3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ひと昔 

2014年4月10日 画像変更
トヨペットクラウン
トヨペットクラウン
アムラックス東京(2011年12月18日撮影)


このところトミカのクラウンネタが続いたので、その勢いに便乗することに。

トミカが初めて発売されたのは1970年9月のこと。
当時は(今も)子供向けの玩具ということもあり、身近で新しい車がモデル化されている。
そして、最初に選ばれた6台の中にクラウンも入っていた(なぜか前期型だけど)

それ以前の型落ちした車のモデル化は、80年7月のホンダS800とダイハツミゼットが初。
73年4月にダットサン1号もリリースされているが、これはどちらかといえばクラシックカーの範疇。
また、青箱で80年2月にベンツ300SLもモデル化されたが、こちらはそんなに身近じゃない(はず)
ということで、子供向けのトミカで旧車がモデル化されることは今もって多くない。

やがて時代は流れ、ミニカーが子供の玩具だけじゃない時代がやってきた。
そして“もしも、トミカが昭和30年代に誕生していたら…”をコンセプトにしたTLVの誕生である。
その第一弾として選ばれた3台の中に勿論
TLV トヨペットクラウン
トミカリミテッドヴィンテージ トヨペットクラウン 1/64 2004年発売

もラインナップされていた。あれからもう10年が経ったのねん…
今は感じないが、もしも昭和30年代にトミカが~なのに、精密モデルなのは違和感があったなあ。
もっとも、今の目で見ると、仕上がりに玩具と精密モデルとの間の迷いが見えるようで、興味深い。
スポンサーサイト