3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

逆転の3吋 

ダンディ トミカ セドリック4ドアHT


毎年恒例だが、夏バテ&急な冷え込みで体調がダウン気味。
それで、ブログを書く気力までときたから困ったもんだ。
ネタはちょこちょこ集めてるんだけど、すぐブログに活かせるわけでもなかったり…
てことは、アリモノのネタしかないわけで、今回はダンディのY30セドリックを比較してみよう!

比べるのはもちろん
トミカ セドリック4ドアHT
トミカ セドリック4ドアHT
トミカ セドリック4ドアHT 1/65

画像はパトカーだけど、使うのはロードゴーイングVer.になる。
スポンサーサイト
[ 2014/08/29 22:30 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

80年代半ばの空気 

2014年11月19日 画像変更&更新
特捜最前線



ヤフオクをチェックすると、トミカやダイヤペットと比べてダンディの出品は少々少なめ。
トミカとダイヤペットはカテゴリがあるのに、ダンディはカテゴリもなく、冷遇されてる感も…
しかし、だからこそ、じっくり探してみると意外な出品を見つけられる可能性もあるわけで。

今回も、前回のシルビアHBとセットで落札したダンディのミニカーをご紹介。
このセットはトミカのカテゴリで発見、1巡目は様子見し、2巡目でも他に入札がなく、落札した。
もっとも、このセットは3台で、あとの1台こそが本命で、しかもダイヤペットなのが管理人っぽい?
まあ、その本命は既に記事で取り上げたミニカーのドナー用なんだけど…

で、カンのいい人ならお気づきと思うが、今回取り上げるミニカーは…
西部警察パートⅢ

[ 2014/08/27 06:00 ] トミカダンディ | TB(0) | CM(4)

忘却の80年代 

ダンディ シルビアHB
ダンディ シルビアハッチバック 1/43


このところ、ダイヤペット者としてその魅力を語ったが、再びトミカ者の輪に入ることに。

え?しれっとなりすまそうったって、この桜吹雪を見忘れたとぁ、言わせねえぞ!だって?
いえいえ、何をおっしゃいます、お奉行様!
この私めが手ブラ(個人的にはまったくグッと来ない) 手ぶらなわけがございません!
トミカ者である証拠をしっかりと用意してございますよ!

ということで、今回は2代目マークⅡ以来、約2年ぶりにトミカダンディを取り上げたい。
そして、その車種は4代目シルビアHB(S12)と、今となってはなんとも微妙なチョイス。

旧車としての人気は薄いが、それ以前に現役時代もあまり人気がなかった記憶が。
ヒット作の3代目(S110)と大ヒットの5代目(S13)の挟間なのも、印象の薄さに拍車を。
でも、同時代の2代目プレリュードや86トレノetc.と近いスタイルなんだけどなあ(私感)

うろ覚えだけど、デビュー時はかなり未来的なスタイルに見えたのよねえ。
ちなみに小坊の時、社会科見学の自動車工場で生産されていたのがS12シルビアだった、
というのは何度も書いているし、管理人の心に残る車には違いない。
そうそう、日東(ニットー)のプラモデルも作った記憶もあるし、本当は好きなのかも?

ニットー シルビア
ニットーのシルビア(拾い画)。同じシリーズにフェアレディZ(Z31)もあった。
スケールは1/32か、もっと小さかったような気も…

[ 2014/08/24 06:00 ] トミカダンディ | TB(0) | CM(0)

時代はどっちに 

ダイヤペット トミカ ブルーバードSSSターボ


気が付くと、8月ももう下旬。

今月のトミカやTLV&Nの新製品はおろか、先月のムスタング2種すらも未入手。
先日、某量販店に行ったんだけど、TLVNの330グロリアがどこにも見当たらなくてさぁ…
まあ「仙台爆破計画」の331or332でもいいんだけど、それだと先月の黒パトと被るし…
てなわけで、夏バテでダウンした体調とネタ切れのため、今回は定番の比較を。

もちろん、比較するのはダイヤペットとトミカの910ブルに決まってますわよ!
子供の頃からセダン好きだった管理人は、ダイヤペットが2ドアHTを出したのは少々残念だった。
とはいえ、HTの微妙な出来を見るにつけ、この造形レベルでセダンをモデル化したとしても…
そんな、4歳とは思えない生意気な子供心にグッときたのがトミカの910ブル。

トミカ ブルーバードSSSターボ
トミカ ブルーバードSSSターボ
トミカ ブルーバードSSS-X・G 1/64 1981年1月発売

実車と同じようなカッコ良さだし、何といってもセダンなのが嬉しいポイント。
[ 2014/08/21 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)

お前の時代なのか 

ダイヤペット ブルーバードSSSターボ
ダイヤペット ブルーバードSSSターボ


前回、レストア用のドナーとしてダイヤペットのブルーバードSSSを入手したことを書いた。
しかし、これだけのジャンクだと

・ルーフやピラーの再生&復元にはどの金属orパテor他の材質を使うか?
・キャビン&サイドシルを接合するにはどの接着剤or接合方法がベストか?
・本来のイマイチなスタイルに戻すべきか?アレンジして実車に近づけるべきか?

等々、解決するべき課題も多く、すぐに取りかかれないのが現状。
ダイヤペット ブルーバードSSSターボ ジャンク
ダイヤペット ブルーバードSSSターボ ジャンク
とはいえ、少しでも元に戻してあげたいよねえ…

さて、今回は軽めのネタとして、ダイヤペットの箱を見てみまひょ。
[ 2014/08/19 00:30 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(0)

時代はやってきたのか 

ブルーバードターボSSS
ブルーバードターボSSS


管理人がトミカ者のフリをしたダイヤペット者なのは当ブログを見ている方ならご存じのはず。
オクでも専門店でも、まずはダイヤペットをチェックするし、収集への情熱もトミカの比じゃない。
ゆくゆくはブログタイトルも“ダイヤペット最高!ダイヤペット大好き!”に変えるつもり。
もっとも、万年金欠の懐と今の収集ペースならば21世紀中は無理っぽいけど…

さて、トミカと同様、レストア待ちのダイヤペットのジャンクを持っているのもご存じのはず。
リペイントや簡単なパーツ複製で再生できそうなものから、歪んだボディの修正が必要なもの
さらには“迷い無く燃えないゴミの日に…”とか“永眠してください”と言われたものまである。

ダイヤペット ブルーバードSSSターボ ジャンク
う~ん、普通の神経だったら迷い無くゴミの日に出すだろうなあ…

駄菓子菓子!管理人が普通の神経を持った常識人ではないのも皆さんご存じだと思う。
このブルは前後ボディをつないで複製したルーフをかぶせればイイだけじゃん!
と、今もって不燃ゴミジャンクを再生させる気満々なのでR!
オレはやる気だよ!その証拠に…
[ 2014/08/16 01:55 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(2)

ゆっくり生きよう 

マルイ ローレル


このところ、3吋&1/24の2代目ローレルHTを取り上げてきたが、今回はその〆。
といってもミニカーもプラモももう出尽くしたし、目ぼしいものはない。

そういえば、小学生の頃に白いローレルHTのおもちゃを持っていた。
おもちゃ屋ではなく、DIY店だかホームセンターだかで買ったそれはゴム製だったような?
ボディパーツがいくつかに分割されており(実車とは違う)、分解できるギミックがあった。
もっとも、さほどリアルではなく、タイヤは白いし、それらしく見える程度のモノだったが。

このローレルのおもちゃは今は手元にないんだが、やけに管理人の記憶に残っている。
どなたか詳細をご存じの方がいらっしゃいましたら、情報をお待ちしております。

で、今回は何をしようかと考えたら、最近入手したカタログがあったじゃないの~!

[ 2014/08/13 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(2)

熱烈再販希望 その2 

2代目ローレルHT


引き続き2代目ローレルHTネタで行ってみたい。
今回は定番のプラモネタをつらつらと。

大きな510ブルーバードという佇まいだった初代に対し、2代目はグッとアメリカンに変身。
そのテイストが模型メーカー担当者を刺激したのか、各スケールでモデル化されている。
当時モノとしては大スケールでニチモの1/20、1/24にヤマダ、ニチモ、ミツワ、エーダイetc.

しかし、現在はヤマダ(童友社)以外は絶版だし、一番入手しやすいのは
アオシマ ローレル
アオシマ ローレルHT2000SGX 1/24

に尽きるでしょ!古くからあるだけに当時モノに思えなくもないが、少し後の80~81年の製品。
絶版→再生産→バリ展という感じで、長年アオシマの定番プラモとして流通している。
かくいう管理人も小学3~4年の頃にザ・チューニングカーシリーズで組み立てた記憶が。
ま、結果は言わずもがなでしたがね…

で、このアオシマのローレルには純正ホイールが入ってるのが嬉しいポイント。
同じシリーズでもジャパンやハコスカには入ってなく、フルノーマルに組めずに不満だった。
また、小学生の目にはかなりリアルなモデルに見えたんだよねえ。でも、今の目で見ると…
アオシマ ローレル
アオシマ ローレル
アオシマ ローレル

・幅が少し広い
・サイドウインドウのラインがなんだか違うような?(特にルーフ側)
・Cピラー~トランクの形状がおかしい

って、やっぱり設計年次を感じさせる造りだったりする。
とはいえ、今でも入手できるのは貴重だし、素性の良さから改造ベースにもおススメ。

でも、今回取り上げるのはもう1台あるんですよ。今でも2代目ローレルの決定版といえば…

[ 2014/08/10 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)

ユルとゆっくり 

1973年11月 ローレルHT


今回はヤトミングのローレルを使った比較をしてみたい。
比較に使うのはもちろん
トミカ ローレル
トミカ ローレル
トミカ ローレル 1/63

匠の技といっても過言ではない繊細さと、バランスの良さが魅力の70年代トミカのローレル。
それなのに再販は皆無で、金型がないのでは?という噂から相場が高めなのよねえ…
金型がないなら復刻版を出して欲しいところだけど、今のトミカだとちょっと…

さて、早速ユルいヤトミングと正統派のトミカを並べてみまひょ
ヤトミング トミカ ローレル
※トミカには元オーナーの名前がマジックで書かれているのでモザイク処理してある
[ 2014/08/07 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(3)

ユルく走ろう 

2代目ローレルHT


前回までの流れでタミヤの1/64を紹介すると思っていた方、お立ちです!
アタックチャンス!てなわけで、今回はヤフオクで入手したユル系3吋を取り上げたい。

そうそう、ヤフオクといえば、個人的な大問題が発生中。
ウォッチリストの開催中と終了、落札+入札中の合計が1000件ないのに、1000件超の表記が。
おいおい、毎日減ってきて、今の時点で合計は150件+αだよ
てな状態なのでヤフオクに問い合わても、返事もなく、対処もされず、全く追加登録できない。
このエラーが原因で狙ってたオークションを1週間以上落としてるので、ちょいと凹み気味…
しかも、もう何度目だよ!ってくらい、この不具合は頻発。一体、なんざんしょ!

とまあ、ヤフー株式会社への罵詈雑言は置いといて、紹介するのはというと…
[ 2014/08/05 06:00 ] ヤトミング | TB(0) | CM(2)

タミヤモデラーズギャラリー2014 収穫編 

タミヤモデラーズギャラリー


まだ2014年になったばかりだと思っていたら、あっという間に8月に突入。
あれ~、まだまだおとそ気分が抜けてないわ~とフラついたのは夏バテが原因だったのか!
或いは、もしや男性更年期ってやつですか?精神年齢だけは幼稚園児と大差ないのに…
そんな不調に負けないよう、今回はタミヤモデラーズギャラリーでの収穫をご紹介。

およそタミヤは興味なさそうなのに、1/24でモデル化された車種がいくつかある。
それはJTCCに参戦していたコロナエクシヴ、アコードセダン、プリメーラ(すべて1/24)
いずれも20年前のモデルだけど、ノーマルだったら絶対モデル化しなかっただろう(私感)
ま、本当はノーマルがよかったのになあ…と思った人も管理人を含めて多いと思うが。

その余波は1/10RCカーにも波及し、T190コロナセダンにエクシヴ、オペルベクトラまで登場。
なんちゅうセダンマニア感涙のラインナップやねん!と思ったが、どれだけ売れたのか?
そんな懐かしの1/10のエクシヴをモデラーズギャラリーの物販コーナーで発見!

う~ん、買っちゃおうかな~と思ったものの、当然ながらデカい。押し入れの肥やしコースか…
いや、それ以前に販売中のクリアーボディの中にエクシヴはないじゃん…で、諦めたとさ。
しかし、さらに会場を回っていたら、懐かしいアイテムを発見!
[ 2014/08/02 06:00 ] タミヤ | TB(0) | CM(2)