3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

熱烈再販希望 その2 

2代目ローレルHT


引き続き2代目ローレルHTネタで行ってみたい。
今回は定番のプラモネタをつらつらと。

大きな510ブルーバードという佇まいだった初代に対し、2代目はグッとアメリカンに変身。
そのテイストが模型メーカー担当者を刺激したのか、各スケールでモデル化されている。
当時モノとしては大スケールでニチモの1/20、1/24にヤマダ、ニチモ、ミツワ、エーダイetc.

しかし、現在はヤマダ(童友社)以外は絶版だし、一番入手しやすいのは
アオシマ ローレル
アオシマ ローレルHT2000SGX 1/24

に尽きるでしょ!古くからあるだけに当時モノに思えなくもないが、少し後の80~81年の製品。
絶版→再生産→バリ展という感じで、長年アオシマの定番プラモとして流通している。
かくいう管理人も小学3~4年の頃にザ・チューニングカーシリーズで組み立てた記憶が。
ま、結果は言わずもがなでしたがね…

で、このアオシマのローレルには純正ホイールが入ってるのが嬉しいポイント。
同じシリーズでもジャパンやハコスカには入ってなく、フルノーマルに組めずに不満だった。
また、小学生の目にはかなりリアルなモデルに見えたんだよねえ。でも、今の目で見ると…
アオシマ ローレル
アオシマ ローレル
アオシマ ローレル

・幅が少し広い
・サイドウインドウのラインがなんだか違うような?(特にルーフ側)
・Cピラー~トランクの形状がおかしい

って、やっぱり設計年次を感じさせる造りだったりする。
とはいえ、今でも入手できるのは貴重だし、素性の良さから改造ベースにもおススメ。

でも、今回取り上げるのはもう1台あるんですよ。今でも2代目ローレルの決定版といえば…

スポンサーサイト
[ 2014/08/10 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)