3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

夏には不向き 

スバルインプレッサWRX STi
スバル そごう・西武 インプレッサWRX STi 1/64

2010年7月にデビューしたインプレッサセダンWRX STi

2007年6月に登場した3代目インプレッサは当初、5ドアHBのみだった。
海外向けには最初からセダンがあったが、アネシスのサブネームで国内にも08年10月に追加された。
やはり、このクラスの保守的な購買層を無視することはできなかったということだろうか?
11年11月にはフルモデルチェンジされたが、WRX-STiは3代目が引き続き販売されている。


以前にも紹介したこのモデル、ディーラーでの販促品らしいが、かなりの出来栄えだ。
他にシルバーやホワイトのカラバリもあるが、取り上げるのは暑苦しさ満点のダークグレー。


スバル インプレッサWRX フロント
ライトやグリルには別パーツを使い、塗装も丁寧に仕上げられている。
ボンネットのエアアウトレットは抜けてないが、造形がリアルなので違和感はない。
スバル インプレッサWRX リア
インプWRX-STiと聞くと、巨大なリアスポが連想されるが、これはウイングレス。
テールランプの塗り分けも綺麗で、ディテールの再現度もさすがのもの。
マフラーはタイコもメッキパーツで再現する凝りようだ。
スバル インプレッサWRX サイド
ベースとなったアネシスの微妙なカッコ悪さがしっかりと再現されている。
また、タイヤとホイールのバランスも良く、ホイールの造形も素晴らしい。


スバル特注のインプWRX-STiは、さすがにずば抜けた出来を誇る。
一般のおもちゃ屋では扱ってなく、専門店でもあまり見ないので、オクが一番手っ取り早いはず。
以前は1K前後だったが、最近はカラーに関係なく、0.3~0.7K前後でも入手できるようだ。
これだけの出来だし、インプ乗りやファンの人は全カラー制覇を目指すのもいいと思う。
また、最近リリースされたトミカリミテッドのWRXと並べるのも悪くない(ちょっと小さいが)。
もちろん、管理人も秘かに全カラーを狙っていたり。
スポンサーサイト
[ 2012/07/29 06:00 ] メーカー品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する