3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

硬派な青い鳥 

TLVN ブルーバード2.0SSSアテーサX
TLVN ブルーバード2.0SSSアテーサX
トミカリミテッドヴィンテージNEO ニッサンブルーバード2.0SSSアテーサX


たぶんTLVN以外はリリースしないであろう8代目ブルーバード(U12)のセダン。

このブルーバードSSS(の前期型)には、ちょっとした思い入れがある。
我が家の愛車がギャラン1.8Vientoになった時、U12ブルーバードも最後まで候補だった。
どちらもFFの4ドア、1800DOHCで135PSを発揮するスポーツセダンという共通点を持つ。

では、決め手は?というと、予算と装備の差。
同じ予算だと、ブルはSSSシリーズのベーシック、ツインカムSSSセダンしか手が届かない。
豪華装備のSSS-X(HT)は厳しいし、アーバンサルーンは親父の眼には映っていない…
一方、ギャランは出たばかりの新グレードで装備も良く、アルミホイールまで標準装備ときた。
ということで、めでたくドラゴン家のガレージにはギャランがおさまった。


TLVN ブルーバードSSSアテーサ フロント
TLVN ブルーバードSSSアテーサ フロント
910ブルとも共通性を感じさせる端正なフロントマスクを見事に再現している。
TLVN ブルーバードSSSアテーサ リア
TLVN ブルーバードSSSアテーサ リア
リアまわりも造形が良く、ウインドーやトランクリッドの細かい文字もタンポで再現。
テールランプの質感がやや惜しい気がする。
TLVN ブルーバードSSSアテーサ サイド
TLVN ブルーバードSSSアテーサ サイド
特徴はないが、嫌みのないすっきりしたサイドビューも見事な再現度を誇る。
ガンメタのホイールは後期型から採用されたが、個人的には前期型が好き。


TLVNのブルーバードは地味なのが災いしたのか、いまだに店頭で見かけることがある。
だが、ご覧の通り、出来はTLVNの中でもかなり上位に位置するので、おススメできる1台だ。
また、オクでは2台セットで出品されることもあり、2台まとめて欲しい方にはおススメしたい。
オクなどでは0.3~0.6Kというところで、比較的安価な相場となっている。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する