3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

本当に足はいいのか? 

TLVN カリーナGT-R 
TLVN カリーナGT-R
トミカリミテッドヴィンテージNEO トヨタカリーナ1600GT-R


昨日の記事ではTLVNのカリーナGT-Rが今ひとつ似てないと書いた。
デフォルメを廃し、三面図に極力近いものを作ったのかもしれないが、視覚的な違和感があるのだ。
そこで、その違和感は正しいものなのか、単なるイチャモンなのか、確かめてみよう。


FRカリーナ 84年5月版
これは84年5月版のカタログ。表紙にFRシリーズと銘打ってあるのは…
FFカリーナ 84年9月版
FFシリーズが追加されたから。こちらは84年9月版。デザインは共通性がある。
カリーナGT-TR フロント
カタログを開くと、“The Twin-Cam”の文字とともに、1ページ目で1800GT-TRが紹介されている。
カリーナGT-R リア
ページをめくると、黄色い1600GT-Rのリアが。リアスポもカラーなのがイイ感じ。
カリーナ3ドアLB GT
さらにページをめくると、今ではレアな3ドアLB。ヘッドライトはサーフと共通。
という風に、GTシリーズだけがクローズアップされているってことは…

カリーナセダンGT-TR
やっぱりツインカムターボの1800GT-TRがFRシリーズのトップに。

カリーナセダンGT-R
これはTLVNと全く同じ黄色の1600GT-R
TLVN カリーナGT-R
近いアングルから撮ってみた。僅かながらキャビンが高いと思う

カリーナセダンGT
GTシリーズでいちばんベーシックな1600GT
TLVN カリーナGT-R
わりと直角に落ちてる実車に対し、TLVNはスラントしたフロントが似てない。
ホイールアーチのトップからボンネットまでの長さも実車より長く感じる。

では、LBはどうだったかと言うと…
カリーナ3ドアLB GT フロント
フロントから見るとカッコいいんだけど…
カリーナ3ドアLB GT リア
サイドから見ると中途半端な感じがするので、昔からあまり好きじゃなかった。

GTシリーズ以外はカラードバンパーは用意されてない。
60カリーナセダン フロント
カリーナセダン リア
FFカリーナの登場でグレードの整理が行われ、セダンはSG、DX、STDの3グレードに。

一方のLBは
カリーナ3ドアLB フロント
カリーナ3ドアLB ジュン
やっぱりカラードバンパーは採用されない。LBはSE、ST、SG、JEUNE(ジュン)の4グレード

さらにもう一つのボディタイプがある。
カリーナサーフ
なかなかスポーティなワゴン、カリーナサーフ。

販売のメインになったFFカリーナはどんな感じかと言うと…
FFカリーナ フロント
FFカリーナ リア
以前はよく走っていたが、最近はほとんど見かけない気がする。TLVNでの製品化も期待したい。

そうそう、あの人を忘れちゃいけない
FFカリーナ カタログ 千葉真一
FFシリーズのカタログにちょこっとだけ写ってるのが寂しいけど、相変わらずカッコいい。
スポンサーサイト
[ 2012/08/16 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(2)
私自身、実車(カタログ)との比較はこのカリーナではやっていなかったので、大変興味深いですね。フロントマスクの違和感は、もう少しヘッドライトを前に寄せれば、かなり良い感じになる気がしますね。あとは、リアの車高を少し落とすとさらに似る気が。
カタログに関しては、唯一セダンSTDのみが真っ黒な内装で、昔のスポーツグレードみたいです。
3Doorのデザインは、結構好きです。どういうユーザーを意識しているのか、まったく見えてこなくて。どうせなら2ドアセダンにしたら良かったのに(笑)っと。(嫌みですね)

この頃からトヨタは、大衆車を一気に前輪駆動に移行していきましたが、カムリ~タコⅡのデザインは、過去の流れをブッタ切った感じがして好きではなかったですね。
スポーツグレードでも、鈍重そうに感じました。救いは、あの人の写真がある事でしょうか??ちなみに、この頃のカタログでは、岸本加世子さんと一緒に写っているのを持っています。
[ 2012/08/16 21:00 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

TLVNのカリーナ、ご指摘のフロントマスクや車高にあと少し…という詰めの甘さが残っちゃってますね。
カリーナに限らず、ルーチェレガートとかも車高が高めのものがあるし、もったいない気がします。

カリーナSTDの黒い内装、これこそスポーツセダンの血統でしょうか?(笑)
でも、今のような季節にはたまらなく暑いんですよね。表皮がビニールだと、それはもう灼熱地獄で。
3ドアは初見ではカッコいい!と思ったんですが、見慣れてくると、以前のHTより何かが違うなと。
Cピラーの角度や短いノッチで、伸びやかさが不足気味なんですね。
でも、パッと見にコンパクトに見えなくもないので、女性狙いだったんでしょうか?

カローラやカムリは新型でFF化したのに、コロナ/カリーナはFRとFFの併売体制がわかりにくかったですね。
80年代のFF車らしく、キャビンが大きく見えるスタイルでしたが、従来の流れとは違うものがありました。
名前以外はすべて別物、という雰囲気で。トヨタですら、FF化の方向性を試行錯誤してたんでしょう。
それでも、丸いコロナ・スプリンターに対し、角のカリーナ・カローラと保険をかけてるのはさすがです(笑)

この頃になると、千葉真一の写真もFFシリーズの後ろにちょこっとしか載ってないんですよ。
カリーナ=千葉真一というイメージが強かったし、もったいないですねえ…
LUXEさんがお持ちの、千葉真一&岸本加世子のカタログは3代目の前期版でしょうか?
レーザーエンジンの採用や、特別仕様車などの新聞広告でツーショットをよく見た記憶があります。
お二方とも明朗快活な雰囲気で、カリーナのキャラクターにあってましたね~。
[ 2012/08/17 01:37 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する