3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

パーソナルに変身 

TLVN 日産セドリック4ドアHT 280Eブロアム
TLVN 日産グロリア4ドアHT 200ターボブロアム
上:ニッサンセドリック4ドアHT 280Eブロアム
下:ニッサングロリア4ドアHT 200Eターボブロアム トミカリミテッドヴィンテージ 1/64

昨日に続いて、今日はTLVNの430セドリック/グロリアHT。
以前、ダイヤペットの4ドアHTを紹介した記事にも書いたが、現役当時は4ドアHTの方が人気があった。
シャープなスタイルが受けたのか、中古車に流れるようになってからは若いオーナーも目立った。


トミカでモデル化した車はリリースしないという不文律に従い、TLVNは4ドアHTをモデル化している。
2010年12月発売のTLVNでは新しいモデルだが、思ったよりも造りが甘い印象を受ける。


TLVN 430セドリック フロント
TLVN 430グロリア フロント
縦線基調のセドリック、横線基調のグロリア。グリルなどの再現度は高い。
一方、ライトハウジングの造りはシンプルすぎて、やや表情が乏しい。
バリエーション展開のために別パーツ化されたボンネットだが、僅かな色の違いが気になる。
TLVN 430セドリック リア
TLVN 430グロリア リア
テールランプもセドリックが縦線、グロリアが横線を強調したデザイン。
ランプの取り付け穴が気になるといえば気になるが、高いレベルでまとまっている。
TLVN 430セドリック サイド
TLVN 430グロリア サイド
トミカのセダンと違い、デフォルメもなくてイメージ通りのサイドビュー。
3ナンバーのセドリックはリアマーカーランプが付くなど、細かい部分にもこだわっている。
ただし、ホイールの出来はトミカのセダンの方が確実に上だと思う(下写真参照)。
セドリック280E サイド


TLVNのセドリック/グロリアHTは細部に詰めの甘さが散見されるが、全体的にはハイレベルな出来。
最初にリリースされた2台に続き、セドリック280D/グロリア200Eの後期型も昨年発売されている。
後期型の方はまだ店頭などで在庫を見かけるので、入手は難しくないはず。
また、前期型もメーカー在庫があるようだし、オクなどでも比較的簡単に入手できるだろう。
管理人は前期型の方が好きだが、後期型も悪くないので、好きな方にはどちらもおススメしたい。
スポンサーサイト
この430は当時のテレビの刑事ドラマに出ていました。
[ 2015/04/26 13:47 ] 永山修一 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する