3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

日本の裏文化 

アオシマ グラチャンコレクション パッケージ


今年の4月に発売されたアオシマのグラチャンコレクション第6弾。
ところが、置いている店なんか、管理人の行動半径内にはどこにもありゃしない。
1個くらいはあるんじゃないかと思っていたメイドだらけの街ですら、発見できない有様…
ヤフオクをじっくりチェックするか…と思っていた矢先に某量販店で発見、ひと箱買ってみた。

一昨年買った第3弾では110クラウン後期(鬼クラ)を手に入れたが、今回のラインナップは?
アオシマ グラチャンコレクション パッケージ裏
ある意味快挙というか、ツボを外してないというか、全部日産なのがわかってらっしゃる。
このラインナップだったら、他に1/64スケールがない231ローレルが断トツでいいなあ。
ジャパンのセダンはオクでジャンク品を手に入れたし、他の車種も3吋があるし…
ということで早速開封してみたら…


アオシマ グラチャン ブリスター
出てきたのは2代目ローレル(C130型)。ローレルはローレルでも、1世代前でした。

アオシマ グラチャンローレル
早速ブリスターをはずし、出来栄えを見てみることに。
テラテラと光る、ツヤだらけの黒いボディがワルっぽさを感じさせる。
アオシマ グラチャンローレル フロント
フロントは910マスクになっている。ハニカムグリルはスカイライン用だろうか?
当然だが、サイズはピッタリで違和感はない。
アオシマ グラチャンローレル リア
テールランプはケンメリ?用のワンテールを再現。
トランク周りの微妙な造形も見事に再現されており、ノーマルも期待したくなる。
アオシマ グラチャンローレル サイド
サイドビューもご覧の通り、Cピラーの微妙なラインなど、同社1/24よりも再現度が高い。
そして、とにかく低い、低い、低い。踏切は斜めに進まないと、擦りまくり間違いなし。

代表的なローレルの3吋といえばこれでしょ!てことで、トミカと比較してみた。
アオシマ トミカ ローレル比較
トミカの方はジャンクなので、未来の世界のネコ型ロボットのシールがボンネットに…
トミカ ローレルSGX 右
アオシマ グラチャンローレル 右サイド
40年近く前のトミカは素朴ながらも、現代でも通じる出来なのがよくわかる。
一方、アオシマは現代の技術で、トミカ以上に微妙なディテールを再現している。
どちらがイイ悪いではなく、3吋ミニカーの技術や環境が成熟したということだろう。


個人的にはノーマルがないのが残念だが、フォルムそのものはかなりハイレベル。
時には、こういうハジけた1台をコレクションするのも悪くないのでは?と思う。
もちろん、1/64唯一の231ローレルが欲しい人なら、これを狙わない手はない。
スポンサーサイト
[ 2012/06/26 06:00 ] アオシマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する