3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

2015年の1/64を占う その4 

自動販売機


あっという間に3月も終わり。いやはや、時間が経つのは本当に早いねえ…って何度目?
嗚呼、一体いつになったら管理人にも春がやってくるのかしら?
ねえねえ、神様、一体いつになったら石原さとみと結婚できるの?おせーておせーて!

なんちゃって、本当は芦川よしみみたいな女性とお付き合いしたいのよねえ。
芦川よしみ

おっと、勘のいい方ならこの流れにお気づきですね?
そう、久々に2015年のTLVNを予想してみまひょ!今回は太陽シリーズを予想しちゃうわよ。
トヨタの新車を不定期に使っていただけに、既存の金型で出せる覆面車もあるよね?
スポンサーサイト
[ 2015/03/29 06:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(2)

記憶の中の覆面パトカー 

2016年6月25日 画像一部更新
太陽にほえろ!


前々回も書いたが、太陽にほえろ!の覆面パトカーといえば、真っ先にこのクラウンが浮かぶ。
が、本放送で見ていたのは既にソアラやセリカXXの時代で、S100系クラウンは出てなかった。
なのに、Why~なぜ~に~?と考えると、再放送で見ていたこのシーンが理由に違いない!

太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
256話「ロッキー刑事登場!」1977年6月24日 OA から
363話「13日金曜日ボン最期の日」1979年7月13日 OA までのタイトルバック。
毎週、田口刑事ことあさひが丘の大統領(宮内淳)が画面の向こうの視聴者めがけて発砲。
一体、どれくらいの人が死んだのかしら?

なんてことはどうでもよく、ボンが転がってくる時に並走しているのが白いクラウンHT。
このタイトルバックは全718話(14年4ヶ月)中でも最長寿だったし、覚えている人も多いのでは?
また、視聴率的にも黄金期だったからか、朝や夕方の再放送も結構多かったのよねえ。
もっとも、このクラウンは前期のS90型。いずれ、TLVNからS90型も出ると推測しているけど…

さて、今回はTLVNから先行して発売された2600ロイヤルサルーンと比較してみよう。
TLVN クラウン2600ロイヤルサルーン
TLVN クラウン2600ロイヤルサルーン
トミカリミテッドヴィンテージNEO クラウン2600ロイヤルサルーン 1/64
[ 2015/03/23 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)

七曲署の顔 

太陽にほえろ!


特捜と同じく、シリーズ化が予告された時点から楽しみにしていた太陽にほえろ!シリーズ。
その第1弾となるクラウンHTを発売日に入手したのは前々回&前回の通り。
ということで今回はいつもの如く、パッケージを含めた詳細を見てみまひょ。

既にVol.2も予告されてるけど、ぬわんとΣのパトカーがセットされてるのよねえ。
トミカ リミテッドビンテージ LV-太陽にほえろ!(02「激突」より) 三菱ギャランΣパトカー+日産グロリア(白)2台セットトミカ リミテッドビンテージ LV-太陽にほえろ!(02「激突」より) 三菱ギャランΣパトカー+日産グロリア(白)2台セット
(2015/05/09)
トミーテック

商品詳細を見る

本当は新車同士のハプニングクラッシュをやらかしたセリカSTとのセットがいいなあ…

さて、ボンやロッキー、山さんにゴリさんに殿下も乗っていたイメージのクラウンHTだけど
太陽にほえろ!
その出来やいかに?

夜空にもほえろ! その2 

今月もまた入手速報から独立して追加画像を載せてみたい。

TLVN 太陽にほえろ!Vol.1 クラウン2000スーパーサルーン
TLVN 太陽にほえろ!Vol.1 クラウン2000スーパーサルーン
トミカリミテッドヴィンテージNEO 太陽にほえろ! Vol.1 クラウン2000スーパーサルーン

TLVNでクラウン4ドアピラードHTが出た時、これで充分だと思ったが、やっぱり嬉しいわ~。
太陽にほえろ!の覆面パトカーの中でも、一番記憶に残ってるのがクラウンなのよねえ。

TLVN 太陽にほえろ!Vol.1 クラウン2000スーパーサルーン
TLVN 太陽にほえろ!Vol.1 クラウン2000スーパーサルーン
ホイールの色もシルバー→グレーになったので、より実車に近づいたかな?

夜空にもほえろ! 

先ほど、今月のTLVNの新製品・七曲署の覆面パトカーを入手。
今日からお前のニックネームはボスだ!

詳細はいつもより遅くなるかも
[ 2015/03/14 18:43 ] 速報 | TB(0) | CM(0)

熱烈再販希望 その3 

バイオレットオープンバック 1600SGX-E


前回CM'sのバイオレットセダンを取り上げたので、今回もその流れに乗ってみよう。
現役時代はわりと見かけた2代目バイオレット/初代オースターだが、旧車人気はどうにも薄い。
たしかに年式も中途半端だし、ライバルのカリーナみたくDOHCもないけど、少々不憫な気が。

しかし、バイオレット/オースターにあって、カリーナにないものがある!
どちらもダイヤペット1/40はあるが、カリーナには1/24がない!(はず)
そう、バイオレット/オースターはプラモデル化されているんですよ!

久々の熱烈再販希望シリーズにふさわしい題材とくれば…
[ 2015/03/14 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)

地味の味わい 

秋葉原
秋葉原ラジオ会館(2014年9月19日撮影)


先日、秋葉原に行ってきた。収穫ゼロという無念な結果だった正月以来である。
今日こそは何か見つけたいな~と思いつつ、中古店を回ってみると、予想外の収穫が。

前から欲しかったけど、ヤフオクでも専門店でも見かける機会が少なかったのが
CM's バイオレット
CM's ダットサンバイオレットGT 1981年コートジボアール 1/64

地味な2代目バイオレットセダンの1/64ミニカーだけに、セダン好きにはたまらんでしょ。
現役時代はそれなりに走っていた記憶があるけど、昔から不人気車の代名詞なのよねえ。
それだけにラリーカーであっても、レアな存在だと思ふ。
[ 2015/03/10 06:00 ] CM's | TB(0) | CM(2)

なぜの嵐 

トミカ マスタングGT V8
トミカ マスタングGT V8 1/67


いつの間にやら3月なのに、まだまだ春めいてこないわ~
ついでに、いつになったら管理人にも春が訪れるのやら…嗚呼、石原さとみと結婚したい…

さて、去年の秋ごろから物欲がダウンしてきてるんだけど、その前にトミカを1台買っていた。
それが昨年7月に発売された際、色々と話題を呼んだマスタングGT。
なぜか、初回特別→ドア開閉なし、通常品→ドア開閉ありという、トミカ史上最大の謎を持つ。
実車に合わせた改修や、他車種への金型流用はあったが、同時発売でこの違いは一体?

当初は縮小&開閉なしで進行したが、市場からのあまりの不評ぶりに途中で変更と推測。
値上げ後の新製品も微妙スケール&開閉etc.ギミックなしの魅力薄なモデルが続いたし。
断言できないが、大方のトミカコレクターも同じ見方では?
でもって、開閉なしも既に金型が完成していたので、いたし方なく生産したのかしらん。

ま、なんにせよ、ドアは開く方がいいよね!と言いつつ、手元には初回限定しかなかったり。
いずれ通常品も入手した暁にはお馴染みの比較をする予定(今さら感ありありだけど…
[ 2015/03/05 00:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)