3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハマの風が誘ってる 

みなとみらい


潮風に吹かれながら、物思いにふけっていると…

この風、熱風やないか! 沖田浩之もびっくりの熱風王子や!
かといって、最近のエアコンは性能が良すぎて、体に沁み過ぎるくらいの冷風を吹くし…

こんな毎日が続きますが、皆さんも体調管理と塩分補給に気を付けてくださいませ。


というわけで、これから数日間、ワンダーランドマーケットで入手したトミカのご紹介を。
まずはトミカ解体所様から譲っていただいたトミカから。


シルビア フロント
シルビア リア
70年代中盤の日産らしいスタイルの2代目シルビア。通称ハマグリシルビア。
オイルショックがなければ、ロータリーエンジンを搭載する予定だったとか。

所長さんのお話では、このシルバーのシルビアは特注品とのこと。
調べてみたところ、ミニカーショップイイノの特注品かな?
子供の頃に薄いワインレッドの個体を持っていたが、それ以来、久々に手元にやってきた。

そういえば、今から17年前にミニカーショップイイノに行ったことがある。
ところが、店内でオーナーがカレーを食べていたことしか覚えていない。
なんというか、あまりの強烈さに店内を進む勇気が失せてしまったんだよなあ…

ブルーバード フロント
ブルーバード リア
以前に黄色を取り上げた910ブルーバード。再販品ではなく、当時物の個体。
車軸の曲がりやピラーの欠損もなく、リペイントだけでも充分イケるかも。

これも所長さんのコレクションから譲っていただいた1台。
子供の頃、最初に買ったトミカの910ブルはこのカラーだった。
先代の810ブルと一緒に並べて遊んだなあ。
好きな車種だし、出来もいいから、何台持ってても飽きない。


明日はもうちょっとジャンクなトミカを取り上げる予定。
スポンサーサイト
[ 2012/07/31 01:05 ] コラボ | TB(0) | CM(2)
やっぱりシルビアでしたね。ずんぐりムックリなスタイルは結構目立ちますね。実車ではロータリーが搭載される予定だったなんて、排ガス規制の影響かマツダあたりに誘発
されたんでしょうかねえ?。
2台目のブルセダ、ここはサンルーフを埋めて低~中グレード辺りにしてみるのも面白いかもしれませんね。丸目にして地方タクシー仕様ってのも良さそうです。と書いといて、譲っていただいたものならあまり加工はできないですよねえ....。
[ 2012/08/01 00:14 ] luxe_37 [ 編集 ]
LUXEさん、こんばんわ。

シルビアのあの後ろ姿、特徴がありすぎですよね。ハマグリとは言い得て妙という感じで(笑)
どうやら、60年代末~70年代初頭はロータリーエンジンが未来のエンジン扱いされていたみたいです。
ベンツやシトロエン、GMなんかも研究してたようで、当時の自動車誌で取り上げられていますね。
でも、結局はオイルショックで各メーカーとも中止され、マツダだけが作り続けることに…

やっぱりブルーバードはタクシー仕様が欠かせませんよね。特に910は長く活躍してましたし。
実は、トミカ解体所さんから譲っていただいた個体以外に、オクで入手したジャンクを持ってまして。
いずれはその方向にカスタムしてみようかと、秘かに考えていたり…
あっ、ここだけの秘密ですよ(笑)
[ 2012/08/01 03:00 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する