3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

アルテッツァの源流 

TLVN カリーナ1600GT-R 59b
TLVN カリーナ1600GT-R 59a 
トミカリミテッドヴィンテージNEO トヨタカリーナ1600GT-R

1981年9月にデビューした3代目カリーナ(A60型)

6年半も販売された初代カリーナに対し、77年8月登場の2代目は通常の4年サイクルになった。
3代目もセリカと兄弟車だったが、翌年デビューした140型コロナも兄弟に組み込まれることに。
そのため、カリーナ、セリカ、コロナとも、テイストの似た直線的なスタイルになっている。
この3代目もファミリーカーとスポーツセダンの顔を持ち、日本初のDOHCターボを搭載した。


初代に続き、2代目もダイヤペットがHTを1/40でモデル化したが、3代目のモデルは皆無。
HTに代わって誕生した3ドアLBは微妙なスタイルだったし、セリカもXXばかりモデル化された。
当然、一番地味なセダンがモデル化されようはずもない。

管理人も、カリーナセダンのミニカーなんて絶対出ないだろうな~と長らく思っていた。
ところが去年、TLVNから製品化の予告が!
さすがというか、らしいというか、いやはや感激だわ~。
ということで、発売前からセダンファンを熱くさせたTLVNのカリーナセダンだったが…


TLVN カリーナGT-R 白 フロント
TLVN カリーナGT-R 黄色 フロント
初代からモチーフを受け継いだフロントマスク、カラードバンパーなど、イイ感じ。
ところが、このアングルだとわかりにくいが、スラントしたフロントがちょっと変で…
TLVN カリーナGT-R 白 リア
TLVN カリーナGT-R 黄色 リア
角張ったトランクやブラックアウトされたリアパネルなど、リアは良く再現されている。
トランクのGT-Rのエンブレムや、ウインドーの“TWIN CAM 16”など、雰囲気も充分。
TLVN カリーナGT-R 白 サイド
TLVN カリーナGT-R 黄色 サイド
スラントしたフロント、少し厚めのロワーボディ、高く感じるキャビン高…etc
一番違和感があるのがサイドビュー。ディテールが良いだけに、残念なところだ。


TLVNのカリーナは基本のボディフォルムが、どうにもしっくりこない。
3代目カリーナでは初のミニカーだっただけに(ラジコンボディはあり)、やや残念だ。
また、初代や140コロナは違うグレードを同時リリースしたのに、3代目は同じGT-Rなのも解せない。
実は前期型GT-TRが欲しかったが、ターボ車4MODELセットのみだったため、店頭で会えずじまい…

それでも、3代目カリーナセダンとしては唯一の3吋なので、欲しい人には悪くないと思う。
この後期型GT-Rが昨年11月、前期型1500SGは今年6月発売と新しく、店頭での入手も容易なはず。
GT-Rはオクや専門店などにも出回っているので、より安価に欲しい向きはこちらがおススメだ。
スポンサーサイト
この2種、ご多分に漏れず買いました。
じっくりと実車を見た事は無いので、そうそう、こんな感じだったなあ...と思っていましたね。(懐かし補正でしょうか??)
カリーナと言われると、前回の初代後期HTか、2代目後期 (角目)セダン(バン)の印象が強いですねえ。
80年代当時、今回のグレードであるGT-Rはほとんど見かける事はなく、1500ぐらいの普及グレードのセダンかバン(サーフも含む)が大多数だった記憶がありますねえ。

個人的には、tlvのラインナップと逆(140コロナセダンとカリーナクーペorサーフ<バン>)だと、とても嬉しかったのですがねえ...。
関係ないですが、最近のトミーテックはTLVに使う力をチョロQにも使っているので(それも王道モデルばかり。その中になぜか、デリカ4WDというのは面白いですが)、感心出来ませんねえ。以外性のある車種も減って来て、定価も上がって来ているし。それでも、これは!ってのがあれば、迷わず買ってますよ。天の邪鬼な私のツボが狭いんでしょう...。
暑さで、まとまりの無い文ですね。。。。
[ 2012/08/15 20:31 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

ブログでは1/64の駐車場で黄色のカリーナが写っていましたが、やはり2種類とも買われましたか。
3代目カリーナはよく走っていましたが、140コロナの方についつい目が行っちゃいますかね(笑)
それに、前期のGTは見かけた記憶もありますが、後期のGTシリーズはほとんど記憶になくて…
途中でFFシリーズがメインになったから、あまり売れなかったんでしょうか?
ちなみに自分はカリーナと聞くと、やたら初代の後期型の白いセダンが浮かんできます。
幼稚園の通園中によく見かけたんですよ。もう30年以上も前の記憶なのに、鮮明に覚えてます。

TLVのラインナップ、LUXEさんの意見に賛成です。或いは、コロナもカリーナもセダンで良かったなあと。
チョロQゼロ、確かにクオリティは高いと思うんですが、いかんせん昔からハマらなかったんですよねえ。
それでも、アウディ80のチョロQは持ってた記憶が。やっぱり、昔からセダン好きなようです(笑)

Y31セドリックはTLVの担当者の愛車だそうで、車種選択にも納得です(好きな車ですが)。
デリカは初代からTLVでリリースしてほしいところですね、三菱党としては。
欲しくなるツボは同じみたいなので、天の邪鬼ではなく、ごく正常だと思いますよ、お互いに(笑)

まだまだ暑い日が続くようなので、ご自愛ください。
[ 2012/08/16 01:38 ] ドラゴン [ 編集 ]
このカリーナは910ブルーバードのライバルでした。
性格が似ていたのですが、当時、910ブルーバードが売れていたのを見て、このカリーナを出したと思われます。当時、このブルーバードのCMをしていたのは沢田研二で、カリーナは初代から千葉真一がやっていました。
[ 2015/04/11 16:25 ] 永山修一 [ 編集 ]
はじめまして、永山修一さん

当ブログ管理人のドラゴンです。

3代目のA60カリーナからはコロナ/セリカとの3兄弟になりましたね。
当然、小型車最量販だった910ブルーバードもライバルに捉えていたと思われます。
スポーティなカリーナとフォーマルなコロナで挟み撃ちする狙いもあったんでしょう。
ところが、コロナもカリーナに似たスタイルに変身したので、結局910は抜けず仕舞いで。

ブルーバードは910~U11前期まで沢田研二がCMキャラクターでしたね。
一方のカリーナは初代~T150まで千葉ちゃんでしたが、末期は印象が薄かった気がします。
[ 2015/04/12 00:15 ] ドラゴン [ 編集 ]
A60カリーナのGT-TR(1800ツインカムターボ)は、910ブルーバードのSSSターボを標的にしたものだと思われます。。あと、SSSのNAは1600GTのライバルです。
[ 2015/04/13 14:28 ] 永山修一 [ 編集 ]
こんばんは、永山修一さん

カリーナ/コロナGT-TRはブルーバード1800SSSターボをライバル視したグレードでしょうね。
また、80年代のパワー競争を睨んで開発された面も大きいでしょう。
旧態化した2000の18R-Gより、新しいツインカム+ターボの方がインパクトがありますし。
910ブルも末期はZ18→CA18に変更されてますが、いずれもシングルカムのままでしたね。
ここら辺の考え方の違いがトヨタとの差を広げた要因の一つではないかと思っています。
[ 2015/04/14 02:18 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する