3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

伝統と血統 

2014年4月7日 画像変更
FT86 Gスポーツコンセプト
FT86 Gスポーツコンセプト
トヨタFT-86 Gスポーツコンセプト アムラックス東京(2010年1月23日撮影)


今回もトミカからリリースされたばかりのトヨタ86(ハチロク)について書くことに。

最近のトミカはスケール縮小&ギミック廃止など、魅力が薄れているのは以前にも書いた。
この傾向は乗用車や働く車などに多く見られ、そのジャンルが好きな人にはゆゆしき問題だろう。
一方、スポーツ系は従来のレベルを維持しており、86も1/60スケールでドアの開閉が可能だ。
86 ドアオープン
2ドアクーペのためにドアは少々大きめだが、開く角度は写真の状態で最大。

さて、86を他のトミカと比較してみたい。
元祖ハチロクはカローラのスポーツバージョンだったので…


86 アクシオ フロント
86 カローラ フロント
86 カローラ リア
86 アクシオ リア
当然ながら、現代によみがえった86と旧型カローラアクシオに共通項はない。
でも、どことなく同じ匂いがするのはやっぱりトヨタ車だからだろうか?
86 カローラ 大きさ比較
実車だとアクシオの方が大きいが、トミカでは86が少々上回っている。
1/60というスケールを感じる部分。

では、元祖ハチロクとの比較では…といきたいが、手元に86レビンの3ドアはない。
そこで、ボディタイプの違いには目を瞑り、86トレノの2ドアと並べてみることに。
86トレノ 86フロント
86 86トレノ フロント 
86トレノ 86 リア
86 86トレノ リア
86トレノ 86 サイド
飛びぬけてカッコいいというほどではなく、しかし嫌みな部分も皆無な点は共通している。
さすがの86も、トヨタ的な万人向けの価値観はしっかり残しているということか。


最近のトミカとしては、1月のベンツSLSに近い出来栄えになっている86。
初回限定のシルバー、レギュラーの赤ともに86らしさを1/60に凝縮していると思う。
話題の車だけに、その魅力を確かめるのにもおススメの1台だ。
スポンサーサイト
[ 2012/06/16 06:00 ] トミカ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/146-92e2a3ac

トヨタFT-86コンセプト 東京モーターショー2009にて撮影今回もトミカからリリースされたばかりのトヨタ86(ハチロク)について書くことに。最近のトミカはスケール縮小&ギミック廃止
[2012/06/20 20:34] まとめwoネタ速neo