3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

丘サーファー御用達 

トミカ ファミリアXG
トミカ ファミリア1500XG 1/59

1980年6月にデビューした5代目マツダファミリア

初代ゴルフをベンチマークに開発され、FF化された5代目ファミリア。
先代から採用したHBボディは、よりクリーンでシンプルなスタイルに生まれ変わった。
さらに3ヶ月後にセダンも追加され、ファミリアとして久々に2種類のボディを持つことに。
このFFファミリアは何度もカローラの月間販売台数を上回り、マツダ史上最大のヒット作となった。
当時、赤いHBにサーフボードを載せて走る若者が多かったとよく聞くが、見た記憶はない…


トミカでは、当時シリーズで人気№1だった赤い3ドアHBをモデル化している。


トミカ ファミリアXG フロント
シャーシと一体成型のため、バンパーが無塗装なのが惜しいが、フロントマスクの雰囲気はよい。
トミカ ファミリアXG リア
テールランプがやや大きく感じられるが、リアの再現度も悪くない。
トミカ ファミリアXG サイド
同時期のヒット作・910ブルーバードと同じように、シンプル&クリーンで嫌みのないスタイル。


トミカのFFファミリアはこの後、6代目のファミリアに金型を改修されたため、再販はない。
オクではちょくちょく出品されているので、5代目が欲しい方は定期的にチェックされると良さそう。
6代目ファミリアはトミカくじや誕生記念コレクションなどで再販されており、入手は難しくない。
ただし、5代目の金型を改修したため、実車には似ていないという大きなマイナスがある。

管理人は86年にミニカーの豆本を買ったことがある。(ケイブンシャの大百科ではなかった)
その豆本に、販売予定のトミカの6代目ファミリアが載っていたのをはっきり覚えている。
なぜ覚えているかと言うと、そのスタイルは既に販売されていた6代目とは違うものだったからだ。
そのは丸みを帯びたスタイルで、市販版より実車に近いスタイルだった。
もう豆本が手元にないので紹介できないが、そちらを販売してくれていたら…と思わずにはいられない。

スポンサーサイト
[ 2012/05/29 23:15 ] トミカ | TB(1) | CM(2)
このファミリアは、町中の道路や青空駐車場などでよく見た記憶があります。カローラより売れた次期があるってそりゃあ見るはずですね(笑)。当時のテレビで、土曜ワイド劇場なんかでも良く見ました。

しかし、雰囲気よくモデル化してますね。色差しすれば、さぞ映える気がします。残念なのは、元のモデルがもう製造できない事でしょうか。金型の改修って、そんなに変えたんでしょうかねえ?(今後6代目との比較があったりして...)。見た目があまり変わらないからって、ちょっと弄くって手を抜くのは褒められませんねえ、本当に。もっと残念なのは1/59スケールという事....。最近のトミカが小型化していますが、以前の1/56~59クラスの小型車なんかは、1/64~66ぐらいで良い感じなんですよね。その分、 中,大型車が小さくなってしまう...。なんか、うまくいきませんねえ(寂笑)

-追伸-
以前、紹介していただいたヤフオクのサバンナGTは、いま手元に有ります。他に「LAUREL」であまり検索されなかったであろう豚尻と、五代目クラウンも一緒に落札しました。(送料のレタパ¥500で済みました)全車塗装が剥げているくらいで、メッキの状態もそこそこ良く、良い買い物でした。ありがとうございました。サバンナの再塗装は、やっぱり白かメタ深緑ですかねえ。よければアイデアを(笑)
[ 2012/05/30 22:37 ] luxe37 [ 編集 ]
> このファミリアは、町中の道路や青空駐車場などでよく見た記憶があります。カローラより売れた次期があるってそりゃあ見るはずですね(笑)。当時のテレビで、土曜ワイド劇場なんかでも良く見ました。

当時、FFファミリアは本当に街中にあふれていましたね。結構パステルカラーなんかも覚えています。
小学校からの友人の家も前期型セダンに乗っていました。個人的には、この前期型セダンが好みでしたね。
HBより大人っぽい、逆スラントのフロントマスクがツボだったので(笑)

> しかし、雰囲気よくモデル化してますね。色差しすれば、さぞ映える気がします。残念なのは、元のモデルがもう製造できない事でしょうか。金型の改修って、そんなに変えたんでしょうかねえ?(今後6代目との比較があったりして...)。見た目があまり変わらないからって、ちょっと弄くって手を抜くのは褒められませんねえ、本当に。

実は6代目は持ってないんですよ。再販も多いし、そのうちに…って思ったままでして(笑)
改修については、「6代目に似ていない=5代目と変わってない」ってことで不評だったようです。

これが改修を受けた6代目の画像です。それにしても、この値段はあまりにも割高すぎですね(笑)
http://item.rakuten.co.jp/answer/10006517/

で、これが予告された試作品です。うちの豆本に載っていた物と同じかと。
(無断でお借りしていますので、関係者の方からご指摘をいただいた場合、速やかに削除いたします。)
http://www.tomica1970.com/cgi-bin/joyful/joyful.cgi

もっと残念なのは1/59スケールという事....。最近のトミカが小型化していますが、以前の1/56~59クラスの小型車なんかは、1/64~66ぐらいで良い感じなんですよね。その分、 中,大型車が小さくなってしまう...。なんか、うまくいきませんねえ(寂笑)

昔のトミカは出来がイイのに、小型車と中・上級車の大きさにあまり差がないんですよね。
箱サイズの弊害と言うか、乗用車とバス・トラックが同じサイズってのも子供心に納得できませんでした。
やや小さめなら、1/66で統一されたドイツの旧シュコーが理想かなあと思います。

> -追伸-
> 以前、紹介していただいたヤフオクのサバンナGTは、いま手元に有ります。他に「LAUREL」であまり検索されなかったであろう豚尻と、五代目クラウンも一緒に落札しました。(送料のレタパ¥500で済みました)全車塗装が剥げているくらいで、メッキの状態もそこそこ良く、良い買い物でした。ありがとうございました。サバンナの再塗装は、やっぱり白かメタ深緑ですかねえ。よければアイデアを(笑)

実はウォッチリストに入れっぱなしにしてたので、確認してしましました(笑)
どれもなかなか程度が良さそうで、レストアベースにはうってつけじゃないかと。
ジャンクでも、ローレルは特に高騰しちゃうんですよね…
そうそう、同じ方が興味深い車種をまたいくつか出品されているようですよ。
個人的には、若草色のロータリー4ドアに心動かされますねえ。

こんなのとか… http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f116588883

サバンナは別パーツのフロントとテールランプを外し、自作でグランドファミリアにするというのは?
ノーズ長の差も気にならないし、サバンナとグランドファミリアの使い分けが出来るというメリットも(笑)
[ 2012/05/31 22:55 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/114-71db4625

トミカ ファミリア1500XG 1/591980年6月にデビューした5代目マツダファミリア初代ゴルフをベンチマークに開発され、FF化された5代目ファミリア。先代から採用したHBボディは、よりクリー...
[2012/05/31 17:58] まとめwoネタ速neo