3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハイソになれない理由 

西部警察パートⅢ


いっこうに終わる気配のないプチハイソカー祭だけど、もちろん今日も開催中。

ハイソカーブームの中心になったのがトヨタとマークⅡBrosというのは誰しも認めるところ。
今は71マークⅡばかり取り上げられるが、礎を固めたのは一世代前のX60系3兄弟のはず。

1980年4月デビューの初代クレスタ
クレスタスーパーツーリング
スーパールーセントはなぜか女子大生に人気があったらしい(画像はスーパーツーリング)

半年後の80年10月に登場した60系マークⅡはミニクラウンの趣
マークⅡグランデ
マークⅡグランデ

82年8月のMCでは1G-GEUが追加されて、パワーの面でも魅力UP
マークⅡグランデ ツインカム24
グランデツインカム24。80年代のトヨタ車になくてはならないのがツインカム24のネーミング

当然ながら、トヨタ以外のメーカーもブームに乗るための車種やグレードをリリース。
マークⅡのライバルはもちろんローレル!と言いたいが、トヨタ的にはそうでもないはず。
そう、ライバルは昔からスカイラインと相場が決まっており、こちらも高級グレードが用意される。

R30スカイライン  動力性能の面はFJ20搭載のRSがトップ
スカイラインRS
上級グレードはハコスカ以来のXグレード(ジャパンからGT-EX)だけど
スカイラインGT-EX
その上にGT-EXエクストラがあった。
スカイラインGT-EXエクストラ
メッキのフロントグリルやフェンダーミラーで、キラキラ感で高級感をアピール。
それでも勝てないと見るや否や
スカイラインGTパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
グランデの向こうを張って、パサージュを追加してきた。

しかし、シンプルなスタイルでは高級感が足りないと判断したのか
83年8月のMC後のGT-EX
スカイラインGT-EX
GT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
バンパーを大型化したり、グリルを変更したり、ワインレッドの内装色を採用したり…
と、わかりやすい高級感を目指したんだけど、結局はマークⅡの方が日本人好みでしたとさ。

なぜこんなに画像を貼ったのかというと、今回取り上げるのはR30セダンのミニカーだから。
それも子供向けのトイミニカーとくれば、やっぱり…
スポンサーサイト
[ 2014/11/21 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(2)