3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ある時は〇〇、またある時は… 

2016年3月8日 画像一部更新&追記
ダイヤペット トミカ カローラ30 
左:ダイヤペット トヨタカローラ30セダン1600GSL 右:トミカ トヨタカローラ30レビン


カローラ30の魅力を再確認すべく、大小サイズのカローラ30を並べてみよう。
親しみやすさを感じさせるセダン、秘めた情熱を感じさせるレビンといったところだろうか。

カローラ30 フロント比較
カローラ30 リア比較
カローラ30 サイド比較

70年代半ばの、ごく普通のファミリーカーのモデルというのは貴重な存在だと思う。
この後、カローラやサニー、コロナといった趣味性の薄い実用車はモデル化されないことが多かった。
近年はミニバンがモデル化されることも多いが、実に羨ましい。

ところで、管理人と世代の近い人で、子供のころから車好きだった人に聞いてみたいことがある。
カローラ30のフロントとリアって、いっぱい種類がありませんでしたか?と。
一昨日と昨日紹介した初期型だけじゃなかったでしょ?そこで、カタログを引っ張り出してみると…


77年10月 カローラ
77年10月の総合カタログ。MCで形式名が50系になったので、“さんまる”の文字はない。

1600/1400のフロント。前期型と形状は同じだが、幾分か直線的なイメージになっている。
77年10月 カローラ
テールランプは初期型の3分割から4分割になり、平面的な形状に。
77年10月 カローラ

1200/1300の顔。段差がないのは初期型同様だが、グリルの分割がなくなり、やはり直線的に。
77年10月 カローラ
テールランプについては後ほど。

では、中期型のHTはというと…
77年10月 カローラ
77年10月 カローラ
前期型と違って、セダンとHTのグリルのデザインが共通のものになっている。
当然ながら、1200/1300も同じものに。
77年10月 カローラ
テールランプはこの後すぐ!

中期型のフロント/リアの一覧。
77年10月 カローラ
77年10月 カローラ
セダン1600/1400と1300/1200
77年10月 カローラ
77年10月 カローラ
HT1600/1400と1300/1200
現代のファミリーカーでこんなに作り分けすることはないはず。

トヨタもそう思ったのかは知らないが…
78年4月 カローラ
2度目のMCを受けた後の78年4月版のカタログ。ファミリー向けなのは変わらない。

排気量ごとのフロントの作り分けはついになくなり、セダンは全てこの顔に統一。
78年4月 カローラ
でも、リアは
78年4月 カローラ
中期型とほぼ同じ形状の1600/1400
78年4月 カローラ
1300シリーズも中期型と変わらない。

後期型HTのフロントマスク&リア。クーペとLBが売れていたのか、ほとんど見た記憶がない。
78年4月 カローラ
78年4月 カローラ
テールランプが中期型と変わってないのはHTも同じ。

ついでにバンも取り上げてみる
77年6月 カローラバン
77年6月のカローラバンカタログ。表紙は1400バン。

顔つきの違いはセダンに準じている。
77年6月 カローラバン
5ドア1200
77年6月 カローラバン
5ドア1400

バンにも5ドア/3ドアがあるなんて、昔の営業車は贅沢だった?
77年6月 カローラバン
3ドア1400
77年6月 カローラバン
歴代フィールダーどころか、歴代カローラバンでももっともスタイリッシュなリアを持つ。


コスト重視のファミリーカーなのに、わざわざフロント/リアを作り分けしたカローラ30。
今のトヨタじゃ絶対やらないような無駄と言うか、贅沢な姿勢は特筆ものだろう。
好みは人それぞれだけど、管理人はやっぱり初期型の繊細な感じが一番好きかな?
スポンサーサイト
[ 2012/07/03 06:00 ] カタログ | TB(1) | CM(2)
こんばんは。

私もドラゴンさんと同年代(1975年生まれ)で
幼少期からのクルマ好きです。

はい。仰るようにカローラ30系はフロントとリアの種類が多かったですね。
モデルライフも5年、マイナーチェンジが2回ありましたからね。
ですが、私も初期型のセダンで花びら模様のホイールキャップつきが
最もカローラ30らしいなと思います。

以前祖父は80カローラセダンに乗っていたと書きましたが、
その前はこの世代の前期型スプリンターLBの1200XL(KE60)に乗ってました。

カローラのハイDXとスプリンターXLは同等グレードなので、
ボディスタイルは違えど、ドラゴンさんと私は助手席や後席から
同じようなインパネまわりを眺めていたことになりますね…

あと、シルバーの独特なフューエルキャップも幼い私のお気に入りでした。
(真ん中にある横長のフタがスプリング仕掛けで開くので、いつも
カチャカチャ動かしては祖父に叱られてましたっけ 笑)

なぜかスプリンターネタがメインになってしまいゴメンなさい。
[ 2012/07/04 01:30 ] ながせ [ 編集 ]
こんばんは、ながせさん。

おお~、ながせさんとは同学年ですね!幼少期からの車好きな点も共通です!

中期~後期型の大型バンパーや直線的なフロントマスクは、曲線的なスタイルに今ひとつな感がありました。
いとこの家が後期型に乗っていましたが、内心、うち(初期型)の方がいいな~と思っていました(笑)
独特なホイールキャップのデザインは、カローラの花マークに合わせたものだと思っていたりも。

ながせさんのお祖父様はスプリンターLBにお乗りでしたか~。
クーペと共通のフロントマスクで、セダン/HTよりもスポーティで若々しい雰囲気がありましたね。
また、太陽にほえろ!のOPでゴリさんが乗っていたので、七曲署の覆面車というイメージも強いです。

カローラの室内で印象深いのが、3本スポークハンドルの真中にあったカローラのエンブレムです。
エメラルドグリーン地の上にエンブレムが白抜き?で刻まれていて、なんとなく豪華な気分でした。
スプリンターはカローラのCに代わり、スポーティなデザインのSマークだったようですね。

また、フューエルキャップもデザイン的なアクセントでよく覚えています。
言われてみれば、確かに自分もキャップの蓋をパチンパチンいじった記憶があります(笑)
やっぱり子供が興味を持つポイントは共通なんでしょうね。

スプリンターメインになったこと、全然気になさらないで大丈夫ですよ。むしろ、感謝しています。
実はながせさんのおかげで、スプリンターLBのプラモを取り上げることを思いつきまして(笑)
これからも、いろいろなお話やコメントをいただければ幸いです。
[ 2012/07/05 21:53 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/163-bde24a13

左:ダイヤペット トヨタカローラ30セダン1600GSL 右:トミカ トヨタカローラ30レビンカローラ30の魅力を再確認すべく、大小サイズのカローラ30を並べてみよう。親しみやすさを感じさ...
[2012/07/04 02:59] まとめwoネタ速neo