3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

適度なSUV 

トミカ 日産エクストレイル
トミカ 日産エクストレイル X-TRAIL 1/62


2007年8月にデビューした2代目エクストレイル

2000年に登場した初代エクストレイルは、SUVらしい無骨さと無印良品的ツール感を感じさせた。
そして、手ごろなボディサイズと比較的安価な価格設定もあり、一躍人気車となった。
この初代のヒットを受け、2代目も初代とあまり変わらないスタイルで登場している。
しかし、ヒット作のFMCということで色気を出したのか、ツール感が薄れたように思えなくもない。
あまり目立たないが、日産車の中では安定した販売台数を維持している1台である。


どちらかといえば初代の方がトミカ向きだったと思うが、現行型となる2代目がモデル化されている。


エクストレイル フロント
特徴的なヘッドライトはメッキの別パーツ、グリルはボディへの彫刻+塗装。
日産マークのタンポ印刷も細かく、独特なフロントマスクが再現されている。
エクストレイル リア
ボディカラーの都合上、シルバーの上から赤を塗装したテールランプは苦肉の策か。
個体差なのか、テールゲート左側とボディのチリが今ひとつ合っていない。
エクストレイル リア2
角度は大きくないものの、テールゲートが開閉可能。X-TRAILのタンポがイイ感じ。
エクストレイル サイド
キープコンセプトながら、初代よりも立派になったスタイル(特にCピラー周辺)。
車高が高いのでやむを得ないが、前輪の隙間が大きい点が少し残念な気もする。


トミカのエクストレイルは昨年4月まで販売されていたので、今でも入手は難しくない。
在庫として残っている店などでは、定価よりも安く買うこともできるだろう。
特注品としては、トミカショップ限定カラーとイオン限定覆面パトカーがある。
また、エコカーコレクションのものはグリルの造形が違うので、気になる向きは要チェック。

手ごろなのにSUVらしい存在感があるエクストレイルを、トミカで楽しむのも悪くないと思う。
スポンサーサイト
[ 2012/07/11 11:51 ] トミカ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/170-d3f68e2f

トミカ 日産エクストレイル X-TRAIL 1/622007年8月にデビューした2代目エクストレイル2000年に登場した初代エクストレイルは、SUVらしい無骨さと無印良品的ツール感を感じさせた。そして...
[2012/07/12 11:32] まとめwoネタ速neo