3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

冠をかぶってみたら 

2014年5月7日 画像追加
トヨタカムリ
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)

2011年9月にデビューした現行型カムリ

今ではマイナーなカムリだが、初代はセリカ・カムリというセリカ(カリーナ)一族だった。
その後は兄弟車のビスタとともにFF化され、地味な存在ながらも4代目までは売れていた。
しかし、バブル崩壊後は一段と地味になり、日本では不人気車になってしまう。
しかし、昨年登場したカムリは全車HVエンジンを搭載し、日本国内向けにも力を入れている。


そのカムリがトミカからモデル化された。国内向けトミカとしては、歴代カムリ初のモデル化になる。
さて、どんな仕上がりになっているだろうか?
トミカ カムリ
トミカ トヨタカムリ 1/67


トミカ カムリ フロント
ヘッドライトとグリルはボディの彫刻に色挿しで表現。フロント全体の造形はとても良い。
欲を言えば、グリルモールのシルバーはさらに輝度を上げた方がより似るはず。
トミカ カムリ リア
トランクリッドの形状など、リア周りもよく特徴をとらえており、再現度は高め。
テールランプも色挿しだが、赤とシルバーのメリハリが強くてイイ感じだ。
トミカ カムリ サイド
ドア開閉アクションがないのは残念だが、全体のフォルムもバランスよく再現されている。
ウインドーモールの塗り分けも細かい。


初代カムリ登場以来、32年目にして初のモデル化となった8代目カムリ。
アクションがなく、スケールが小さめという不満もあるが、全体的な出来はかなりよい。
なにより、こういう普通のセダンがモデル化されたことがとても嬉しい。
これから現行製品として買えるので、欲しい人は気兼ねなく何個でも買うことをおススメしたい。

明日はCNトミカのカムリとの比較をしてみたい。
スポンサーサイト
[ 2012/06/17 00:35 ] トミカ | TB(0) | CM(2)
はじめまして。
2月の発表以来、86とともに出ると聞いてうれしかったですね。このカムリはスタイルもしっかりと再現されているので、なかなか出来がいいですね。
このモデルのバリエーションにボデーカラーの濃淡があるようです。

あとはどこかで中国限定の先代後期のカムリを手に入れたいところです。そうなると、中国モデルにも期待したいですね。今後、日産のティ―ダ、ティ―ダラティオ(中国ではサニー・陽光)、ブルーバードシルフィ(中国では軒逸)がでてくるか想像するだけでも楽しみです。
[ 2012/06/21 12:55 ] 関西のトミカコレクター [ 編集 ]
こんばんわ、関西のトミカコレクターさん。管理人のドラゴンと申します。

カムリと86、自分も製品化が発表された時から待ち遠しく思っていました。
1/75のアベンシスにはがっかりしたので、この2台もまさか…?と危惧しましたが、イイ仕上がりですね。
フォルムの良さやしっかりしたモールドを見て、トミカはこうでなくっちゃ!と思いました。
それにしても、既にカラバリがあったとは知りませんでした!さっそく調べてみることにします。

中国限定の先代カムリ、当ブログでも紹介したCNトミカのカムリでしょうか?
最近は国内の専門店などにも出回っているようで、500~900円前後というところでしょうか。
また、アマゾンやヤフオクなどにも出ていますが、どちらも金額や送料を考えると割高な気がしますね。
フォルムは国内カムリと互角ですが、塗装が簡略化されているので、その点が微妙かなあ…と。

日産ティーダとシルフィ、自動車雑誌などに次期型が掲載されているのを見ました。
今後は中国市場も狙っていく以上、CNトミカでリリースされる可能性は大いにありますね。
ちなみに、現行型ティーダも3年前に日産オンライン限定で販売されたそうで、欲しい1台です。

まだまだ拙いブログですが、これからもよろしくお願いします。
[ 2012/06/21 23:56 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する