3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

1/64の世紀 

1/64の世紀


前回はTLVNのセンチュリー2種を入手するまでの長くて険しい大黄河の道のりを記した。
そんな大黄河の果てに辿りついたセンチュリーだが、時間と労力をかけた甲斐はあるのか?
というわけで、今回はTLVNのセンチュリーをチェックしてみたい。
HITEQ JASMINEさんを筆頭に、他の方のブログでもレビューされてるので新味はないけど…

TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
トミカリミテッドヴィンテージNEO トヨタセンチュリー 1/64


TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
サック箱ではなく、GT-Rでも採用済の大型のかぶせ箱タイプで、ボディ色に合わせてある。
トヨタセンチュリーの公式HPを見てみると、2色の正式名称は
黒:神威(かむい)エターナルブラック、グレー:鸞鳳(らんぽう)グロリアスグレーメタリック

蓋を開くと
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
ご覧の通り、斜めにレイアウトされた状態で収まっている。

TLVN センチュリー
2色とも共通の中蓋にはセンチュリーの写真とスペックが記載。

で、いかにもセンチュリーらしいと言えるのが
TLVN センチュリー
フェンダーミラーのパーツがセットされている点。担当者の遊び心が感じられる。
TLVN センチュリー
もっとも、ボディに取り付け穴はないので、使用する場合はイモ付けにせざるを得ない。
小さいし、破損や紛失する可能性も大きいので、管理人は使いませんがね…

さてさて、ボディを見てみまひょ!
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVNに多いライトの取り付け穴もなく、グリルやライトハウジングも繊細で丁寧な仕上がり。
バンパーもシルバー塗装ではなく、光輝度の高いメッキを使っているので、不満は感じない。

TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
スクエアなリアまわりも現行車らしく、造形、ディテールともに従来のTLVNを凌ぐ仕上がり。
ただ、トランクリッドのフチとリアパネルのチリが完璧でなく、僅かに隙間があるのが惜しい。

TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
1/64とは思えない威風堂々とした貫禄を見せるサイドビュー。細かいホイールは感激モノ。

ところで、ライトがちょっと内側過ぎじゃね?という意見があるが、いったいなぜなのか?
トヨタセンチュリー
現行型はヘッドライトがスクエアで、その外側のパネルはフラットな形状になっている。
トヨタセンチュリー
トヨタセンチュリー
初代前期型の異形ライトは柔らかいラインで構成されており、外側のボディも曲面的。

TLVNはライトもボディも初代前期のように丸いので、視覚的に厚みを感じさせるのでは?
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー

結論として、¥2600(税抜)と決して安くはないが、欲しければ買って損はないはず。
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー
それでも、もう少し懐に優しい価格にしてくれるとありがたいわ~
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する