3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

知名度≠存在 

ダイヤペット トヨタニューカローラレビン1600GT
ダイヤペット トヨタニューカローラレビン1600GT

昨日に引き続き、今日も86レビンを取り上げることに。今回はダイヤペットの86レビン。

80年代半ばのダイヤペットは以前よりも車種が減ってきた。
しかも、協力工場ごとに金型を作る体制は変わらず、仕上がりのばらつきは以前のまま。
今回の86レビンもところどころバランスが悪く、まあまあの出来というところだろうか。
ただ、ドアミラーを別パーツで再現するなどの意欲的な部分もあり、決して駄作ではない。
のちにドアミラーはドアと一体成型になり、カラードドアミラーにグレードアップ?している。


紹介するのは管理人が子供の頃に遊んでいたもので、右ドアミラーが欠けたジャンクな1台。


ダイヤペット 86レビン フロント
トミカ同様、エアロダイナミックグリルを再現。グリル中央にあったLEVINのエンブレムはない。
その代わり、なぜかバンパーに大きな“LEVIN”のシールが貼られている。
ダイヤペット 86レビン リア
テールランプのモールドは細かいが、全体的には肉厚でボッテリした印象のリアビュー。
ダイヤペットらしく、リアゲートが開閉可能なのは嬉しいポイント。
ダイヤペット 86レビン サイド
前後に引き締まったサイドはトミカよりも実車に近いと思うが、ちょっと腰高で丸い気がする。
さらに、ホイールの出来はイイのに、妙に太いゴムタイヤが実感を損ねている。

ここで、大小レビンを比べてみよう。
86レビン フロント比較
出来はトミカの方が上だと思うが、細かく彫られたヘッドライトやブラックアウトしたグリルなど、
ダイヤペットには1/40のスケールを活かした魅力がある。
86レビン リア比較
リアまわりもトミカの方がまとまっていると思うが、テールランプのモールドはイマイチ。
ダイヤペットはナンバー灯の再現など、丁寧な作りこみが感じられる。
86レビン サイド比較
コンパクトさを感じさせるダイヤペット、シャープでまとまりのよいトミカというところだろうか。
86のオーナーの人なら、どちらにより魅力を感じる?


ダイヤペットの86レビンだが、当時のラインナップの中ではやや地味な存在だった。
そのためか、今でもオクや専門店などでも見かける機会が少ないようだ。
また、ダイヤペットは再販が皆無であり、86好きでも知らない人が多いのではないだろうか?
スポンサーサイト
[ 2012/06/20 00:05 ] ダイヤペット | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/150-0de1a4d0

ダイヤペット トヨタニューカローラレビン1600GT昨日に引き続き、今日も86レビンを取り上げることに。今回はダイヤペットの86レビン。80年代半ばのダイヤペットは以前よりも車種が減っ...
[2012/06/21 17:52] まとめwoネタ速neo