3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

比較の世紀 

比較の世紀


この前正月になったばかりだと思っていたら、もう5月も終わりじゃないの~!
今週末というか、来週始めというか、5月31日は第7回新宿おもちゃカーニバルなのよねん。
今のところは休みだし、行ってみようかしらん? ま、いつもの如く閉場間際だろうけどさ…

閑話休題、ってほどしっかりしたネタもないんだけど、TLVNのセンチュリーはデカい。
そこで今回は他の1/64&3吋ミニカーと並べて、上から眺めつつ、大きさを比べることに。

本当ならトミカの初代センチュリーと並べたいんだけど、持ってないのよねえ…
TLVN センチュリー
TLVN センチュリー


現行センチュリーの主要諸元は

全長:5270mm 全幅:1890mm 全高:1475mm と、VIPカーにふさわしい堂々たる巨体。

でもって、日本には軽自動車から大型ミニバンまであるわけで、まずは小さい方から行ってみよ!

vs 三菱ekワゴン 販促品 1/64
TLVN センチュリー 三菱 ekワゴン
最近の軽自動車が立派になったとはいえ、やっぱり小さいのには変わりないのねん。

ekワゴン 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1620mm

vs ヴィッツ トミカ 1/64
TLVN センチュリー トミカ ヴィッツ
ヴィッツの幅は意外と広い。なんてったって、小型車枠ギリギリの1695mmだし。

ヴィッツ 全長:3885mm 全幅:1695mm 全高:1500~1530mm

vs アルテッツァ 京商 1/64
TLVN センチュリー 京商 アルテッツァ
97年デビューのセンチュリーと98年デビューのアルテッツァ

アルテッツァ 全長:4400mm 全幅:1720mm 全高:1410mm

vs プリウス 京商 1/64
TLVN センチュリー 京商 プリウス
現行プリウスって意外とデカいのねえ。

プリウス 全長:4480mm 全幅:1745mm 全高:1490mm

vs RVR 販促品 1/64
TLVN センチュリー 三菱 RVR
RVRって結構幅広じゃないの~!と思ったけど、それでも1770mmと及ばず。

RVR 全長:4295mm 全幅:1770mm 全高:1615mm

vs インプレッサWRX STI 販促品 1/64
TLVN センチュリー スバル インプレッサWRX
街で見かけるインプWRXは迫力あるのよねえ。

旧型インプレッサWRX STI 全長:4580mm 全幅:1795mm 全高:1470~1475mm

vs スカイライン25GT (R34) 京商 1/64
TLVN センチュリー 京商 スカイライン25GT
アルテッツァと同じ98年デビューのR34スカイライン。今見ると、思ったより小さいかも。

スカイライン25GT 全長:4705mm 全幅:1720mm 全高:1375mm

vs アテンザ トミカ 1/66
TLVN センチュリー トミカ アテンザ
カペラクラスだったはずが、今では立派なラージクラス。1/66でもデカいのがわかる。

アテンザ 全長:4865mm 全幅:1840mm 全高:1450mm

vs ヴェルファイア トミカリミテッド 1/59 (実寸は全長が1/66、全幅が1/63程度)
TLVN センチュリー TL ヴェルファイア
さすがにトヨタの最高級ミニバンだけあり、センチュリーを向こうに回しても引けは取らない。

旧型ヴェルファイア3.5V 全長:4850mm 全幅:1830mm 全高:1890mm

vs フーガ トミカ 1/64
TLVN センチュリー トミカ フーガ
フーガの上にシーマがあるけど、トミカのシーマは1/68なのでフーガにお出まし願った。
押し出しの強さは完全にセンチュリーに勝ってるのでは?

フーガ 全長:4890mm 全幅:1845mm 全高:1500mm

vs 旧型クラウン 1/63
TLVN センチュリー トミカ クラウン
トリは同門のクラウンと。現行型は1/66とお話にならないスケールなので、敢えて旧型と。
フーガ同様、押し出しはクラウンに軍配だが、トヨタ内のヒエラルキーは厳然と存在する。

旧型クラウン 全長:4870mm 全幅:1795mm 全高:1470mm

というわけで、今回は軽めのネタでお茶を濁してみたり…
スポンサーサイト
[ 2015/05/29 02:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する