3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

We,Motor Sports. 

トミカリミテッド スカイラインGTS-X
トミカリミテッド スカイラインGTS-X 1/62

1987年8月に登場した7thスカイライン後期型(R31型)

86年5月に追加された7thの2ドアはスカイライン初のクーペボディとなった。
さらなる走行性能を追求するため、MCでは吸気系に手が入れられ、出力は190psに向上している。


先日取り上げたレギュラートミカのR31スカイラインには辛めの批評をしたが、TLはどうだろう?
もちろん改修後の金型のため、GTS-R風のGTS-Xとなっている。


TL スカイラインGTS-X フロント
小さいグリルの開口部、右のエアインテークなど、金型の欠点はそのまま。
だが、グリル内の“TWINCAM TURBO”の文字も色挿しされるなど、決して悪くない。
TL スカイラインGTS-X リア
テールも色挿しされ、グッと実感が高まる。ただ、リアスポイラーの処理は雑。
このリアスポイラーはGTS-R専用タイプで、GTS~GTS-XにはOPでも用意されない。
TL スカイラインGTS-X サイド
寸詰まりなのは仕方ないところ。シルバーのボディカラーは新鮮な印象を与える。
タイヤハウスの隙間が残念だが、ホイールカバーの出来はかなり良い。


トミカリミテッドのスカイラインGTS-Xは、丁寧な塗装とパーツで金型の欠点をカバーしている。
また、シルバーのボディにノーマルホイールという、マイナーな選択を再現しているのもポイント高め。
オクや専門店などでもちょくちょく見かけるので、それほど入手は難しくないはず。
箱付きの方がいいと思うが、12台セットだと高めの金額になることが多いようだ。
箱付き単体なら、0.4K~0.8K前後で入手できるだろう。
スポンサーサイト
[ 2012/07/24 01:55 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する