見かけるのは、このスタイルのおかげだろうか?
当時としては珍しく、コンパクトカー≠安グルマという積極的な自己主張が感じられたもんなあ。

ヤフオクやフリマでジャンクトミカをチェックしてみると、これまた結構見かけるんだよねえ。
今回紹介するトミカのヴィッツは以前にヤフオクで落札したジャンクセットの中の1台。
程度はご覧の通りだけど、レギュラー品ではなく、セットのバリエーションらしい。
トミカ ヴィッツ
トミカ ヴィッツ 1/57

実車もトミカも05年1月で絶版になったというのも不思議な縁かも。
スポンサーサイト
[ 2014/01/30 19:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

コンパクトなカーとは 

トミカ ヴィッツ
トミカ ヴィッツ 1/64


以前紹介したアクセラと同時に入手したのがトミカの現行ヴィッツ。
CR-Zに続き、昨年12月に絶版になったばかりなので、今ならまだ手に入れやすいはず。
もっとも、こちらは2011年10月の登場だから、2年2カ月と短めのモデルライフに終わっている。
う~ん、やっぱり縮小サイズは大きなお友達ならずとも不評だったんだろうなあ…

でも、1/64という国際スケールなので、他の1/64ミニカーと並べられるメリットが。
それと身近なコンパクトカーというのも実車オーナーや地味グルマ好きには魅力的では?
また、初代~3代目(現行)までの歴代モデルが全てモデル化されているのもポイント。
先祖のパブリカ~スターレットもモデル化を期待したけど、ついぞされなんだ。
[ 2014/01/29 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

スポーツカーたるもの 

ホンダCR-Zコンセプト
ホンダCR-Zコンセプト
ホンダCR-Zコンセプト2009 東京モーターショー2009(2009年11月1日撮影)


あと数日で2月になる。
なんとか2014年を迎えられたと思ったばかりなのに、もう1/12が経過するのか…

ああっと~!あと数日でトミカも値上げですやん!
120個は買えないけど、せめて直近の絶版品だけでも値上げ前に…と思い、探索してきた。
毎月2台新製品を出していることもあり、おお~!これももう絶版になってんの?な車種が多い。

そして入手したのがホンダCR-Z。昨年の11月にN-ONEと入れ替わりで絶版になった。
トミカ CR-Z
トミカ ホンダCR-Z 1/61

最近出たばかりだと思っていたら、2010年10月発売と、3年1カ月のモデルライフだったのねん。
ということは、近年のトミカの中ではロングセラーの方?
[ 2014/01/27 02:20 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

視覚と感覚 そのまとめ 

2014年2月1日 画像追加
日産スカイライン V37
マツダアテンザ
トヨタカムリ


トミカの新製品・V37スカイラインの1/66スケールは果たして小さいのか?
それとも小さく見えるだけなのか?を調べてみたが、小さく見えるだけ、という結論に至った。

では、なぜ小さく見えるのか?というと、やはり車高に原因がある。
以前のトミカの乗用車は5穴の1Hか4穴の2Fホイールだったが、最近は種類が増えているようだ。
5穴でもトレッドパターンや車軸の太さの違いで新1Hや10D、11Fetc.があり、把握しきれない。
スカイラインに使われている5穴はミラージュやラクティスなどの小型車と同じものっぽい。
トミカ スカイライン
トミカ アテンザ
トミカ カムリ
アテンザは11F、カムリは新1Hか10D? アテンザのホイールは2台より大径。
どこかの出版社から新しい「ミニカー大百科」が出ないかなあ…

という風に、2回に分けてアテンザとカムリとで比べてみたので、今回は3台をまとめてみることに。
まあ、3吋ブログではお馴染み過ぎるネタ切れの時の薄~いまとめというわけで…
トミカ スカイライン アテンザ カムリ

[ 2014/01/25 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

視覚と感覚 その2 

トミカ スカイライン カムリ


同じ1/66スケールということでV37スカイラインとアテンザを比較したのが前回。

駄菓子菓子、それだけではトミカ解体所さんの記事のパ〇リになりかねない!
そこで、名探偵明智小五郎(もちろん天知茂)の追求を逃れるためにカムリも用意した。
カムリもスカイラインやアテンザと近いボディ寸法だが、僅かに小さい1/67である。
この1/67表記がかなり正確なのは実証済みだが、1/66との差はどれくらいなのか?

トミカ カムリ
トミカ カムリ 1/67 2012年6月発売

トミカのラインナップにクラウンもマークXもない今、タクシー仕様etc.のバリ展も欲しいところ。
[ 2014/01/24 01:35 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

視覚と感覚 その1 

トミカ スカイライン アテンザ


前回はトミカのV37スカイラインとTLのV36スカイラインを比較したが、今回も比較ネタを。

昨年リリースされたトミカの中で、個人的なトミカ・オブ・ザ・イヤーなのがアテンザ。
マツダ車でセダンでドア開閉ありで初回限定カラーありと来た日にゃあ、確定でしょ。
発売直前にわかった1/66スケールが少々気になったが、現物を手にしたら雲散霧消。

では、なぜ同じ1/66スケールなのにスカイラインは小さく感じるのか?
それを知るには比べてみるのが一番手っ取り早いわけで、早速並べてみよう。
トミカ アテンザ
トミカ アテンザ 1/66 2013年10月発売
[ 2014/01/23 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

似て非なる 

トミカ TL スカイラインセダン
トミカ TL スカイラインセダン


前回に引き続き、今回もトミカの新製品・スカイラインを取り上げてみたい。
トミカのスカイラインはハコスカ以来、歴代モデルが全てモデル化されたレアな車種。
クラウンですら、15系はモデル化されてないっていうのに、スカイラインはフルコンプ。

トミカ スカイラインHT 2000GT
トミカ初のスカイライン、ハコスカ2000GT
トミカ スカイライン2000GT-E・S
スカイライン2000GT-E・S 1/65

そんな輝かしいスカイラインのトミカにあって、V37は1/66と過去最少のスケール。
とはいえ、1/65だったジャパン~R30に比べ、実車のサイズでは圧倒的にV37の方が大きい。
だから、1/66スケールを一方的に責めるのはおかしいのかも(嬉しくないけど)
しか~し、V35が1/62、V36も1/63だった以上、小さいと感じてしまうのもやむを得ない。

お前、何が言いたいねん?とシバかれそうだが、ちょうどいい大きさを吟味してほしいなと。
ギミックなしが不評みたいだが、プラモデルに馴染んでいたためか、そこまでの抵抗はない。
しかし、ドンガラが小さいのはいただけない。1/75の某アベンシスなど、もってのほか。
360円(450円)ではキツイのかもしれないが、京商サンクスと比べてみると、いかがなものか。
かたや500円+αで1/64のディスプレイモデル、かたや450円で縮小スケールでギミックもなし。
これじゃ、勝負にならんでしょ。

で、今回はちょうどいいサイズ?のV36スカイラインと比べてみたいと思う。
本来ならV36もレギュラートミカを使いたいんだが、リミテッドしか持っていない。
TL スカイライン350GT
トミカリミテッド スカイライン350GT 1/63
[ 2014/01/21 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

名前は同じでも 

TL スカイライン350GT
トミカリミテッド スカイライン350GT 1/63


前回、トミカの新製品・V37スカイラインを取り上げたので、今回はV36スカイラインをご紹介。
と言っても、レギュラー品は例によって例のごとく買い漏らしたので、トミカリミテッドになる。

V36スカイラインは国内ではあまり人気がなかったと思うが、リミテッド化したトミーには感謝。
いくらスカイラインでも、V35以降のセダンはコレクティブルな3吋ミニカーには少々地味だし。
あ~あ、不定期でも構わないから、トミカリミテッドが復活しないかなあ…

さてさて、嘆いていても仕方がないので、早速TLのスカイラインセダンを見てみよう。
[ 2014/01/20 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

目指す先は? 

日産スカイライン V37
日産スカイライン V37
日産スカイライン V37
東京モーターショー2013(2013年11月28日撮影)


今月のトミカの新製品・スカイラインを見てみよう。

現行V37スカイラインは日産ブランドなのに、インフィニティのエンブレムを持つ。
以前のスカイラインはほぼ日本専用車だったが、V35からはインフィニティでも販売されている。
そのためにS54以来のスカイライン像と決別し、新たなスタイルに生まれ変わったんだけど…
やっぱり昔のスカイラインが好きな層には受けないし、国内での存在感もイマイチなようで。

しかし、個人的にはV35、36、37の中ではV37が一番好みだったりする。
V35はフロント&リアが車格より軽く見えたし、V36はもっさりしたスタイルがちょっと重い気が。
その点、V37はフロントマスクもスタイルも幾分かシャープになったと思う。

トミカ スカイライン
トミカ スカイライン 1/66
[ 2014/01/19 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

ブランドは? 

先ほど、今月のトミカの新車・スカイラインを入手。
スケールは少々小さめ?の1/66でギミックなしだが、ボディの再現度は高め。

で、某巨大掲示板にも書かれていたが、箱に書かれた車名は“スカイライン”のみ。
日産ブランドなのにインフィニティのエンブレムが付いているから、困っちゃうよねえ…

トミカ スカイライン
トミカ スカイライン
トミカ スカイライン
トミカ スカイライン
トミカ スカイライン 1/66

縮小&ギミックなし路線の悪夢再びか?
しかも来月からは450円だし、トミカの行く末や、いかに…
[ 2014/01/17 17:05 ] 速報 | TB(0) | CM(2)

3吋でも国際派か? 

トミカ アクセラスポーツ
トミカ アクセラスポーツ 1/61


先日も書いたが、トミカが2月1日から360円→450円に値上げされる。
そのために店頭で品薄になっているとのネット情報を受け、某量販店に確認に行ってきた。
ちょっと~、どこが品薄なのよ~!ちゃんと並んでるじゃないの~!
と、激おこプンプン丸な気持ちを抑えるため、買い漏らし組の絶版トミカを買うことにした。

アクセラスポーツは買いたいリスト上位にもかかわらず、買い漏らしていた1台。
何がイイって、ファミリアの血筋で1/61のスケール感、そして美しいブルーのボディカラー。
値上げするんなら、最低限これくらいのクオリティは維持してよねん。

そのうち新型アクセラもトミカでモデル化されるんだろうか?
マツダアクセラ
マツダアクセラ
東京モーターショー2013(2013年11月28日撮影)

スポーツは大丈夫だけど、セダンはミニアテンザだから被っちゃうかなあ…
[ 2014/01/16 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

21世紀目前 

トヨタ Will Vi
トヨタ WiLL Vi
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)


今では忘れられてしまったが、1999~2004年にWiLLという異業種合同プロジェクトがあった。
花王、トヨタ、松下電器、アサヒビール、近畿日本ツーリストが顔を揃えたのに、結果は…
参加企業はマーケティングやブランディングの難しさを認識したらしいが、管理人は全く門外漢。

しかし、管理人はこのプロジェクトをしっかり覚えている。
なぜなら、我が家には今でも花王のWiLLクリアミストの空スプレーボトルがあるからだ。
結構重宝してたんだよねえ、WiLLのクリアミスト。

そしてもうひとつ、当時の管理人を驚かせたのがトヨタのWiLL Vi。
トヨタがトヨタの枠に収まらないような車をプロジェクトのためにわざわざ作るのかあ…と。
今になって思えば、トヨタだからこそ出来た芸当だったんだろうけど。
そんなWiLL Viもトミカはしっかりとモデル化している。
トミカ WiLL Vi
トミカ WiLL Vi 1/60

子供向けのミニカーにもうってつけのスタイルだよねえ。
レギュラー品なのにボディカラーが変なのは、デジカメのホワイトバランスが変だから…
[ 2014/01/15 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

われら三菱党 たびたび 

トミカ ランサーエボリューションⅦ GT-A
トミカ ランサーエボリューションⅦ GT-A 1/60


我が家は中古のカローラ30→トレディア→ギャラン1.8Viento→ギャラン24Vientoに乗っていた。
そして昨年からコルトプラスになり、ギャランは義弟のアシになった。妹はまだiに乗っている。

一家そろって三菱党なの?と思われそうだが、最初に買ったのが三菱ディーラーだっただけのこと。
それがカローラ30というのがなんとも…だが、トレディア以降は完全に三菱車に占有されている。
あっ、でも、そういえば、妹の最初の愛車はトゥデイだったような記憶が。
ま、あわてないあわてない。ひとやすみひとやすみ…

って、終わってる場合じゃないよ!
我が3吋&1/40&1/24コレクションの中での三菱車占有率は結構低め。
モデル自体も少ないが、そのうちに…のいつもの悪い癖で買い漏らしたものも多い。
今回紹介するランサーエボリューションⅦもそのひとつで、昨年の千店フリマでようやく入手した。

トミカのレギュラー品は2002年1月に追加されたAT仕様のGT-Aをモデル化している。
[ 2014/01/13 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

20世紀の未来 

トヨタプリウス
トヨタプリウス
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)


1990年代半ばから末にかけて、管理人が買ったトミカは少ない。
思い出してみても、初代プリメーラ、初代セリカ(特注)、初代マークⅡ(特注)くらいか。
その頃はプラモデルばかり作っていたし、トミカのラインナップも魅力が薄かった。

加えて、新車が少ないうえに、クオリティも下がっていたのも理由のひとつ。
先述のプリメーラは車種がツボだったので買ってはみたが、なんだかブサイク…
そのため、すぐに幼かった従兄弟の息子にあげてしまったと思う(記憶はあやふや)

それでも90年代末頃にはクオリティも改善され始め、2000年からの攻勢に繋がっていった。
今回取り上げる初代プリウスも99年6月のリリースと、90年代末期のモデルである。
入手したのは3年くらい前のフリマで、前回のシーマに比べると、ジャンク度数は高め。
トミカ プリウス
トミカ トヨタプリウス 1/58
[ 2014/01/11 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

物価と価格 

2015年10月12日 画像追加
2015/07/24
2015/07/24
都下(2015年7月24日撮影)


既にご存じの方も多いと思うが、2月からトミカが値上げすることになった。
レギュラー品は360円→450円、ディズニーは750円→800円、カーズは700円→800円になる。
管理人が子供の頃は320円(1981~91年)だったから、32年間で40円しか上昇していない。
卵は物価の優等生と言われるが、トミカだって工業製品としては充分以上に優等生だろう。

しかし、最近のトミカは小さかったり、別パーツがなかったり、コストの苦しさが見えていた。
それでも管理人みたいにトミカの魅力を感じたい人もいるわけで、苦渋の決断しかなかったはず。
だから値上げについては問題ないと思うし、よくぞここまで360円で頑張ったという思いだ。
ただし、450円なのにスケールが小さかったり、ギミックがないような新車では、ちょっとねえ…

今回紹介するのはトミカのシーマ。当時の販売価格は320円→360円(89年8月~00年12月)
この初代シーマは新車価格で500万+αだったが、シーマ現象と言われたほど、売れに売れた。
現行シーマのトップグレードの新車価格は840万+αだが、トミカの現行シーマは¥360→¥450。
25年で実車のスタンスは変わってしまったが、かたや340万、かたや130円の上昇である。
やっぱり、トミカの価格の優等生ぶりを感じられるのではないだろうか?(強引?)

トミカ シーマ
トミカ シーマ 1/63
[ 2014/01/10 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)

マシンとレーシングスポーツ 

TLVN マシンRS-2 スカイラインRS


今回もネタ切れにつき、TLVNのマシンRS-2とノーマルのスカイラインRSを比べたい。
えっ?以前にも同じような記事を見たことがあるって?
いや~、なにをおっしゃってるんだか、さっぱりわかりませんなあ。
山田君、座布団全部持っていきなさい!

TLVN マシンRS-2 スカイラインRS

[ 2014/01/08 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

1と2 

TLVN 西部警察 マシンRS-1 RS-2


前回、TLVNのマシンRS-2を紹介したので、今回はRS-1と比べてみたい。
基本ボディは同じだし、RS-1&2と3ほどの目立った違いはないんだが、ネタ切れということで…

当然比較に使うのは
TLVN 西部警察 マシンRS-1
トミカリミテッドヴィンテージNEO 西部警察PARTⅢ マシンRS-1 1/64


[ 2014/01/07 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

3吋フォーメーション その2 

TLVN 西部警察 マシンRS-2


前回も紹介したとおり、自分の誕生日プレゼントとして、TLVNのマシンRS-2を入手した。
何度も書いたが、本放送時から今に至るまで、RS軍団の中で一番好きなのがこのRS-2。
RS-1とRS-3はルーフに大きな赤色灯を載せており、覆面パトの体をなしていない。
その点、RS-2はボディサイドに赤色灯が隠されており、パッと見はド派手なスカイラインRS。

やっぱり覆面パトの魅力って、普通の車が赤色灯を載せて走る姿だと思うんだよねえ。
そんなわけで、ひねこびたガキだった管理人はRS-2orマシンRSに惹かれていた。

アオシマの1/24&1/32西部警察シリーズが再販された時もマシンRS&RS-2だけ製作。
アオシマ マシンRS RS-2
マシンRS-2 マシンRS アオシマ 1/24

さあ、待望のRS-2を詳しく見てみよう。

15でございます 

雷門 20140104


昨日1月4日は何の日だったかご存じだろうか?

えっ?丹古母鬼馬二の誕生日?ドラマ版の「おやこ刑事」、見てみたいよねえ~
えっ?石橋雅史の誕生日?Gメンで見せた空手技は伊達じゃないよねえ!
えっ?竹内力の誕生日?「101回目のプロポーズ」の頃は爽やかだったんだけどなあ…

って、大切な人をお忘れじゃありませんか!
1月4日は管理人の生誕記念日であり、3吋帝国の祝日である。
ま、3吋帝国は管理人の脳内だけに存在する国なんだけど…

それにしても、昨年も書いたが、年々誕生日が嬉しくなくなってくるとは思わなんだ。
このトシでこんな未熟者では、ヒッジョーにキビシー!とタケモトピアノみたく感じてるけど…
今後年齢を聞かれたら、バカ殿様の由紀さおりみたいに「15でございます」と答えることにしよう。

浅草寺 20140104

てなわけで寒風吹きすさぶ中、去年と同じように浅草寺に初詣に行ってきた。
17時過ぎに到着したんだが、まあ参拝客が多いのなんのって、最後尾の看板が出ていたくらい。
しかも2列に分かれ、本堂に向かって牛歩で進んでいくこと15分、ようやく賽銭箱が見えてきた。
じっくりと神様にお祈りをして、新しいお守り&厄除札を求め、おみくじを引くと
浅草寺 20140104
なんと大吉。こうなれば、今年はアクティブに行かないともったいないネ

その足で秋葉原に行ったところも去年と(一昨年も)同じなので、成長してないなあ。
成長してないついでに某中古店で3吋ミニカーを探すも、めぼしい物にはめぐり合えず。
じゃあ、近所の某ショップはどうよ?と思い、行ってみたら…

派手好みなのは? 

2014年4月4日 画像追加
三菱ギャランΛ
三菱ギャランΛ
都内(2008年5月24日撮影)


昨年も書いたが、1月2日は我が父の誕生日だった。
冗談も通じないような性格で、今どき珍しいくらいの堅物である、というのも書いたとおり。
だから浮気もしたことないし(推測)、毎日帰宅前には電話をかけてくるマメさ。
それでも最近は2歳半の姪と、12月に生まれた2人目の姪に眉を下げっぱなしらしい。
いやはや、なんでこんな真面目人間の息子がここまでチャランポランなのか…

それはさておいて、これまた以前にも書いたが、父が若いころ欲しかったのがギャランΛ。
あんな真面目な親父でも、派手なΛに惹かれるところがあったのかあ…と思ったり。
まあ、ΛもΣも買えず、結局は中古のカローラ30になったんだけど。

ということで、今回はギャランΛのカタログをご紹介したい。
トミカ ギャランΛ
トミカ ギャランΛ

[ 2014/01/03 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(6)

新春 

あけましておめでとうございます
本年も特には役に立たないであろう駄文をつらつらと書いていくつもりです
なので、昨年に引き続き、生ぬるい目でニヤニヤご愛読いただければ幸いかと。

さて、今年は午年ということで、
トミカ TLV TLVN ギャラン
トミカ TLV TLVN ギャラン
トミカ TLV TLVN ギャラン
仔馬を意味するコルト(ギャラン)~ギャランの3吋ミニカーを集めてみたり。

今年は2代目ギャラン(ニューギャラン)や歴代Σ&ディアマンテをトミテクさんにリクエスト。
もちろん午年に関係なく、トレディア/コルディアや歴代ランサー、ミラージュもお願いしないと!
そうそう、三菱だけでなく、歴代のカローラやコロナ、サニーにカペラにファミリアにシャルマンに…
いやはや、まだまだモデル化を熱望したい我々好みのセダンも多いのねん。

ということで、今年も3吋や1/40、1/24をちまちまと集めたいと思ふ。
[ 2014/01/02 06:00 ] 番外編 | TB(0) | CM(6)