3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

遊び心 

2014年11月14日 画像変更
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ


管理人と同世代(30代)なら、車といえばセダンやスポーツカーが一般的だと思う。
そして子供時代にトミカを持っていたなら、お気に入りの1台があったと思うが、どうだろう?
そのお気に入りトミカは遊び倒され、車軸が曲がったり、ピラーが取れたりして、ジャンクになり…
もちろん、脳内ではカッコよく大活躍していたはず。

大都会パートⅡ
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ
大都会パートⅡ


そんな、子供時代の想いを動画にしたのが、当ブログ常連のLUXE37さん。
ここには貼らないが、Youtubeで「LUXE37」と検索すれば、その凄さがわかるはず。
さらに、リンクさせていただいてるLUXEさんのブログを見れば、当時の空気までも感じられるのだ。
では、その時代に作られたトミカ製のスタントセットとはどんなものか…


スタントセット モザイク

これは昨日の記事の最後にちらっと貼っておいた画像。
モザイク加工しているが、うっすらと想像できそうな写真だと思う。で、実物はというと…

トミカ Sセット
スタント№1 1977年9月発売

これがトミカ製のスタントセット。
本当はもっと大きな画像を貼りたかったが、元画像のデータを消去してしまったため、これでご勘弁。
では、パッケージを細かく見ることにしよう。

トミカスタントセット
正式名称は“トミカスピードコースター スタント№1”

トミカスタントセット2
レーシングカー風のステッカーを貼ったコロナの激走シーンがたまらない

トミカスタントセット3
これがこのセットの真髄、スタントアクション。コロナが飛ぶシーンが連続写真におさめられている。

トミカスタントセット4
他の車種でも遊ぶであろう子供のために、当時のレギュラー品で使えない品番が記載されている。
トレーラーやバス、フェリーにレーシングカーが無理な一方、大型ダンプはOKらしいが、本当?
もちろん重機やバイクは無理。乗用車でもセンチュリーやプレジデントは不可だが、納得。

では、明日は中を見ていくことにしよう。
スポンサーサイト
[ 2012/08/23 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(4)
あえて画像の作品名を載せない=クイズってのも面白いですね。マツダ提供で、結構ラフな塗装で派手なスタント....東映??大激闘でしょうか???その下は、砂塵でよく分かりませんがジャパンHT??しかも警視庁じゃなく○○県警??。西部の後期かなあ??お手上げです。

私の動画なり、かなーり不定期なブログなりは、色んな人に見てもらいたいというより、自分のひとり遊びをちょっと公開してる程度のものだと認識しているので、あまり持ち上げられると、どうして良いか分からず困ってしまいますねえ.....。「まーたくっだらない事してる」ぐらいでちょうど良いんですよ。

スタント№1の画像は、“昭和50年代の玩具”の箱が懐かしいですね。子供頃に、さんざんこの手の箱に入ったものを欲しかったせいか、“意味も無く手にしたい”という欲求が出てきます(笑)。そして、コロナHT。カッコいいですねえ!。普通なら、Zかケンメリあたりで日産のスポーツカー大好きのトミカが、どうしちゃんでしょうか(厭味)。もしくは、当時のスポーツカーブームの影響で青箱のスポーツ系の外車あたりでしょうか?
コロナのジャンプは、マッハGOGOを彷彿させますが、合成写真なんですよねえ!?こんなにうまくいかない気が.....。
最後の“走行出来ない車種”。わざわざ1台ずつ走行テストして確かめたんでしょうね(笑)。その中でコロナが一番優秀だったと。決めては車幅、車高と重さの配分でしょうか?。'78以後に生産されたトミカ(マッチやHW、ヤトミンあたりも)で、コロナよりも足の良い奴を探し出すのも面白いかも?ですね。
[ 2012/08/23 22:48 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

上は特命刑事の「お父ちゃんのダイヤモンド」、下は特捜最前線の「天使を乗せた紙ヒコーキ」です。
マツダ車は日テレ火曜ドラマと80年代後半までの土曜ワイドでは本当にお馴染みでしたね。
大激闘~特命刑事はマツダ車以外に外車もよく破壊していましたが、東映もマツダも太っ腹というか。
同じ東映でも、特捜はカースタントはたまにしかやりませんでしたね。
横転してるのはジャパンセダンのパトカーなんですが、このあと爆破されちゃいます。
86年11月の放送なので、視聴率のテコ入れが狙いなのか、終了決定だからハードにやったんでしょうか?

LUXEさんのブログ、載せるか迷ったんですが、スタントといえば…という感じで載せてしまいました。
事前にお伺いを立てておくべきでしたね。申し訳ありません。
それともうひとつ、久々の更新も期待してたり(笑)

最近のトミカや玩具の箱だと、こういう味はなかなか出ないですね~。
LUXEさんもおっしゃる通り、この手の箱は子供の「欲しい!」というツボを刺激しまくりで。
それにしても、なぜコロナHTが選ばれたのか、興味深いところです。
トヨタ2台、日産2台でバランスを取ったのか?それとも大きさがちょうど良かったのか?
今日の記事で紹介しますが、トミカ解体所さんがサーキットの狼バージョンをお持ちなんです。
でも、セットされてるトミカはロータスヨーロッパではなく、やっぱりコロナHT(笑)

買った当初、いくつかのトミカで試してみましたが、あんなには飛びませんね(笑)
それに、パッケージに書かれてない車種でもうまくいかない車種もありまして。
やっぱり、コロナは軽かったから選ばれたのかな~と思いました。
そうそう、トミカ以外でも試す価値がありそうですね。HWあたりはよく飛ぶかも?
[ 2012/08/24 01:28 ] ドラゴン [ 編集 ]
下の画像は、特捜でしたか。カースタントをやっているイメージが全然ないので、全く出てきませんでした。それ以前に、当時の特捜の印象が他の作品と比べて音楽が古くさく、妙にまじめで暗くて、真剣に見ていなかったんですね。それが最近になって、ファミ劇で放送しているのを見たら目から汗で出る事もしばしば、あげく私だけの十字架が流れる頃には、川になってるという....。それに、音楽もよく聞くと胸にグっとくるものがあり、完全に食わず嫌いでした。テレ朝さん、東映さんゴメンナサイ...。
それにしても、当時のマツダは何があったんでしょうね。
現行車の破壊で印象深いのは、「太陽を盗んだ男」でしょうね。シルバーのRX-7は何台お釈迦になったんでしょうか...。

私のブログに関しては、いくらでも触れてもらって構わないのですが、まったく更新してないので来てもらった方に申し訳なくて..。(だったら、更新しろ!ですね。すんません)
[ 2012/08/24 23:11 ] luxe_37 [ 編集 ]
特捜最前線はたまにカーチェイスはありましたが、横転~爆破はあまりなかったですね。
他には津上刑事の殉職回や、最終回くらいしか浮かびませんし、フィルムの色が褪せてる印象が強いです。
ドラマも大人の視聴者向けだったためか、独特の暗い雰囲気があり、子供にはわかりづらかったり。
以前は地上波でもよく放送してましたが、ファミリー劇場での放送を最後に、CSでも見なくなりましたね。
LUXEさんもおっしゃること、良くわかりますね。想定された視聴者の年齢層に入ったからでしょうか?
派手さはないけど、脚本がよく練られていて、登場人物への感情移入がしやすい部分もありますし。

「太陽を盗んだ男」、RX-7もコスモAPも太っ腹すぎる使い方ですよね。
きっと、RX-7は2~3台は用意されてたでしょうし、コスモもまだ高かったはずなのに。
コスモは「探偵物語」でも爆破されたり、崖下に落とされたり、やりたい放題な使われ方でした。

LUXEさんのブログ、更新回数よりも記事の濃さが魅力だと思います。
数多あるミニカーブログの中でも、あの濃さはそうそうないというか、そこが好きなんですね(笑)
[ 2012/08/25 02:03 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する