3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

顔 

TLV ルーチェレガートHT 俯瞰
トミカリミテッドヴィンテージ ルーチェレガートHT リミテッド

1977年にデビューした3代目ルーチェ
2代目に引き続き、時流に合わせたアメリカンスタイルに変身したルーチェ。
国産車では唯一の角型ライトを縦に配置したフロントはまさにアメリカンで、
トヨタや日産の高級車とは一味もふた味も違う独特の高級感を感じさせた。
だが、デビュー当初に付けていたレガートのサブネームを運輸省に届けていなかったため、
1年も立たずに外さざるを得なくなったというトホホな逸話はマニアには有名な話。

2年後のMCで特徴的な縦目を廃止してベンツそっくりなフロントになり、大型のテールランプに
リデザインされたため、子供心に同じ車と思ってなかったという、いつもの思い出話。
しかも、イメージカラーも前期型のワインレッドからホワイトに変わり、ますます違う車に思えた。


ところで、3吋でのレガートのモデル化なんて、TLV-N以外には考えられない気がする。


TLV ルーチェレガートHT フロント
今見ても、やっぱり日本車離れしたフロントマスク
TLV ルーチェレガートHT リア
フロントとは対照的に、あっさりしたリア周り
TLV ルーチェレガートHT サイド
クラウンピラードHTにそっくりなサイドウインドウ。車高が高すぎなのがマイナス

TLVの並々ならない情熱を感じるラインナップ
TLV ルーチェレガート フロント
当然、セダンとの比較も…


本当はワインレッドのレガートが欲しかったけど、買いそびれてしまい、いまだ入手できず。
このホワイトも新宿の某デパートで最後の1個をなんとか押さえたため、箱がちょっと…
その代わり、セダンはいまだに店頭で見かけるので入手は容易なはず。

というわけで、今日と明日にかけてTLV-Nのルーチェレガートを特集する予定。


スポンサーサイト
'70中頃のダッジモナコ辺りを参考にしたのでしょうか?
この縦目ルーチェは、アクションドラマが元気だった頃に劇用車としてよく見かけましたね。
マツダが太っ腹だったのか、当時としては珍しく現行車を警邏パトカーとして提供したり。(除く石原プロ)
そういえば、前期後期とも実際に捜査、交機隊でつかわれていましたっけ。

TLVの赤紫メタリックは、そんなに品薄なんですか?
実車にしても、この色のイメージがほとんど無いんですが....。横位置画像の車高が4WD車みたいですね(笑)。
[ 2012/03/14 00:16 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

> '70中頃のダッジモナコ辺りを参考にしたのでしょうか?

パクリ元、いや、ヒントはそのあたりでしょうか。
トミカで出ていたダッジ・コロネットも後の年式だと角ライトの縦目みたいですね。

> この縦目ルーチェは、アクションドラマが元気だった頃に劇用車としてよく見かけましたね。
> マツダが太っ腹だったのか、当時としては珍しく現行車を警邏パトカーとして提供したり。(除く石原プロ)

「探偵物語」からの日テレ火曜アクションドラマではレギュラー同然でしたね。
そして80年代前半から中盤にかけてのの土曜ワイド劇場でもお馴染みでした。
「太陽を盗んだ男」ではRX-7やコスモAPも潰したり、昔のマツダは太っ腹だったなあと思います。

> そういえば、前期後期とも実際に捜査、交機隊でつかわれていましたっけ。

ベストカー別冊のパトカーDXに3代目ルーチェの覆面と白パトが載っていますね。
昔の警察24時とかでは、初代アコードセダンあたりの覆面車と一緒に現場に臨場していたり。

> TLVの赤紫メタリックは、そんなに品薄なんですか?
> 実車にしても、この色のイメージがほとんど無いんですが....。横位置画像の車高が4WD車みたいですね(笑)。

慌てて買わなくてもどこかに残ってるだろうと思っていたんですが、赤紫は早かったですね。
オクでもすぐに入札されるようで、白より相場が高いようです。
言われてみれば、レガートの赤紫ってそんなに見かけた記憶がないかも。
車高の高さは、いつもながらのTLVの詰めの甘さと思っています。
[ 2012/03/15 00:21 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する