3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

魅力凝縮 

ダンディ カローラセダン
ダンディ トヨタカローラ4ドアセダン 1/43

昨日に続いて、トミーがリリースした大きな方の80型カローラセダン。

この角度から見ても、1/61のトミカ以上に優れたプロポーションなのがわかると思う。
さらに、サイドモールの中にCOROLLAの文字が白抜きで表現されるなど、より実車に近くなっている。

それにしても、なぜトミーは大小サイズでカローラ、しかもセダンをモデル化したんだろうか?
きっと管理人と同じような好き者、いや、ファミリーカー好きの担当者がいたとしか思えない。
そのおかげでカローラマニアはクオリティの高いセダンのミニカーを手にできたのだ。
さあ、大カローラのディティールを見ていくことにしよう。


ダンディ カローラセダン フロント
ヘッドライトはややスモークがかったクリアパーツで、黒い別パーツのグリルとのバランスも絶妙。
ダンディ カローラセダン リア
テールランプは上下にやや大きい気がする。ハイデッキを強調したかったためかと思う。
だが、リアパネルの彫刻など、小カローラ以上に細かい再現がされている。

で、なぜかサイドビューのショットを撮影し忘れていたので、このまま大小カローラの比較を…
カローラセダン フロント比較
フロントマスクは同じトミカシリーズだけあって、近似性が強く感じられる。
カローラセダン リア比較
一方、リア周りはダンディの方がスクエアさを強調した印象。トミカの方が似ているかな?
カローラセダン サイド比較
シャープなサイドビューはどちらも好印象。スケールの大きい分、ダンディの方が実車には近い。


大小カローラを見比べて、いかに昔のトミカのクオリティが高かったかがわかると思う。
同じ車種をスケール違いで再現しつつ、どちらもサイズの特性を活かした出来になっている。

ダンディのカローラセダンは小カローラと違い、再生産がないために馴染みが薄い人も多いと思う。
しかし、オクや専門店などではちょくちょく見かけるので、決して入手困難ではない。
状態にもよるが、相場は1K~というだろうか。もちろん、もっと安価な場合もあるはず。
全国のカローラマニアには手にしていただきたい1台であり、管理人からもおススメしたい。
スポンサーサイト
[ 2012/06/24 00:55 ] トミカダンディ | TB(0) | CM(5)
こちらでははじめまして!

いつも楽しく拝見してます。

通常のトミカにE80系カローラセダンがあるのは
私も知ってましたが、まさかダンディにもあったとは!

しかもプロポーションがとても良いですね。
トランクリッドにガーニッシュがあるので
「グレードはSEだな」とわかるほどリアルです(笑)

私の祖父がこれと同じ前期セダンに乗っていたので、
個人的には80系カローラといえば「レビンよりセダン」なんですよ(変わり者ですね)
[ 2012/06/26 01:57 ] ながせ [ 編集 ]
ながせ様、こんばんわ。こちらでははじめましてですね。


ダンディは本家トミカより出来の良い車種も多かったのに、イマイチ地味な存在でしたね。
ラインナップがやや少なかったように記憶していますし、あまり知られていないものもあるようです。

ダンディのカローラセダンは、プロポーションに1/43スケールのメリットが活かされてますね。
また、ながせさんもおっしゃってるように、リアガーニッシュなどディティールの再現度も相当なものかと。
それなのに、ボンネット、トランク、ドアの開閉も可能で、玩具としてもハイレベルなのがまた凄いです。
まさに“素敵にNEWカローラ”な1台だと思います。

お祖父様が乗られていたなら、80系カローラセダンはながせさんにとっても特に記憶に残る1台でしょう。
レビンやトレノもいいけど、大人っぽさと若々しさを両立したセダンにも魅力があふれていますね。
我が家の最初の愛車がカローラ30セダンだったこともあり、自分もカローラといえばセダンです。
そのため、子供のころにトミカで遊ぶ時はカローラセダンを選んでました(笑)

まだまだ拙いブログですが、これからもよろしくお願いします。
[ 2012/06/26 23:19 ] ドラゴン [ 編集 ]
ながせさま

ヤフオクを見ていたところ、発見しました。ノーマルではないんですが…

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k149833142
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m98147780
[ 2012/07/12 03:07 ] ドラゴン [ 編集 ]
ドラゴンさま

こんばんは。

おおっ、ダンディのカローラセダン、しかもタクシーバージョンですか!
会社仕様・個タク仕様共に雰囲気が良いですね。
ところで、このカローラの小型タクシーって実際に存在したのでしょうかね?
トミカならではのバリエーションなのでしょうか??
フィクションでは「ザ・ハングマン4」で黒・銀ツートンの
セダン1600SRがタクシーとして使われてましたが(笑)

わざわざご紹介下さり、ありがとうございました!

前回書いたようにスプリンターLBが明るいブルーで、結構目立つのが気になったのか、
次のカローラはオーソドックスに普通の白でした。
うちのは最初期型のセダン1300GLでして、カタログ通りドアミラー仕様で納車されましたが、
祖父はミラーが見にくいとクレーム?を付けたので、車は再びディーラーに舞い戻り(笑)、
数日後フェンダーミラー仕様に架装し直して再納車されたのを覚えてます。

このカローラは安っぽい(特に初期ものは…)とかスタイルが斬新すぎるとか
最初はあまり売れ行きが良くなかったみたいですが、室内は広くて車体も軽く
1300でも軽快に走ったみたいで、祖父も気に入ってましたよ。
当時父親はA10型スタンザに乗ってましたが、祖父のカローラを見て
「FFは室内が広い」と気に入り、2年後FFカリーナセダンを買いました(笑)

またまた余談が長くなりました…
[ 2012/07/13 01:18 ] ながせ [ 編集 ]
こんばんわ、ながせさま

カローラのタクシー、実際には一度も見たことはないですね。
タクシー仕様はいろいろ手を加える必要があったり、サイズの都合から使われなかったのではないかと。
でも、ハングマンⅣでは佐藤浩市扮するクレイの足として、タイガーキャブのタクシーになってましたが(笑)
あの黒/銀のツートン、SRというグレードとともに現実でもレアでしたが、なかなかカッコいいんですよね。

ちなみに、トミカのカローラアクシオには香港限定でタクシーのバリエーションがあるようです。
この金額はいくらなんでも、ちょっと高過ぎですが…
http://shoppingfeed.jp/items/index?dm=ikedmnicar.om&icd=453147


鮮やかなブルーのスプリンターLBだと、どこへ行ってもなかなか目立ってしまいますね。
一方、カローラの白なら定番中の定番という感じで、どんなシュチエーションにも溶け込みそうです。
今でもフェンダーミラーを付けている車両をたまに見かけますが、高齢の方が多い気がします。
ながせさんのお祖父さまもやっぱりフェンダーミラーの方が安心感があったんでしょうね。

80年代前半にFF化された小型車は変化をアピールしたかったのか、目指す方向が似ていた気がしますね。
サニーやカローラ、コロナなんかも、FF第1世代は大きめのキャビンが印象的でした。
室内も広さを強調すべく、ダッシュボードやコンソール、ドアトリムもシンプルなものに。
それが斬新過ぎとか、安っぽいと捉えられたのかな?と。我が家のトレディアも同じような車でした。
広い室内と軽快な走りを両立したカローラは、ながせさんのお宅の車選びにも影響を与えた功労車なんですね。

実は、TLVNからFFカリーナセダンが出ないかなあ…と以前から思っているんですよ(笑)
せっかく初代とA60カリーナがリリースされたんだし、FFカリーナもTLVN向きだと思うんですが。
[ 2012/07/13 22:29 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する