3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

Rの紋章 

京商 スカイラインGT-Rオーテックversion
京商 スカイラインGT-R オーテックversion 40thANNEIVERSARY 1/64 2011年


最近でこそセダンも増えたが、スカイラインの3吋といえば、2ドアが圧倒的に主流だった。
ジャパン(ノーマル)やR30、32のセダンは今もモデル化されてないし、出る気配すらない。
ましてや、人気薄だった33スカイラインのセダンが3吋化されるなんて、誰が予想しただろう。

駄菓子菓子、その33スカイラインセダンが1/64でリリースされるという出来事が!
3吋どころか、1/24やラジコンですら出ることはないと思ってただけに嬉しい誤算だわ~!
しかも、京商サンクスとくれば、クオリティは間違いないでしょ!
さらにセダンはセダンでも、GT-Rオーテックバージョンというツボなチョイスときた。

実車はセダンをGT-R化したのではなく、2ドアをベースに新規のRドアとRフェンダーを装着。
そのため、2ドアクーペにRドアを追加した改造車扱いになる。
ということは、厳密にはこのモデルも2ドアってことかしらん…?
ま、気にしない、気にしない、ひと休みひと休み
スポンサーサイト
[ 2014/02/28 06:00 ] 京商 | TB(0) | CM(0)

すべての第一歩 

2016年3月6日 画像追加
セドリック
セドリック


トミカリミテッドヴィンテージが10周年ということで勝手に記念をしているが、今回も記念記事。
ということで、TLV第一弾の中から初代セドリックを取り上げたい。

本家と違い、TLVは絶版になろうが、しっかり公式HPに今までの全ラインナップが載っている。
その中で記念すべきLV-01をナンバリングされているのがこの初代セドリック。
そう、TLVはクラウンでもグロリアでもなく、このセドリックから始まったのでR。
もっとも、単に実車のデビュー年月が一番早かっただけじゃないかと思わなくも…

・セドリック…1960年4月
・グロリア…1962年9月
・クラウン…1962年9月発表(10月発売)

いずれにしろ、昭和30年代の車をモデル化するとなると、車種選択は大いに絞られるはず。
昔のミニカーを考えても、第一弾がセドリック、グロリア、クラウンなのは納得できる。
TLV ニッサンセドリック
トミカリミテッドヴィンテージ ニッサンセドリック 1/64

記念すべき初物 

2016年3月6日 画像追加
プリンス グロリア
プリンス グロリア


先月で発売開始から10年が経過したトミカリミテッドヴィンテージ。
発売前はかなり期待していたが、いざ発売されると、長期間売れ残っているのを目にした。
最初のセドリック、クラウン、グロリアだけでなく、次のブルーバード、コロナ、スカイラインもだ。
WHY?と思ったが、そういえば自分も買ってないじゃん。その理由としては

1…トミカリミテッドにしては値段が高い(本家とトミテクの違いを知らなかった)
2…車種が古くて、ほとんど親しみがない(クラウンとコロナは近所に存在していた)
3…ず~っと残ってたら、特売で安くなるかも

というところだったと思う。

しかし、いつの間にやら店頭在庫がなくなり始め、慌てて買ったのが今回のプリンスグロリア。
まごうかたなき、管理人が初めて買ったトミカリミテッドヴィンテージである。
あれから10年、TLV&Nに対する印象はいまだに1と3のままだったりするような…
TLV プリンスグロリア
トミカリミテッドヴィンテージ プリンスグロリア 1/64

ひと昔 

2014年4月10日 画像変更
トヨペットクラウン
トヨペットクラウン
アムラックス東京(2011年12月18日撮影)


このところトミカのクラウンネタが続いたので、その勢いに便乗することに。

トミカが初めて発売されたのは1970年9月のこと。
当時は(今も)子供向けの玩具ということもあり、身近で新しい車がモデル化されている。
そして、最初に選ばれた6台の中にクラウンも入っていた(なぜか前期型だけど)

それ以前の型落ちした車のモデル化は、80年7月のホンダS800とダイハツミゼットが初。
73年4月にダットサン1号もリリースされているが、これはどちらかといえばクラシックカーの範疇。
また、青箱で80年2月にベンツ300SLもモデル化されたが、こちらはそんなに身近じゃない(はず)
ということで、子供向けのトミカで旧車がモデル化されることは今もって多くない。

やがて時代は流れ、ミニカーが子供の玩具だけじゃない時代がやってきた。
そして“もしも、トミカが昭和30年代に誕生していたら…”をコンセプトにしたTLVの誕生である。
その第一弾として選ばれた3台の中に勿論
TLV トヨペットクラウン
トミカリミテッドヴィンテージ トヨペットクラウン 1/64 2004年発売

もラインナップされていた。あれからもう10年が経ったのねん…
今は感じないが、もしも昭和30年代にトミカが~なのに、精密モデルなのは違和感があったなあ。
もっとも、今の目で見ると、仕上がりに玩具と精密モデルとの間の迷いが見えるようで、興味深い。

ピンクの〇〇〇〇 

トミカ クラウンアスリート ニュークラウン


トミカのピンクラへの不評の中でも、特に多く聞かれるのが「小さい」という意見。
先々~先代は1/63だし、その前のS170は1/62ときた日にゃあ、小さく感じるのも仕方ない。
それに、1/66というスケールは歴代の中で2番目の小ささ(1番はクラウンパトカーの1/69)。
「これじゃ、もうトミカは卒業だよ!」という波に繋がりかねず、まさにPINKのCHAO状態


おニャン子世代じゃないのに、今でも普通に歌えたりするのよねん。

しかし、管理人が子供の頃は1/65だったので、1/66でもいいのでは?と思わなくもない。
そこで、1/65時代のクラウンと比べてみようという、とても安易 公平な検証を行ってみたい。
トミカ ニュークラウン
トミカ ニュークラウン 1/65 1972年7月発売 (これは30周年復刻版)

トミカのS50~S120までのクラウンの中で、一番良く出来てると思うのよねえ。
[ 2014/02/21 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

アスリートの名はふさわしいか 

2014年4月12日 画像追加
クラウンアスリート
都内(2007年6月26日撮影)


これまでトミカでモデル化されたクラウンは大抵がロイヤルサルーンetcの高級グレード。
中にはグレード表記のないモデルもあるが、

・クジラクラウン…箱絵はスーパーDX、グリルはスーパーサルーン
・S120クラウン…箱絵がロイヤルサルーンorロイヤルサルーンG
・S130クラウン…箱絵もトミカもワイドボディなのでロイヤルサルーンorロイヤルサルーンG
・S140クラウン…でもぉ、マジェスタってお高いんでしょう?(A/B/Cグレード)

ということで、高級グレードと判断できる(一部私感あり)

しかし、S170クラウンはハイブリッド(ロイヤルサルーン)とアスリートの2本立てになった。
先に出したハイブリッドをベースに、追加パーツとディテールの変更でアスリートに仕立てている。
Y34セドリックとグロリアも同じ手法でリリースしており、手軽にラインナップを増やすことが可能。
もっとも、ツボをしっかり押さえた演出はなかなかニクい。
トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート 1/62 2003年1月発売

今回は新旧のクラウンアスリートを比べてみよう。
トミカ クラウンアスリート
[ 2014/02/20 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

王冠は受け継がれたか 

トミカ クラウン


今月のトミカ・クラウンアスリートが1/66という微妙な大きさなのはしつこいくらいに書いた。
トミカのクラウンは70年(S50)~88年(S120)まで1/65だったが、同年のS130からは1/63に。
コスト削減のための裏板共用が理由だが、その後も1/62~1/64スケールを採用してきた。
それだけに、ピンクラの1/66に否定的な意見が出るのはいたし方ないところ。

しかし、スケール以外に差はないんだろうか?
ということで、今回は先代のS200クラウンと比較してみたい。
トミカ クラウン
トミカ クラウン 1/63
[ 2014/02/18 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

ももいろク〇〇〇 

トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート 1/66


前回紹介した通り、待ちに待ったトミカの2月の新製品・クラウンアスリートを入手した。
先月のスカイラインもドア開閉なしの1/66だったが、こちらのボディカラーは常識的。
しかし、クラウンはレギュラー品なのに、実車では限定受注だったピンクをチョイス。
さらに先代(1/63)よりも小さい1/66スケールで、ドアの開閉ギミックなし。

先月までだったらこの仕上がりでも、多少大目に見てもらえたかもしれない。
しかし、今月から値上げした以上、それを納得させるものがないと厳しいはず。
見る前から既に不利な条件ばかりのピンクラだが、挽回できる+αはあるだろうか?

クラウンアスリート
東京モーターショー2013(2013年11月28日撮影)
[ 2014/02/17 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(4)

もう、ぜんぶ雪のせい 

トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート 1/66


トミカの今月の新製品・クラウンアスリートを昨15日に入手。

いつもの早売りの店にあるかなあ?と13日に行ってみたが、まだ並んでおらず。
で、14日夜の帰宅途中に某量販店に寄ったところ、トミカケースの中にピンクラを発見!
これは買うしかないでしょ!と92番の棚を見たところ、そこにはラクティスしか並んでいない。
トミカの棚で作業している店員さんがいたので、「クラウンください」と言いたかったが、帰宅。

正式な発売日は15日(土)だし、そこまで無理強いするのもなんだか違うからねえ。
ということで、昨日の帰宅途中に再び某量販店に寄り、ようやく入手に至った。
ついでにいつもの早売りの店にも寄ってみたが、こちらはまだ並んでなかった。
これはやっぱり、

ぜんぶ雪のせいだ

ろうか?え?しつこい?

さあ、早速箱を開けてみてみましょ!と思いきや
トミカ クラウンアスリート
おやおや~、シュリンクパックが。これは某量販店のサービスかしら~?と箱をチェックすると
トミカ クラウンアスリート
材質表示の欄に“外装フィルム:PP”という新たな表記が(PP=ポリプロピレン)

さてさて、フィルムを破り、箱を開けてみると
トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
これはまごうかたなきピンククラウン!もうちょい寄って見てみましょ
トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
う~ん、1/66スケールはまあいいとして、値上げしたのにギミックなしなのはちょっと…

もちろん、詳細は次回以降
[ 2014/02/16 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

白の変化 

2014年10月30日・12月5日 画像変更
西部警察
西部警察
西部警察


今回も引き続きTLVN西部警察シリーズVol.2と10の比較。当然ながら今回は白パトに。
単なるホイール変更かと思いきや、細部に微妙な変更があったわけで、白パトも何か違うのか?

TLVN 西部警察 セドリックパトカー

[ 2014/02/14 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

黒の進化 

2014年12月5日・9日 画像変更
西部警察
西部警察
西部警察


今回はTLVNの西部警察シリーズから、Vol.2と10の黒パトを比べてみたい。
Vol.2リリースが昨年2月だったので、1年が経過しているが、変更点はホイールだけだろうか?

TLVN 西部警察 セドリックパトカー
[ 2014/02/12 21:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

西部署管内のその後 

2014年12月5日 画像変更
西部警察


前回書いたとおり、TLVN西部警察シリーズVol.10の430セドパトカーセットを入手した。
さすがに少々飽きてきた感もあるが、結局はトミテクの思うツボにハマってしまう。
ま、そういう層を狙ってるんだろうし、ニッチな市場で需要と供給が成立してるんだろうねえ。

さて、Vol.10の2台を見てみよう
西部警察

雪のせいだ 

本日、TLVN西部警察シリーズの430セドリック黒/白パトセットを入手。
帰宅途中に某量販店で、といういつものコースなのに、いつもの倍以上の時間がかかったのは

ぜんぶ雪のせいだ。

と、JR東日本のCM風に言ってみる。駅に貼ってある川口春奈のポスターが欲しいのは内緒の話。

2月9日 画像追加
TLVN 西部警察 セドリックパトカー
トミカリミテッドヴィンテージNEO 西部警察 VOL.10
TLVN 西部警察 セドリックパトカー
TLVN 西部警察 セドリックパトカー
2台とも西部警察シリーズVol.2のホイール替えだけかしらん?
トミテクのHPでは黒パトのホイールはゴールドのメッシュだけど、実物はシルバーになっている。

いつも通り、詳細は次回以降
[ 2014/02/08 21:37 ] 速報 | TB(0) | CM(0)

ミニカーの進化か?進化のミニカーか? 

トミカ TL ランサーエボリューションX
TL トミカ ランサーエボリューションX


前回トミカのランエボXを取り上げたので、今回はトミカとトミカリミテッドを比べてみよう。

昔のトミカはあり得なさそうなビビッドなボディ色や内装色など、“おもちゃ”の面が強調されていた。
勿論、今だって子供のおもちゃだが、実車と同じようなボディ色や内装色でリアル感がある。
そんな進化ぶりはまさに、ミニカーのエボリューションや~!@彦摩呂風に

というわけで、ミニカーのエボリューションというか、エボリューションのミニカーを見てみよう。
比較に使うのは当然
TL ランサーエボリューションX
トミカリミテッド ランサーエボリューションX 1/61
[ 2014/02/08 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

スリーダイヤは輝いているか 

トミカ ランサーエボリューションX
トミカ ランサーエボリューションX 1/61


値上げ前日にまとめ買いしたトミカの中で、唯一サック箱入りだったのがランエボX。
絶版品でもないし、TL版も持ってるんだし、買わなくてもいいじゃん!と思った貴方、お立ち!
あ、すいません。特になにもないので、座っていただいて結構です。

三菱党でセダン好きの管理人にとって、三菱のセダンであるランエボXは見逃せない。
しかも、Xは歴代のランエボの中でも№1のグッドルッキング。
これは手元に置いて、ブーブーしてニヤニヤしない手はないでしょ。
さらに、いつかトミカのジャンクを入手して、フォルティスにしてやるZE!と秘かに決めてたり。

そんな管理人のトキメキを呼ぶトミカのランエボXを見てみよう。
[ 2014/02/07 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)

その日 

トミカ コロナマークⅡ
トミカ トヨタマークⅡ 1970年 180円 ※画像は30周年復刻版
トミカ サバンナGT
トミカ マツダサバンナGT 1973~78年 180円~240円
トミカ 86レビン
トミカ トヨタカローラレビン 1983~87年 320円
トミカ レガシィ
トミカ スバルレガシィ 2003年 360円


何度かブログに書いたが、2月1日からトミカが450円に値上げされた(レギュラー品)。
1991年以来、23年ぶりの値上げだが、経済ニュースでも取り上げられるなど、話題になった。
昨日まで360円で買えたものが、今日から450円になるという衝撃は結構大きいのでは?

そんな値上げ前日の1月31日、時間に余裕があった管理人は絶版トミカを探す旅に出た。
ま、旅と言いつつ、沿線+都心の量販店やスーパーをまわっただけなのはここだけの話。
それに絶版と言っても黒箱やプレミア品ではなく、定価で買える店頭在庫である。
当然ながら、最近絶版になった車種ばかりで…
[ 2014/02/05 06:00 ] 番外編 | TB(0) | CM(2)

ヒップは誘う 

トミカ ヴィッツ ミラージュ ティーダ


トミカのヴィッツを使ったネタをもうひとつ。

受けがいいのかはよくわからないが、日本のコンパクトHBのリアスタイルは似ていると思う。
特にリアドア~Cピラーの処理なんて、結構似てるでしょ(私感)
もちろん全部が全部というわけでもなく、マーチフィットデミオは我が道を確立した感もある。

しかし、上の3台は似ている気がする。また、ここにはないが、スイフトも似てるような。
トミカ ティーダ
トミカ ティーダ 1/60
トミカ ミラージュ
トミカ ミラージュ 1/59

今回はこの3台を使って、本当に似ているのかを比べてみたい。
トミカ ヴィッツ ミラージュ ティーダ

[ 2014/02/03 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

ダイエットの必要性 

2016年3月11日 画像一部更新
トミカ ヴィッツ


この3回、トミカの初代~3代目ヴィッツを紹介してきた。
そこで今回はトミカの歴代ヴィッツを比べてみようという、ネタ切れの時のお手軽企画。

実車のボディサイズは

初代  全長:3610~3660mm 全幅:1660mm 全高:1500~1510mm HB:2370mm
2代目 全長:3750~3800mm 全幅:1695mm 全高:1520~1540mm HB:2460mm
3代目 全長:3885~3930mm 全幅:1695mm 全高:1500~1530mm HB:2510mm

と、FMCの度にボディが大きくなっており、いかにも日本的。
今のヴィッツは我が家の昔の愛車・カローラ30とあまり変わらないのねえ。

カローラ30 1400Hi-Deluxe
全長:3995mm 全幅:1570mm 全高:1375mm HB:2370mm
75年3月 カローラ
75年3月 カローラ
75年3月 カローラ
74年4月 カローラHT
全幅なんて1570mmしかなかったし、ホイールベースも2370mmだわさ。

しか~し、トミカでは1/57→1/59→1/64と、現行型は縮小化の波をもろにかぶってしまった。
なんとも不運なめぐり合わせとしか…
トミカ ヴィッツ
[ 2014/02/02 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

コンパクトな進化 

トミカ ヴィッツ
トミカ ヴィッツ 1/59


前々回も書いたが、ヴィッツは初代~3代目(現行型)までトミカでリリースされている。
2代目はギリシャ人デザイナーの手による初代に比べ、かなりトヨタ車的なスタイルになった。
この2代目もかなり売れたが、インパクトという点では初代に敵わなかった(と思う)
また、各社ともコンパクトカーに力を入れてきたのもその理由のひとつ。

それでもトミカは初代に続き、2代目もモデル化している。
実車がひとまわり大きくなったので、トミカも1/57から1/59にスケールダウン。
しかし、作風&クオリティが向上してきた05年10月リリースとくれば、これは見逃せないでしょ!
と言いつつ、管理人は去年の千店フリマでようやく入手したんだけど…
[ 2014/02/01 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)